名前も呼ばないあのひとと 4~6巻~かなこにプレゼント選びを頼み選んであげたかなこに誕生日プレゼントを渡すそうたのネタバレ・感想・無料試し読み!

『名前も呼ばないあのひとと』4~6巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

この作品は電子書籍ストアのeBookJapanでも配信されています

すぐに読んでみたい人は書影をクリック👇

名前も呼ばないあのひとと 4~6巻ってこんなお話

プレゼント選びを頼むそうた

かなこはそうたと食事して、関係が深まったように感じた

そこにそうたに会社から電話がかかってきて、社長へのプレゼント品を選ばないといけなくなった

それを聞いたかなこは自分が選ぼうと思ったが、いくみに訊ねたほうがいいと答えてしまった

結婚相談所の申込みをしていたかなこに、そうたがいくみに用事があると断られたと言ってきた

でもかなこは、自分の婚活を優先することにした

しかしかなこは、そうたがプレゼントを選んでいるのを見かけてしまって、結局プレゼントを選んであげることにした

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

似合わないプレゼント

プレゼントを選んであげたかなこに、そうたは他にも選んで欲しいと言ってきた

それはいくみへのプレゼントかと思ったが、なんとかなこへの誕生日プレゼントだった

しかしかなこは、プレゼントされたイヤリングは自分には似合わないと感じてしまった

そんなかなこは、そうたに合コンに誘われた

するといくみがピアスをなくしたというので、イヤリングを貸してあげると、とてもいくみに似合っていた!

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

そうたと付き合っていると答えないいくみ

かなこは、合コンには馴染めず外に出て、そうだに電話をかけた

しかしそうたは、来れないと答えた

そこに佐々木が、手取足取り教えると言ってナンパしてきたが、それをいくみに助けられた

いくみはかなこは自分にないものを持っているというと、かなこはうらやましいと言った

そんないくみにかなこは、そうたと付き合っているか訊ねたが、かなこはちゃんと答えてくれなかった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

酔い潰れたかなこを家に連れ込んだそうた

仕事でミスをしてしまったかなこは、落ち込んでしまった

そんなかなこをそうたは飲みに誘い、お互い仕事のことで愚痴りあった

酔い潰れたかなこを、そうたは自分の部屋に連れていった

そして翌朝、目覚めたかなこにそうたは外に出かけようと言った

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

続きはコチラ👇

名前も呼ばないあのひとと 4~6巻の感想

いくみは、そうたとの関係を聞かれても、付き合っていると答えませんでしたね

そうたはやはりかなこが好きなように見えますが、プレゼントはなぜかいくみに似合うイヤリングでした

でもそうたは、酔い潰れたかなこを自分の家に連れ込んでしまいました

かなこのことはどう思っているのでしょうか

このまま付き合ってしまおうとか、考えて始めているかもしれませんね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

「名前も呼ばないあのひとと」を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?