イジメの時間~ 12巻~鈴木山が死んだと思い込み絶望して飛び下り自殺をしてしまった真魚のネタバレ・感想・無料試し読み!

『イジメの時間』12巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では『イジメの時間』の簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンク先の試し読みボタンをクリックして試し読みしてみて下さい♪

Yahoo!アカウントでログインすることができて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

⇒ebookjapanで『イジメの時間』を無料試し読み

 

下記の書影をクリックして無料試し読み!👇

 

イジメの時間 12巻ってこんなお話

筆談をする平原たち

歩に会話を聞かれていると知った平原は

真魚とスマホで筆談した

しかし又賀がやってきたので

又賀にも合わせるように頼んだ

 

又賀が思わず言った言葉を聞いた歩は

3人が筆談しているのではないかと疑った

しかし現状を放置もできないので

真魚に電話をかけて、状況を把握することにした

 

まず歩は、真魚に鈴木山を殺すと

脅しながら、周囲を映すように命令した

しかしなかなか、真魚が映さないので

更に脅すと、真魚は慌てて平原たちをスマホで映した

しかし歩は、おしまいだと言って

電話を切ってしまった

 

真魚に飛降りるように要求する又賀

鈴木山が殺されると思った真魚は

酷く動揺してしまった

そんな真魚に、又賀は自業自得だと言った

又賀は、いまが写真を取り戻す

チャンスだと思い、真魚に要求して

スマホから消されたことを確認した

 

調子に乗った又賀は、証拠がないと言って

真魚に更に謝罪するように求めた

真魚は、パンツを脱いで

股を開いて好きにしてもいいので

とにかく鈴木山を、助けて欲しいと頼んだ

 

すると又賀は、真魚に

階段から飛び下りるように要求した

真魚が本当に、飛び下りようとするので

平原が止めようとするので

真魚は、平原は関係ないといい

又賀も関係ないはずだと言ったが

それでも平原は、自分には

関係あるのだと主張した

 

⇒『イジメの時間 』を無料試し読み👆

 

鈴木山が死んだと絶望する真魚

また歩が電話をかけてきて

又賀と平原に、謝ったが

歩が若保囲が死んだと言った際

又賀が死んだと言ってしまったので

真魚は、更に動揺してしまった

歩は、真魚に二人を置いて

来るように命令した

 

だが又賀は、さらに真魚に

追い打ちをかけようと思い

鈴木山は死んでしまったのだと言うと

そこでスマホは、充電が切れてしまった

 

歩は、又賀の言葉を聞いて動揺したが

又賀が電話をかけてきて

自分が思わず言ったのだと説明し

歩には、真魚は一人で歩のところへ

向かったと嘘を言った

 

又賀は、電話を切って

真魚には、歩の居場所を聞き出し

自分には土下座して謝らせた

真魚は、完全に鈴木山は

死んだのだと思い込み絶望してしまった

平原と又賀は、歩の所へ向かった

真魚は一人、屋上に残って

鈴木山にすぐ行くよと言うと…

 

⇒『イジメの時間 』を無料試し読み👆

 

飛び下り自殺をしていた真魚

瀕死の鈴木山は、歩に自分が全部

罪を被るとまた言っていた

それを歩は信じなかったが

そこに、扉を叩く音が聞こえてきた

歩は、真魚だと思ったが

平原と又賀が来ていた

 

平原が、警察をまだ呼んでいないと言ったので

歩は、鈴木山を殺すなら

今しかないと思い、一人で戻ろうとしたが

平原は、今の歩は信じられないと言った

 

仕方なく歩は、二人を下へと連れていき

鈴木山たちを見せた

歩は、自分が先に襲われたと言い

正当防衛だと主張した

そして真魚を、この場所に

呼び寄せたいと言ったが

平原は、無理だと答えた

 

真魚は、鈴木山が死んだと思い込み

絶望して、飛び下り自殺をしてしまっていた

歩は、それを知って真魚に

罪を着せることができなくなったと知った

 

元の名前を名乗り歩を刺す平原

鈴木山は、真魚の死は

自分と関わったからだと言って

泣いてしまった

そんな鈴木山を見た歩は

苦しみを味わって生きるように叫んだ

しかし鈴木山は、真魚の幻影を見ながら

そのまま死んでしまった

 

歩は、やっと3人が片づいたと言い

鈴木山をクズと罵った

だが平原は、それなら歩もと言って

いきなり歩を刺してしまった!!

 

自分は一度も忘れたことはないという平原は

これは自分の復讐だと言い

元の名前は、明神姫音子だと名乗った

その名前を歩は知っていた

 

歩の両親が離婚してしまい

歩は荒れていた

その頃、一緒だった姫音子にも

イタズラをしていた

その時のことを思い出した歩は

自分も鈴木山たちと同じ

イジメっ子だったのだのだと思い出した

 

>>>『イジメの時間』を無料試し読み

 

続きはコチラ👇

イジメの時間~ 13巻~平原をイジメて母親を死なせたと思い出し自分のせいだという歩のネタバレ・感想・無料試し読み!

 

イジメの時間 12巻の感想

とうとう歩を、いじめていた3人が

死んでしまいました

残るは須田だけとなってしまいましたが

どうやら歩は、須田も殺すつもりのようです

しかし歩は、いきなり平原に

刺されてしまいました

どうやら小さい頃に歩は

平原をイジメていたようです

ずっと真魚たちに、自分も

関係していると言っていたのも

そのことだったんでしょうね

歩は、平原に刺されてしまって

平原の元の名前を知ってから

そのことを思い出したようです

歩が見た夢は、こんなことで

実現してしまうのかもしれませんね

 

⇒『イジメの時間』を無料試し読み👆

 

『イジメの時間』を実際に読むには?

この記事を読んで『イジメの時間』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「ebookjapan」で実際に読んでみましょう

下記リンク先をクリックすればebookjapanのサイトへと行くことができます

是非一度、ebookjapanのサイトで試し読みしてみてください♪

⇒ebookjapanはコチラ

 

購入して読んでもいいという方は、実際に会員登録してみましょう

会員登録自体は無料でできて、既にお持ちのYahoo!アカウントでもログインできます

PayPayで決済できてTポイントも貯まりますよ

試し読みで最後まで読みたくなったら、実際に買って読んでましょう

⇒ebookjapanで実際に読んでみよう👆

 

© 2020 まんがの杜