年の差婚 1巻~一回り以上年上の晴海と結婚した舞衣子のネタバレ・感想・無料試し読み!

『年の差婚』1巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

この作品は電子書籍ストアのeBookJapanでも配信されています

すぐに読んでみたい人は書影をクリック👇

年の差婚 1巻ってこんなお話

会って二度目で婚姻届を渡す舞衣子

祖母から、若い男と駆け落ちした

母親のようになるなと言われて育った舞衣子は、ある日父親からお見合いするように言われた

相手の男性は取引先の年上の人だったが、、舞衣子はその晴海という男性に会うと、なぜか心地よさを感じてしまった

しかし晴海はやはり年の差を考え、自分は舞衣子に相応しくないと言った

だが舞衣子は父親の見立ては間違っていないというと、晴海とキスしてしまった

そして舞衣子はキスした後、自分の名前を書いた婚姻届を晴海に渡した

晴海は舞衣子に後悔しないのかと聞くと、舞衣子のまっすぐさが気に入って婚姻届にサインすることを決めた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

舞衣子の初体験

二人は5ヶ月後に結婚して、新婚生活を始めた

すると舞衣子は自分は処女だと告白すると、晴海はそれを聞いて喜んでくれた

そして晴海は年甲斐もなく興奮すると、舞衣子にそのまま一気に挿入した

初体験を終えた舞衣子は、晴海に近づけたと言って喜んだ

すると舞衣子は翌日の朝に起きれなかったが、早く起きた晴海はジョギングを終え、舞衣子のために朝食を作ってくれていた

そして晴海は実家が農家なのでなんでもやれないといけなかったと話し、今は家電が進んでいるので素晴らしいと話した

舞衣子は朝食を晴海に作ってあげられなかった上に料理が苦手なので、料理教室に通うと言い出した

そんな舞衣子に晴海は、自分が教えてあげると言ってあげた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

変わり始めた舞衣子

舞衣子は職場で、同僚たちから変わったと思われていた

そして晴海も、2度目のセックスのことを聞いてきた舞衣子がやはり変わってきていると感じていた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

続きはコチラ👇

年の差婚 1巻の感想

なんだかアッサリと二人は結婚してしまいましたね

普通なら一回り以上歳が離れていると、本当にやっていけるか心配になってしまいます

でもあまり舞衣子には、そんなことはどうやら気にならないようです

舞衣子は、いつもはポワーとした感じですが、結婚を決めたときはとても早かったですね

それにどこか勘も鋭そうな気がします

これから二人にはいろんなことが起こって、年の差もあるので考え方の違いも出てくるでしょう

それを互いに話し合って上手く乗り切って、幸せな夫婦生活を送って欲しいですね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

「年の差婚」を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?