婚姻届に判を捺しただけですが 11~15巻~相手の気持ちを聞くことの難しさのネタバレ・感想・無料試し読み!

『婚姻届に判を捺しただけですが』11~15巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では『婚姻届に判を捺しただけですが』の簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンク先の試し読みボタンをクリックして試し読みしてみて下さい♪

Yahoo!アカウントでログインすることができて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

⇒ebookjapanで『婚姻届に判を捺しただけですが』を無料試し読み

 

下記の書影をクリックして無料試し読み!👇

 

婚姻届に判を捺しただけですが 11~15巻ってこんなお話

結婚解消を恐れる明葉

このままでは借金返済で

結婚解消になってしまうので

明葉はなんとかしないと、いけないと思った

 

そんなところに、旭が

美晴が名前を書いた、離婚届を持って訪れてきた

旭は、どうして美晴が家出をしたのか

理由が分からなかったが

柊にはそれが分かっているようだった

 

冗談で明葉は、柊にとっては

チャンスだと言うと、柊はキレてしまった

職場では、先輩が憧れのアイドルに

会えるというので震えていた

その先輩を見た明葉は

柊も同じような感情を

美晴にもっているのだろうと思った

 

美晴をしばらく泊めることにした柊

祖母がお金を貸してくれたお礼に

柊をお店に招待した

そこにいた常連さんたちは

結婚式や子供作りをしないのかと

明葉に聞いてきたので

それは自分たちのタイミングで

すると柊は答えてくれた

 

明葉の両親に会うため

ホテルへやってくると

そのホテルに美晴がいた

柊に美晴と話をさせた明葉だったが

戻ってきた柊は、美晴を自宅に

しばらく泊めると言った

 

⇒『婚姻届に判を捺しただけですが』を無料試し読み👆

 

父反対の性格の旭と結婚した美晴

美晴たちのことを考えて

柊は自分たちが別れるのは

少し待って欲しいと頼んだ

柊の美晴への想いは

とてもストイックなものだったが

明葉と会った唯斗は

男はいつ、肉体を求めるか

分からないと言った

 

明葉の母と会った美晴に

明葉の母は、理想の幸せではなくても

自分らしく生きていれば

きっと幸せを感じることができると言った

 

美晴は明葉に、離婚した父は

あまり家にはいなかったが

自分のことは気にかけてくれて

父を責め続けた母を見て

そんな結婚はしたくなくて

父親と正反対の性格の旭と

結婚したのだと言った

明葉は、美晴の父の性格を聞いて

柊と似た性格で、そんな父に似た

柊のことが、美晴は好きなのでは

ないかと思った

 

火事で病院に運び込まれた旭

美晴と旭は、話し会ったが

関係は修復できなかった

旭は、美晴が本当に自分のことが

好きなのか分からなくなっており

本当は、自分以外の誰かが

好きだったのではないかと明葉に話した

 

そんな風に旭の心が迷子になっていることを

美晴に話すと、美晴はもう一度

旭と話し合うことにした

しかし家に帰ってくると

なんとお隣が火事になり

旭はその家に飛び込んでしまったので

病院へ運び込まれていた

 

⇒『婚姻届に判を捺しただけですが』を無料試し読み👆

 

美晴に一緒に答えを見つけようという旭

柊は作家の葬式に参列したが

夫を亡くした妻は

夫婦は愛や恋なんかより

共に生きていくことで、無二の友となって

苦楽を共にしてくものなのだと聞いた

 

病院に運び込まれた旭は、幸い軽傷だった

心配して駆けつけてきた美晴に

柊は美晴のことばかり気にするので

美晴は、もっと自分のことを

考えないのかと言って怒った

 

旭は、そんな美晴に

家出はやめて、自分と一緒に夫婦として

答えを見つけようと言った

そう言った旭を見た柊は

自分たちは、もしかしたら

本物の夫婦にとても近いのではないかと言った

 

合コンでバレた唯斗とのキス

柊は、夫婦関係を終わらせる前に

世話になった明葉のために

何かをしたいと言って

要望書を明葉に渡した

 

ファンのアイドルの結婚で

落ち込んでいた先輩を励ますために

明葉が幹事となって

合コンを開くことになった

明葉は、唯斗にも幹事になってもらい

合コンを開いたが

唯斗の友だちが、柊のいる前で

唯斗と明葉が、花火大会で

キスしていたことをバラしてしまった

 

⇒『婚姻届に判を捺しただけですが』を無料試し読み👆

 

相手に気持ちを聞くことの難しさ

明葉は、丸山に送っていた感想文のお陰で

本のデザインをすることを依頼された

しかし提出したデザインを

丸山は気に入らず、全部ボツになってしまった

 

柊は、丸山に直接聞けばいいと言ったが

明葉は、自分で見つけるのが仕事だと言って

柊の言葉を聞かなかった

しかしまた提出したデザインもボツになって

とうとう明葉は、担当から外されてしまった

 

落ち込んでいた明葉を見た柊は

明葉を励ますために、キスをした

そんな柊の行動を、受け入れられなかったが

また目覚ましを朝、鳴らし続ける柊に

キレた明葉に柊は、ちゃんと気持ちを聞かないと

分からないのだと言った

 

その柊の言葉で、明葉は丸園に

ちゃんと話を聞くことにした

柊のおかげで、丸園に会えた明葉は

自分の思い込みで、受け入れて

もらえなかったのだと知った

 

両親の見送りの際には

柊はキスしてくれなかったのに

どうして今度はキスしたのか

明葉は柊に訊ねると

柊は単に、したかったからだと答えた

そんな意味不明な男を落とそうと

明葉は決意するのだった

 

>>>『婚姻届に判を捺しただけですが』を無料試し読み

 

最初から読み直すならコチラ👇

婚姻届に判を捺しただけですが 1~5巻~婚姻届を担保に柊と偽装結婚してしまう明葉のネタバレ・感想・無料試し読み!

 

婚姻届に判を捺しただけですが 11~15巻の感想

美晴と旭の関係は、ようやく戻りました

単に好きなだけでは、結婚生活は続きません

今回の壁を乗り切った二人は

これからもいろいろあるはずですが

乗り越えていけるかもしれませんね

柊は、これからも今のような

美晴への想いを持ち続けていくのでしょうか

柊の考えることは、よく分からないので

明葉のことをどう思っているのかも分かりません

明葉は柊と、なんとかして

本当の夫婦になろうと思っていますが

それが果たして現実のものになるんでしょうか

この後、二人の関係がどうなっていくんでしょうね

 

⇒『婚姻届に判を捺しただけですが』を無料試し読み👆

 

「婚姻届に判を捺しただけですが」を実際に読むには?

この記事を読んで『婚姻届に判を捺しただけですが』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「ebookjapan」で実際に読んでみましょう

下記リンク先をクリックすればebookjapanのサイトへと行くことができます

是非一度、ebookjapanのサイトで試し読みしてみてください♪

⇒ebookjapanはコチラ

 

購入して読んでもいいという方は、実際に会員登録してみましょう

会員登録自体は無料でできて、既にお持ちのYahoo!アカウントでもログインできます

PayPayで決済できてTポイントも貯まりますよ

試し読みで最後まで読みたくなったら、実際に買って読んでましょう

⇒ebookjapanで実際に読んでみよう👆

 

© 2021 まんがの杜