明日、私は誰かのカノジョ 1巻~雪の火傷の痕を見ても指名してくる壮太のネタバレ・感想・無料試し読み!

 

『明日、私は誰かのカノジョ』1巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

この記事では『明日、私は誰かのカノジョ』の、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンクをクリックしてのまんが王国で『明日、私は誰かのカノジョ』を検索して試し読みしてみて下さい♪

⇒まんが王国で『明日、私は誰かのカノジョ』を無料試し読み

 

🔻絵付きですぐに読みたい人は、書影を今すぐクリックしよう!🔻

 

明日、私は誰かのカノジョ 1巻ってこんなお話

母親からのDVの経験と火傷の痕のある雪

雪は、幼い頃から母親の虐待を受けていて、大やけどを負ってしまった

学校で将来の夢を書くときも、なりたい夢がない雪は、教師の喜ぶことを書いていた

 

雪は大学生になってお金を稼ぐために、レンタル彼女のバイトをしていた

火傷の痕を消すために、外に出かけるときはいつも入念にメイクをしなければならなかった

 

壮太の彼女役をする雪

雪は、男たちの相手をするときは、いつも嘘をついて喜ばせリピートを取っていた

今度の相手は新社会人の壮太だったが、交際経験がないせいか、雪と会ってもガチガチに緊張していた

 

壮太は、友だちに彼女がいると嘘をついてしまったので、雪に彼女役をして欲しいと頼んだ

壮太の友だちの達也とその彼女の麻里に会い、映画を観に行った後、カフェで4人は話をしていた

達也が雪を、可愛いと言ったので嫉妬した麻里は、雪をビッチと罵ったので、壮太は後で雪に謝ってきた

 

雪は翌日、予約していたCDを取りにお店に行くと、そこには壮太が来ていた

逃げようとしたが、落としたスマホのストラップで、壮太に気づかれてしまった

 

壮太が自分の火傷の痕を見る視線を見て、雪はそうやって可哀想だという視線で見られるのが苦痛だと言った

そんなことを言う雪を、壮太はなぜか愛おしいと言ったのだった

 

火傷の痕を見ても予約を入れる壮太

火傷の痕を見られたので、雪は壮太には会うことはないと思っていたが、なぜか壮太はまた予約を入れた

 

スマホの画面を直すという壮太に、雪は自分の母親のことを、嘘と本当のことを交えながら話した

雪の話を聞いた壮太は、雪は母親思いだと言うのを聞いて、雪は本当はそうでありたかったと思ったのだった

 

雪は同じ大学の同級生のリナが、唯一の友だちだった

男依存なリナは、パパ活などをしていたが、雪にどうして男とつき合わないのかと聞いた

すると雪は、どの男も見た目で寄ってきているだけだと答えたのだった

 

壮太は、会社の接待をしていると、初老の男と雪がホテルに入っていくのを見つけて気になって仕方がなかった

雪は男の相手をしている間も、会話を楽しむフリをしながら、おじさんはやはり肌が汚いと思っていた

 

⇒『明日、私は誰かのカノジョ』を無料試し読み👆

 

これからも雪を指名するという壮太

壮太は今度は、雪を一日レンタルしてきてゲーセンで遊んだ

その後、食事を食べに言ったが、草太は雪が店で働かなくても済むように、これからも指名すると言ってくれた

 

しかし雪は、昔同じようなことを言った男は、雪の体を手に入れるために、同じようなことを言ったことを思いだした

壮太は、まずは自分の心を手に入れるつもりなのだろうと思った

そこで雪は、壮太に親の金で貯めた金ではなく、自分のお金で指名するように言って、壮太を突き放してしまった

 

そんなこともあって、壮太からの指名はしばらくの間なかった

雪はカフェで、リナから彼氏が既婚者だったという話を聞いていたが、そこに二人の男がナンパしてきた

寂しくて男依存なリナは、体だけだと知りつつも、男たちについていってしまった

 

壮太と旅行に行く雪

壮太は今度は、店を通さず雪を2日間レンタルして、旅行に行きたいと言ってきた

 

壮太のプランは全部ダメで、仕方なく足湯に行った

そこで壮太は、大学に入って彼女が出来たと思ったら、壮太が童貞を確かめるためで騙されていたと話した

 

好意を持っていた女の子にそんなことをされた壮太は、火傷の痕を見られてしまった雪が、本音を言ってくれたことが嬉しかったと言った

 

宿にやってきた二人は、温泉に入って夕食を食べた

部屋に行くと、壮太は雪に好きだと告った

しかし雪は壮太に、母親のことは嘘だと言って、壮太の好きな自分はいないと言った

 

しかし壮太は、それでも好きだというので、雪は単にお金をもらって来ているだけだと突き放した

そんな雪に、壮太はレンタル彼女を始める前に、雪と出会いたかったと言ったのだった

 

壮太の交際を拒絶してNGリストに入れる雪

雪は、壮太と普通に付き合う夢を見た

部屋を出る前に、壮太はレンタル代と新幹線のチケットを渡し、自分とつき合ってくれるなら、この部屋で1時間待っていて欲しいと言った

それがダメなら、チケットを使って一人で帰っても構わないというのだ

 

しかし雪は、壮太が戻ってくるのを待っていなかった

その上、帰りの新幹線の中で、壮太をNGリストに入れてもらい、会えないようにしてしまった

 

>>>『明日、私は誰かのカノジョ』を無料試し読み

 

続きはコチラ👇

明日、私は誰かのカノジョ 2巻~パパ活を断った雪に君たちには期限があると言う飯田のネタバレ・感想・無料試し読み!

 

明日、私は誰かのカノジョ 1巻の感想

雪は結局、壮太とつき合うことはありませんでした

壮太が雪の心を手に入れようとしていたのは間違いないですが、誰でもそんなところはあるので、仕方のないことだと思います

雪も旅行についてきたので、単にお金が稼げるからだけではないと思います

やはり過去にいろんな嫌な体験があるので、どうしても心が拒絶してしまうのでしょうね

壮太には、彼女が出来たようですが、雪にもいつか本当の彼氏が出来る日がくるといいですね

 

⇒『明日、私は誰かのカノジョ』を無料試し読み👆

 

「明日、私は誰かのカノジョ」を実際に読むには?

この記事を読んで『明日、私は誰かのカノジョ』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で、『明日、私は誰かのカノジョ』と検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます。是非一度、まんが王国のサイトで『明日、私は誰かのカノジョ』を検索してみて下さい♪

⇒まんが王国はコチラ

 

購入して読んでもいいという方は、実際に、会員登録してみましょう。会員登録自体は、無料でできますよ

まずは必要な分だけポイントを、500円~購入してみましょう

まんが王国を利用してみて、継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

⇒まんが王国で『明日、私は誰かのカノジョ』を実際に読んでみよう👆

 

© 2020 まんがの杜