イジメの時間~ 12巻~鈴木山が死んだと思い込み絶望して飛び下り自殺をしてしまった真魚のネタバレ・感想・無料試し読み!

『イジメの時間』12巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

この作品は電子書籍ストアのeBookJapanでも配信されています

すぐに読んでみたい人は書影をクリック👇

イジメの時間 12巻ってこんなお話

筆談をする平原たち

歩に会話を聞かれていると知った平原は、真魚とスマホで筆談し始めた

しかし又賀がやってきたので、又賀にも合わせるように頼んだ

又賀が思わず言った言葉を聞いた歩は、3人が筆談しているのではないかと疑った

しかし現状を放置もできないので、歩は真魚に電話をかけて状況を把握することにした

まず歩は真魚に鈴木山を殺すと脅しながら、周囲を映すように命令した

しかしなかなか真魚が映さないので更に脅すと、真魚は慌てて平原たちをスマホで映した

すると歩は真魚におしまいだというと、そのまま電話を切ってしまった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

真魚に飛降りるように要求する又賀

鈴木山が殺されると思った真魚は、酷く動揺してしまった

そんな真魚に、又賀は自業自得だと言った

又賀は、いまが写真を取り戻すチャンスだと思い、真魚に写真を消すように要求した

そして自分の恥ずかしい写真が、スマホから消されたことを確認した

調子に乗った又賀は証拠がないというと、真魚に更に謝罪するように求めた

すると真魚はパンツを脱いで股を開いて好きにしてもいうと、とにかく鈴木山を助けて欲しいと頼んだ

そんなことを言った真魚に、又賀は階段から飛び下りるように要求した

真魚が本当に階段から飛び下りようとするので、平原が止めようとした

しかし真魚は平原は関係ないというと、又賀も関係ないはずだと言った

しかし平原は、自分には関係あるのだと主張し始めた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

鈴木山が死んだと絶望する真魚

そこにまた歩が電話をかけてくると、又賀と平原に謝った

歩が若保囲が死んだと言った際、又賀が死んだと言ってしまった

それを聞いた真魚は、鈴木山が死んでしまったのかもしれないとだと思い更に動揺してしまった

すると歩は真魚に、二人をその場に置いて来るように命令した

だが又賀はさらに真魚に追い打ちをかけようと思い、鈴木山は死んでしまったのだと言った

そしてそこでスマホは、充電が切れてしまった

歩は又賀の言葉を聞いて動揺していると、又賀が電話をかけてきた

そして又賀は自分が思わず言ったのだと説明すると、真魚は一人で歩のところへ向かったと嘘を言った

又賀は電話を切ると、真魚から歩の居場所を聞き出した

そして又賀は真魚に、土下座させて謝らせた

真魚は、完全に鈴木山は死んだのだと思い込み絶望してしまった

そして平原と又賀は、歩の所へ向かい始めた

一人屋上に残っていた真魚は、鈴木山にすぐ行くよと呟くと…

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

飛び下り自殺をしていた真魚

瀕死の鈴木山は、歩に自分が全部罪を被るとまた言っていた

それを歩は信じなかったが、そこに扉を叩く音が聞こえてきた

歩は真魚だと思い扉を開けると、平原と又賀が来ていた

平原が警察をまだ呼んでいないと言ったので、歩は鈴木山を殺すなら今しかないと思った

そして歩は一人で戻ろうとしたが、平原は今の歩は信じられないと言った

仕方なく歩は二人を下へと連れていくと、鈴木山たちを見せた

歩は自分が先に襲われたというと、これは正当防衛だと主張した

そして真魚をこの場所に呼び寄せたいというと、平原は無理だと答えた

真魚は鈴木山が死んだと思い込み、絶望して飛び下り自殺をしてしまっていた

歩は真魚が死んだことを知って、真魚に罪を着せることができなくなったと知ったのだった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

元の名前を名乗り歩を刺す平原

鈴木山は真魚の死は自分と関わったからだというと、泣き始めてしまった

そんな鈴木山を見た歩は、苦しみを味わって生きるように叫んだ

しかし鈴木山は真魚の幻影を見ながら、そのまま死んでしまった

歩はやっと3人が片づいたと言い、鈴木山をクズと罵った

だが平原はそれなら歩もというと、いきなり歩を刺してしまった!!

平原は自分は一度も忘れたことはないというと、これは自分の復讐だと言った

そして平原は、自分の元の名前は明神姫音子だと名乗った

その平原の元の名前を、歩は知っていた

歩の両親が離婚してしまった頃、歩は酷く荒れていた

そして幼稚園で一緒だった姫音子にも、イタズラをしていた

その時のことを思い出した歩は、自分も鈴木山たちと同じイジメっ子だったのだと思い出した

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

続きはコチラ👇

イジメの時間 12巻の感想

とうとう歩を、いじめていた3人が死んでしまいました

残るは須田だけとなってしまいましたが、どうやら歩は須田も殺すつもりのようです

しかし歩は、いきなり平原に刺されてしまいました

どうやら小さい頃に歩は、平原をイジメていたようです

ずっと真魚たちに自分も関係していると言っていたのも、そのことだったんでしょうね

歩は平原に刺されてしまって平原の元の名前を聞いてから、やっとそのことを思い出したようです

歩が見たあの夢は、こんなことで実現してしまうのかもしれませんね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

『イジメの時間』を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?