年の差婚 4巻~晴海に絶対舞衣子と別れさせると言って睨みつける理音のネタバレ・感想・無料試し読み!

『年の差婚』4巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

この作品は電子書籍ストアのeBookJapanでも配信されています

すぐに読んでみたい人は書影をクリック👇

年の差婚 4巻ってこんなお話

晴海に近づく怪しげな女性

衣替えをしていた舞衣子は、晴海の若い頃の写真を見つけた

それをスマホのロック画面にすると晴海が恥ずかしがったので、舞衣子は同じ頃の自分の写真を晴海に見せてあげた

晴海はジョギング途中で倒れている女性を見つけたが、何か怪しい女性だった

晴海はとりあえず舞衣子を呼んでいると、その女性はもう姿を消していた

舞衣子のはとこの理音

晴海は街を歩いていると、朝の女性にぶつかられスマホを踏まれて画面を壊されてしまった

その怪しげな女性はいきなり晴海をラブホへと誘い始めていると、そこに舞衣子が現れた

その怪しげな女性は、なんと舞衣子が通っている料理教室をしている人の子どもの理音だというのだ

はとこだと紹介された晴海は、とりあえずさっきのことは黙っておこうと思った

食事をした後、理音は家に帰りたくないと言い出した

それで何かがあると思った晴海と舞衣子は、とりあえず理音を家に泊めることにした

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

晴海に敵意を見せる理音

晴海はお風呂上がりの理音を見て、ようやく男だったのだと気づいた

舞衣子は理音が男だと明かすのを待っていたのだと言った

そして以前は女装をさせられていたが、今は自分から女装しているのだと話した

だが理音は、明らかに晴海に敵意を持っていた

それでも晴海は理音の挑発に乗らないようにしていたが、理音は晴海に舞衣子を返せと睨みつけた

居候することになった理音

晴海をつけていたのも、浮気の写真を撮って別れさせるためだったと理音は話した

そして理音は、晴海は舞衣子の体目的か介護要員としか見ていないと言った

そんなことをいう理音に、晴海は舞衣子をそんな風にしか見ていないのは、逆に失礼だと言い返した

それにキレた理音は、晴海とは絶対別れさせると豪語した

それでも舞衣子のいる前では、理音は晴海をサッカーの試合観戦を誘ってきた

すると舞衣子は、理音は晴海には心を開いていると話すと、自分にとっては家族同然だと言った

翌日、晴海がジョギングから帰ると、理音は自分の家に帰っていた

しかし舞衣子が、理音の居候を認めて欲しいと頼んできたのだった!

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

続きはコチラをクリック👇

年の差婚 4巻の感想

理音はどうやら舞衣子のことが好きなようですが、小さい頃に女装をさせられていたというのが気になりましたね

もしかすると親は女の子が欲しかったので、理音に女の子を服を着せていたのかもしれません

それで理音は、ちょっと歪んだ性格になった可能性があると思います

理音はしばらく居候することになりましたが、どんなことを晴海に仕掛けてくるでしょうか

晴海はそれをしばらくは受け流すでしょうが、耐えきれるのかが心配ですね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

「年の差婚」を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?