厳選した話題のおもしろまんがのネタバレ・最新話の紹介します

まんがの杜

ガンニバル 3巻~大悟の前に現れた村の祭りで顔を喰われた男のネタバレ・感想・無料試し読み!

更新日:

『ガンニバル』3巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では『ガンニバル』の簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンク先の試し読みボタンをクリックして試し読みしてみて下さい♪

Yahoo!アカウントでログインすることができて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

⇒ebookjapanで『ガンニバル』を無料試し読み

 

下記の書影をクリックして無料試し読み!👇

 

ガンニバル 3巻ってこんなお話

さぶに謝罪するハメになった大悟

大悟は、狩野がさぶたちから

村八分にされていたと聞いても

すぐには信じられなかった

のぞきをされた有希は

ましろのことを考えて

訴えたりせずに、穏便に済ませて

波風立てずに、村で生きていこうと言った

 

しかし大悟は、狩野の家族に

何があったのか、やはり知りたかったので

すみれに電話をかけた

村人からどんなことを受けたのか

聞きたかった大悟だったが

すみれは、父親を殺したのは

後藤家の奴らで、母親は何か

見られているように感じていたが

今はそのことを、聞けるような

状態ではないと言った

 

大悟は、落書きのことを理由に

駐在所の周囲に、フェンスを立て始めた

しかしさぶがやってきて

そんなことをしたら、村民たちを

疑っているように見えるので

止めるように言い出した

 

大悟は、そんなことを言い出され

思わずめんどくせえと言ってしまい

すぐにそれは、村中に広まったので

仕方なく大悟は、さぶに謝った

 

顔を喰われた男

大悟は、突然すみれから教えてもらった

電話番号から電話がかかってきた

電話の相手は、狩野の協力者で

大悟一人で、指定した場所へ

来るように要求された

 

村民にバレないように

指定された場所へとやってくると

一人の男が現れ、大悟に

村の祭りで喰われた自分の顔を見せた

自分には戸籍がないというその男は

村では、喰われるために

戸籍のない子どもを作っているのだと大悟に教えた

 

大悟は、遅れて祭りの太鼓の練習に行くと

神社の宮司の宗近が現れた

宗近は、大悟に村から出るように忠告して

昔は祭りでは、口減らしのために

子どもが奉納されていたと教えた

衛星携帯を宗近が使っていたので

大悟は、宗近も狩野の協力者の

一人だったのではないかと思った

 

⇒『ガンニバル』を無料試し読み👆

 

食人サイトの運営者

ある男は、事故を装い

大悟を呼び出して接触を図ってきた

街のラブホへ行って、その男は

自分が大悟が村に来る前に見た

あの食人サイトの運営をしていると言った

 

大悟の記事は、あの顔を喰われた男が書いていて

村では、生まれたばかりの子どもを

死産として、喰うためにキープして

いるのだというのだ

それを突き止めようとした狩野は

子どもたちが、後藤家に

いると判断したが、殺されたのだった

 

加奈子の子どもを奪った銀

有希は、飲み会でさぶの娘の加奈子に

暴行の痕があることに気づいた

そして加奈子は、死産とされた自分の子どもは

まだ生きていると主張した

 

大悟がその話を聞いて

さぶに家に行って、加奈子から

話を聞くことにした

加奈子は、自分の子どもの出産に

立ち会った後藤家当主の銀が

子どもを盗ったと主張した

 

さぶの妨害もあったので

大悟は、宗近に後藤家のことを訊ねた

村の大地主だった後藤家のことを

村人は畏れれていて

助産師だった銀が、子どもを

殺したという母親たちが

何人もいるのだと聞き出すことができた

 

夜、家を抜け出した加奈子は

銀が子どもを死産だと言って

連れ出す際に、子どもの手が動いて

銀は笑みを浮かべていたと聞いた

 

その頃、駐在所にはさぶたちが

押しかけてきていたので

加奈子を連れて戻ってきた大悟は

掴みかかってきた男を投げ飛ばして

後藤家のことを調べていると

ハッキリとさぶたちに言った

 

⇒『ガンニバル』を無料試し読み👆

 

恵介と狩りに行った大悟

大悟が、後藤家を調べていると聞いた村民は

恵介のところに押しかけて

大悟を殺そうと主張した

そこで恵介は、大悟を狩りに連れ出した

 

恵介は、後藤家を調べているか

聞いてきたので、大悟は

村人の怪しい反応を見れば

調べるのは当たり前だと言い返した

 

すると恵介は、いきなり銃を構え

大悟の背後にいた、イノシシの

子どもを殺した

そして子どもは美味しいのだと言って

捌いたイノシシの肉を食わせてやると言った

 

しかしその日は、ましろの誕生日だった

 

>>>『ガンニバル』を無料試し読み

 

続きはコチラ👇

ガンニバル 4巻〜食人を確かめるため有希たちを山伏に預け単身後藤家に乗り込む大悟のネタバレ・感想・無料試し読み!

 

ガンニバル 3巻の感想

とうとう顔を喰われた男まで現れました

さぶは、あの獣くさい男に

孫まで喰わせていたようです

後藤家以外の人たちが、どうして

後藤家を畏れ続けているのかは

まだ分かりませんが

やはりあの獣くさい男が

関係しているのでしょうね

大悟は、後藤家のことを調べていますが

肝心のましろの誕生日を忘れています

でも下手をすると、ましろが

あの獣臭い男の、エサに

されてしまうかもしませんが大丈夫でしょうか

恐らく祭りの日に、何かが起こるのは

間違いないので、どんなことが起こるのか

とても心配になってしまう展開でした

 

⇒『ガンニバル』を無料試し読み👆

 

『ガンニバル』を実際に読むには?

この記事を読んで『ガンニバル』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「ebookjapan」で実際に読んでみましょう

下記リンク先をクリックすればebookjapanのサイトへと行くことができます

是非一度、ebookjapanのサイトで試し読みしてみてください♪

⇒ebookjapanはコチラ

 

購入して読んでもいいという方は、実際に会員登録してみましょう

会員登録自体は無料でできて、既にお持ちのYahoo!アカウントでもログインできます

PayPayで決済できてTポイントも貯まりますよ

試し読みで最後まで読みたくなったら、実際に買って読んでましょう

⇒ebookjapanで実際に読んでみよう👆

 

Copyright© まんがの杜 , 2020 All Rights Reserved.