あせとせっけん 2巻~香太郎とこっそり会っているのを大蔵に見つかってしまう麻子のネタバレ・感想・無料試し読み!

『あせとせっけん』2巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

この作品は電子書籍ストアのeBookJapanでも配信されています

すぐに読んでみたい人は書影をクリック👇

あせとせっけん 2巻ってこんなお話

麻子と香太郎の関係を疑うこりす

経理課にやってきたこりすに領収書のことを聞いていると、こりすと香太郎はいつも行動を共にしていると知った

それで麻子は落ち込んでしまうと、こりすも麻子と香太郎には何か関係があるのではないかと思った

麻子は香太郎を食事の後にラブホへと誘ってしまったが、初めてのラブホで麻子は戸惑ってしまった

香太郎は誘ったのは麻子だというと、シャワーも浴びさせないでにおいを嗅ぎながらセックスしてしまった

社員旅行で大蔵に交際がバレてしまう麻子

麻子と香太郎は会社の社員旅行に参加すると、毎年恒例の卓球大会が始まった

しかし香太郎は極度の運動音痴で、いきなりサーブを外してしまった

そんな香太郎の姿を見ながら麻子は、もっと香太郎のことを知りたいと思った

こりすは麻子を見つけると、香太郎を紹介した

二人は関係を秘密にしていたので、初対面のフリをした

夜になると麻子は、別館でこっそり香太郎と会うことにした

しかし酔ってしまっていた香太郎は、全盲の母のことなど昔話をして眠ってしまった

そして二人でいるところを麻子の上司の部長の大蔵に見つかってしまったが、大蔵は二人の関係を秘密にしてくれた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

熱を出して寝込んだ香太郎の世話をする麻子

旅行から帰ってきた香太郎は、熱を出して会社を休んでしまった

そこで麻子は香太郎の部屋に行くと、たまご粥を作ってあげた

そのたまご粥を食べて元気が戻ってきた香太郎に、麻子はお礼として頭をポンポンして欲しいとおねだりした

桂太に香太郎を紹介する麻子

麻子は、久しぶりに実家に帰省すると、母親のゆり子に彼氏が出来たと報告した

しかしやはり父親の勝臣には、すぐには話せなかった

実家から戻った麻子は弟の桂太のことを香太郎に話すと、香太郎は桂太のいるレストランに食事に行こうと言った

そこで麻子は桂太に香太郎のことを話すと、桂太は香太郎の品定めをすると言いだした

桂太の店に行くと、いきなり桂太は左手で握手を求め、メニューもイタリア語だけのものを渡して嫌がらせをしてきた

桂太に麻子を大事にすると言った香太郎

料理を食べ始めると、香太郎は麻子に自分と同じように下の名前で呼んで欲しいと頼んだ

そこに桂太が料理を運んでくると、麻子はいつもはなんでもガマンするのに、香太郎にバゲットを分けて欲しいとおねだりした

そのことを桂太は香太郎に話すと、香太郎が麻子を変えたのだと言った

そんなことを言った桂太に、香太郎は麻子を大事にすると言った

帰宅途中で麻子は初めて下の香太郎の名前を呼んでくれたが、香太郎は嬉しすぎてただ大事にしますとしか言葉が出なかった

そしてやっと病気が治った香太郎は麻子を抱きしめると、ガマンができなくなくて押し倒してしまった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

続きはコチラ👇

あせとせっけん 2巻の感想

麻子と香太郎はつき合っていることを周囲に秘密にしていますが、大蔵にもバレてしまい、こりすにも気づかれています

とりあえず麻子は母親に話すことができて、香太郎と一緒に弟の桂太の店にも行きました

どう見ても桂太はシスコンな感じですが、香太郎の反応を見て彼氏として認めてくれそうな感じです

こんな感じだと、その内お互いの家に相手を紹介する日も近そうな感じですね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

「あせとせっけん」を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

© 2021 まんがの杜