ガンニバル 2巻~5ヶ月前にましろの見る中ロリコン翼を射殺した大悟のネタバレ・感想・無料試し読み!

『ガンニバル』2巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

この作品は電子書籍ストアのeBookJapanでも配信されています

すぐに読んでみたい人は書影をクリック👇

ガンニバル 2巻ってこんなお話

謎の男を隠そうとする後藤家の人々

獣の臭いのする男に襲われた大悟は、山の中で頭に大けがを負った状態で発見された

大悟は病院に運び込まれ、目を覚ますと恵介たちが謝ってきた

だが、襲った男のうちの一人の兄は、自分の弟が斬りつけたと言った

だがその男は大悟が逮捕して手錠をかけていたので、大悟を斬りつけることは不可能だった

明らかに嘘の証言をしてあの獣臭い男を庇おうとしているので、大悟はあの男は何者なのかと訊ねた

しかし恵介はそれには答えずに、警察に追われている陸夫に気をつけるように忠告した

大悟は病院を勝手に退院して家に帰ってくると、家にはすみれが来ていた

すみれは供花村を去るというと、最後に両親と暮らしていた家を見に来たのだというのだ

すみれは父の狩野が最後にかけた電話番号を大悟を渡し、知っていることは全部教えたと言った

そして狩野が狂ったことについては、自分はもう何も知らないと言った

すみれは後藤家の連中は狂った奴ばかりだが、恵介だけは別だというとその場から去っていった

有希はこの村はヤバいので、3人で村を出て行こうと言いだした

しかし大悟はましろが渡した指は狩野の指だろうというと、自分は残ってましろと有希は村を出ていったほうがいいと言った

大悟はようやく鑑識医の中村からの留守電が入っていたことに気づき、ひとまず警察署へと向かった

そして署長に後藤家のことを話すと、供花村出身の署長は大悟に後藤家には関わるなと忠告した

そしてこの事件の捜査からは、離れるように命令した

大悟は中村のいる病院へと向かっていると、陸夫が運転するダンプに襲われ銃を向けられてしまった

だが陸夫はなぜか突然両手を差し出して、自首すると言った

すると逮捕された陸夫の証言で、狩野の死体も発見された

署長と現場に来ていた大悟は、後藤家の人たちは狩野殺しを隠そうとしていない代わりに、別の何かを隠そうとしていると思った

恵介も現場にやってきて狩野の死体に手を合わると、また大悟に仲良くしていこうと言った

そして恵介が去った後、狩野の死体を見ていた大悟は、狩野の死体の肩に噛んだ痕を見つけた

それでやはりこの村では、食人が行われているのだと大悟は思った

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

笑顔が戻り始めたましろ

大悟たち家族が供花村にやってくるまでは、ましろは感情を無くしていた

だが村の学校へと通うましろは、次第に笑顔が戻ってきていた

大悟は狩野が狂った原因が気になっていた

それで自分を助けてくれた消防団の飲み会で後藤家のことを話してみた

すると大悟を飲み会に誘ったさぶは、狩野ことは自分たちにも責任があると言った

しかし大悟は後藤家を恐れてそうしたのだと思っていたので、その他の村民たちには責任はないと言ったのだった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

ロリコン翼を射殺した大悟

ましろが感情を無くした原因は、大悟が5ヶ月前に人を殺したからだった

大悟たちが住んでいた近くに、表では子どもたちに優しくして裏では猥褻行為をしていたロリコン翼が住んでいた

特に翼はましろが好きで、大悟に捕まったときも、ましろは天使で猥褻行為はしていないと言っていた

ましろは、自分にいろいろ教えてくれた翼の部屋に行った

そしてこれまでことのお礼をいうと、両親には迷惑をかけられないので別れようと翼に言った

だがそこにましろがいると知った大悟が窓から入ってきて、翼を問答無用に殴りつけた

大悟は翼はロリコン変態野郎だとましろにいうと、ましろはそれを知っていながら自分でここにやってきたのだと言った

ましろは翼は本当はやさしいのだと言ったが、翼はもうましろは手に入らないと思ってしまった

それで翼は刑事の一人の足を斬りつけてしまい、ましろと心中しようとした

それで大悟はましろを助けるために、ロリコン翼を射殺してしまった

しかしましろは翼が大悟に撃ち殺されたと知って、失禁して気絶してしまった

その後、ましろは意識は取り戻したが、完全に感情を無くしてしまったのだった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

狩野を村八分にしていた村民たち

大悟は翼を殺したことが、ずっと心に残っていた

有希がいなければ自分は耐えられなかったというと、有希も大悟がいなければ耐えられなかったと答えた

そして有希は大悟にキスして、騎乗位でセックスを始めた

だが恵介の近くによくいた男が、窓から2人のセックスを覗いていることに大悟は気がついた

それで急いで外に出てみると、壁には人殺しと大きく落書きされていた

そこにやってきたさぶは、昼までかかってらくがきを消してくれて、自分は大悟たちの力になると言ってくれた

事件があったと連絡があったので、大悟は現場に向った

すると鹿を轢いた恵介がいた

恵介は、大悟たちのセックスを覗いた男を許してやってくれと言ってきた

しかしセックスを覗いた男は、自分は落書きはしていないと主張した

それを信用しようとしない大悟に、覗いた男は狩野を村八分にしたのは後藤家ではなく他の村民だと教えた

すみれは、村八分に遭って気が狂った母を見舞っていた

すみれは狩野は死んだと母にいうと、なので逃げろと言ったのだといった

すると気が狂った母は、何度も逃げろと連呼するのだった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

続きはコチラ👇

ガンニバル 2巻の感想

やはり狩野は後藤家の奴らに殺されていましたが、自首した陸夫ではなく恐らくあの獣臭い男が殺したのでしょうね

そして人間を喰っているのも、やはりあの獣臭い男なんだと思います

でもどうしてあの男を、後藤家の人たちは隠そうとするのでしょうか

まだ明らかになっていない後藤家の謎が、きっとあるのだろうと思います

それに見た目は他の人たちは普通の村人ですが、狩野を追い込んだのは他の村民だったようです

警察署の署長も供花村の出身で、大悟を捜査から外したりしているので、供花村の何かを隠そうとしているように見えます

後藤家だけでなく供花村そのものにも、何か秘密があるのかもしれませんね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

『ガンニバル』を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?