「子供を殺してください」という親たち 15~20巻~両親に放置されていた美沙子を助けた剛を訴えてやると言って殴る父親のネタバレ・感想・無料試し読み!

『「子供を殺してください」という親たち』15~20巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では『「子供を殺してください」という親たち』の、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンクをクリックして、まんが王国で『「子供を殺してください」という親たち』を検索して試し読みしてみて下さい♪

⇒📖まんが王国で『「子供を殺してください」という親たち 』を無料試し読み👆

 

『「子供を殺してください」という親たち』は、電子書籍サイトのebookjapanでも読むことができます

下の書影をクリックして試し読みボタンを押して実際に読んでみましょう👇

 

「子供を殺してください」という親たち 15~20巻ってこんなお話

清に長生きするように言葉をかけた剛

清は、タバコを吸おうとしたが

薬物中毒の影響で、手が震えていた

清は大丈夫だから、一人暮らしをしたいと言ったが

剛は、清が自分が薬物依存だということを

認めていないので、無理だと答えた

 

剛は車で、清を病院へと連れて行った

病室へと戻ろうとする清に

剛は、長生きするように言ったが

それが清にかけた最後の言葉となった

 

清が死んでよかったという母親

その一月後、清が亡くなったと連絡が入った

清の母親は、清が亡くなって

死んでくれてよかったと言った

 

火葬され、煙突からの

煙を見ていた剛は、清の人生は

さみしい人生だったと言った

清の遺骨は、薬物の影響で

ほとんど残らなかった

そして剛は、清の荷物にあった

一枚のCDを形見分けしてもらった

 

Stingの曲を聴いていた剛は

清にピッタリの曲だと思った

 

車上暮らしをしていた知記の両親

知記の両親は、車上暮らしをしていた

母親は、家に一度戻ろうと言ったが

父親は、戻ると知記に

殺されてしまうと言って止めた

 

失業してしまった知記は

面接を受けたが、どこも受からなかった

親のせいだと言って知記はキレたので

ヤバいと感じた父親は

親戚の家を頼り、その後車上暮らしを始めた

 

⇒『「子供を殺してください」という親たち 』を無料試し読み👆

 

知記に働くように説得して欲しいという父親

勉強は出来て、役所に就職したが

なぜか辞めてしまった

頼るところがないので、剛を頼ったのだ

 

剛は、もう知記は精神疾患を

患っているかもしれないと言った

母親は、元に戻れるのかと聞いたが

剛は、今はそんなことを考える

状態ではないと答えた

 

父親は、知記に働くように

説得して欲しいと言ったが

剛は、それでは追い込むだけだと言った

父親が、知記を入院させたいと言ったので

受け入れてもらえる病院を探すことになった

 

突然キャンセルして相談料の返還を求める父親

しかし父親からキャンセルしたいと

電話がかかってきた

剛が、知記を追い込んだのが

両親だと言ったことが

気に入らないというのだ

相談料も、返せという父親に

返すから取りに来るように剛は答えた

剛は、両親のこうした態度が

知記を追い込んだのだろうと言った

 

⇒『「子供を殺してください」という親たち 』を無料試し読み👆

 

10年間放置されていた美沙子

あかねは、昔の美沙子の写真を

剛に見せた

心を病んでしまった美佐子を

父親は、病院へ連れていって欲しいというのだ

 

剛は、美沙子は精神疾患の

疑いがあるのに、両親は

一度も病院へ連れていっていなかった

そして父親からは、身勝手な感じがした

 

剛とあかねは、美沙子の部屋に行ったが

あかねは出てこないので

中にも入れなかった

そこで剛は、保健所に頼んで

自宅訪問をしてもらおうと考えた

 

しかし母親は、保健所に頼むことを

なぜかためらっていた

剛は、美沙子は10年も放置されていて

入院も必要だろうと言った

母親は、大げさにして欲しくないと言うと

剛は、そんなだから美沙子は

一人で苦しまなければならないのだと言った

 

美沙子の居宅訪問をしようとしない保健所職員

ようやく母親と、保健所に行ったが

職員たちは、家族にしてもらうと言って

自宅訪問をしようとしなかった

なんとか剛が頼みこみ

美沙子の部屋に、居宅訪問することになった

 

しかし保健所の職員たちは

美沙子が出て来ないだけで

帰ろうとした

剛は鍵を開けるように言ったが

母親まで断ってしまったので

保健所の職員は、手紙だけ

置いていこうとしたので

剛は、次は移送の同席を頼んだ

 

