厳選した話題のおもしろまんがのネタバレ・最新話の紹介します

まんがの杜

骨の髄まで私に尽くせ。 10巻~バレたかもというメッセージに不安を募らせる一樹のネタバレ・感想・無料試し読み!

更新日:

『骨の髄まで私に尽くせ。』10巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では『骨の髄まで私に尽くせ。』の、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンクをクリックして、まんが王国で『骨の髄まで私に尽くせ。』を検索して試し読みしてみて下さい♪

⇒📖まんが王国で『骨の髄まで私に尽くせ。』を無料試し読み👆

 

『骨の髄まで私に尽くせ。』は、電子書籍サイトのebookjapanでも読むことができます

下の書影をクリックして試し読みボタンを押して実際に読んでみましょう👇

 

骨の髄まで私に尽くせ。 10巻ってこんなお話

いつも男っぽいキャラをやっていた大学時代の美奈子

大学時代、友人のあゆみは

男の前で美奈子を褒め

自分の可愛さをアピールした

男と手を比べて美奈子の手はデカいというあゆみだったが

美奈子は、自分も可愛いキャラでいたかったと思っていた

 

さやかのリスカ痕を見てしまった美奈子

美奈子は、さやかの腕のリスカの痕を

見てしまった

ショックを受けたと言って

泣く美奈子は、さやかの頼りに

なりたいと言った

落ち着いた美奈子は

さやかの忘れていったハンカチの

匂いをかぐと、一樹のハンカチに

残っていた香りと、同じ香りがした

 

⇒『骨の髄まで私に尽くせ。』を無料試し読み👆

 

さやかと連絡が繋がらず不安を募らせる一樹

一樹と美奈子は買い物に出かけ

お腹の赤ちゃんのものをたくさん買った

そして花音も、美奈子の実家から

ようやく帰ってきた

一樹は、ベッドで休んでいたが

さやかから、たくさんの不在着信や

バレたかもというメッセージが届いていた

さやかが、係長に会ったと知った一樹は

さやかに電話をかけたが繋がらず

不安が募る一樹だった

 

さやかの身体のキスマークを確認した一樹

年が明けて初めての出社をした一樹

係長を見ても、いつもと同じだった

さやかと変装して会う一樹

するとさやかは、係長が

妻と別れると言ってきたと話す

そしてさやかは、係長に

別れ話をしたと言った

 

一樹はさやかの上着をめくり

身体にたくさんキスマークが

ついているのを確認した

一樹は、俺だけが好きじゃなかったのかと

さやかに聞いた

 

さやかは、仕返しだと言って

一樹が、家族といる間

自分は、つらく悲しかったと言って泣いた

そしてさやかは、自分は誰かに

汚されたかったのかもしれないと言うと

一樹は謝りながら、さやかの胸に顔を埋めた

さやかとセックスした一樹は

係長には自分から話すと言った

 

会社に怒鳴り込んできた係長の妻

係長に話そうとした一樹だったが

そこに係長の妻が、怒鳴り込んできた

そして係長の妻は、誰かに出てこいと叫んだのだった!

 

>>>まんが王国で『骨の髄まで私に尽くせ。』を無料試し読み

 

骨の髄まで私に尽くせ。 10巻の感想

係長の浮気は、とうとうバレたようです

やはりさやかが、バラしたのでしょうか?

恐らく修羅場になるのは間違いないでしょう

そんな様子を見た一樹は

さやかとの関係をどうするでしょうか

普通なら浮気をやめてしまうでしょう

でも一樹はこれまでも、別れ話をしても

結局、さやかとの関係を続けています

このままさやかと付き合い続けても

係長の言っていたとおり

破滅への道を歩んでしまうはずです

これをきっかけに、さやかとの浮気を

一樹はやめることができるでしょうか?

 

⇒📖まんが王国で『骨の髄まで私に尽くせ。』を無料試し読み👆

 

『骨の髄まで私に尽くせ。』を実際に読むには?

 この記事を読んで『骨の髄まで私に尽くせ。』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で、『骨の髄まで私に尽くせ。』と検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます。是非一度、まんが王国のサイトで『骨の髄まで私に尽くせ。』を検索してみて下さい♪

⇒まんが王国はコチラ

 

購入して読んでもいいという方は、実際に、会員登録してみましょう。会員登録自体は、無料でできますよ

まずは必要な分だけポイントを、500円~購入してみましょう

まんが王国を利用してみて、継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

⇒まんが王国で『骨の髄まで私に尽くせ。』を実際に読んでみよう👆

Copyright© まんがの杜 , 2020 All Rights Reserved.