美沙子の両親は、4年前に

保健所の嘱託医に、相談したときに

美沙子は、統合失調症の疑いがあると

診断されていた

それなのに、美沙子の両親は

そのまま美沙子を放置していた

 

⇒『「子供を殺してください」という親たち 』を無料試し読み👆

 

美沙子の部屋に入った剛

クリスマスイブの日に

美沙子の移送をすることになった

部屋に入ろうとしたが

チェーンロックがかかっていたが

父親は、切断してもいいと言った

 

そして中に入ると、床一面に

使われたティッシュが

捨てられたままになっていた

中から美沙子の声が聞こえたので

剛は、救急隊員と一緒に

声のする方へ向かった

 

美沙子は太っていて、虚ろな目をしていた

犯されてしまうという美沙子を見て

剛は、ヤバい状態だと思った

 

美沙子の父親は、病院へ

連れていくように、剛に言ったが

剛は、警察や消防にも通報すると言った

 

警察や救急車もやってきて

警察が母親から事情を聞くと

なんと母親は、この部屋に入ったのは

4年前だというのだ

美沙子がこんな状態になっていたことを

両輪は知ったいたのだと分かり

剛は最悪だと思った

 

いきなり美沙子の父親に殴られる剛

剛は、警察に後は任せるように言われ

外に出ようとすると

いきなり父親から、殴れてしまった

警察に取り押さえられた父親は

剛を訴えてやると罵った

 

下の階の部屋の人の話を聞いた剛は

両親は、美沙子の状態を

やはり知っていたのだと思った

 

⇒『「子供を殺してください」という親たち 』を無料試し読み👆

 

本当に剛を訴えようとした父親

剛は、みさこの部屋を思い出し

恋人との思い出が、その部屋に

あったのかもしれないと思った

そこに美沙子の父親が雇った弁護士が

損害賠償をすると言って

電話をかけてきた

 

剛はその弁護士に、状況を

ちゃんと把握しているのかといい

美沙子は、措置入院をしなければ

ならない状態だと教えた

 

弁護士と話していた剛だったが

茜の退職願を見つけた

弁護士には、両親は

保護責任者遺棄の罪が

問われるレベルだったと話すと

弁護士は、料金をきちんと払うと言って

引き下がった

 

事務所を辞めようとした茜

今回の件で、責任を感じていた茜は

事務所にはいられないと思い

退職届を書いたのだった

しかしそんな茜に、剛は留守電を入れていた

 

茜のおかげで、美沙子は

治療を受けられるようになったと言った

みさこも茜のように、いつか

元気になってもらいたいと話し

剛は茜に、戻ってくるように言った

 

>>>まんが王国で『「子供を殺してください」という親たち』を無料試し読み

 

続きはコチラ👇

「子供を殺してください」という親たち 21~25巻~誠一の奇行で精神的に追い詰められナイフを隠し持ってしまう雄二郎のネタバレ・感想・無料試し読み!

 

「子供を殺してください」という親たち 15~20巻の感想

清が死んだのは、やはり薬物が影響しているのでしょうね

一度手を出すと、なかなか止めることができないので

やはり手を出してはいけないのだと思いました

知記は、仕事を辞めて再就職しようとしても上手くいかなかったので

それによるストレスもあると思いますが

やはりどこか身勝手な両親の影響も大きいようですね

美沙子も同じように、自己中の両親が放置していたので

症状が悪化したようです

適切な治療を受けられていたらもしかしたら

今頃はもう元気に暮らしていたかもしれませんね

 

⇒📖まんが王国で『「子供を殺してください」という親たち』を無料試し読み👆

 

「子供を殺してください」という親たち を実際に読むには?

この記事を読んで『「子供を殺してください」という親たち』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で、『「子供を殺してください」という親たち』と検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます。是非一度、まんが王国のサイトで『「子供を殺してください」という親たち』を検索してみて下さい♪

⇒まんが王国はコチラ

 

購入して読んでもいいという方は、実際に、会員登録してみましょう。会員登録自体は、無料でできますよ

まずは必要な分だけポイントを、500円~購入してみましょう

まんが王国を利用してみて、継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

⇒まんが王国で『「子供を殺してください」という親たち』を実際に読んでみよう👆

 

© 2021 まんがの杜