ガンニバル 3巻~大悟の前に現れた村の祭りで顔を喰われた男のネタバレ・感想・無料試し読み!

『ガンニバル』3巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

この作品は電子書籍ストアのeBookJapanでも配信されています

すぐに読んでみたい人は書影をクリック👇

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

ガンニバル 3巻ってこんなお話

さぶに謝罪するハメになった大悟

大悟は狩野がさぶたちから村八分にされていたと聞いても、すぐには信じられなかった

のぞきをされた有希は、ましろのことを考えて訴えたりしなかった

そして穏便に済ませて、波風立てずに村で生きていこうと言った

しかし大悟は狩野の家族に何があったのかやはり知りたかったので、すみれに電話をかけた

大悟は村人からどんなことを受けたの、かすみれに聞きたかった

するとすみれは、父親を殺したのは後藤家の奴らだと言った

母親は何か見られているように感じていたが、今はそのことを聞けるような状態ではないと話した

大悟は落書きのことを理由に、駐在所の周囲にフェンスを立て始めた

しかしさぶがやってきて、そんなことをしたら村民たちを疑っているように見えるので止めるように言い出した

大悟はさぶにそんなことを言われ、思わずめんどくせえと言ってしまった

すぐにそれは村中に広まったので、仕方なく大悟はさぶに謝らなければならなくなってしまった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

顔を喰われた男

大悟に突然すみれから教えてもらった電話番号から、電話がかかってきた

電話の相手は狩野の協力者だったと名乗ると、大悟一人で指定した場所へ来るように要求してきた

それで大悟は村民にバレないように指定された場所へとやってくると、一人の男が現れた

その男は大悟に、村の祭りで喰われた自分の顔を見せた

自分には戸籍がないというその男は、村では喰われるために戸籍のない子どもを作っているのだと大悟に教えた

大悟は遅れて祭りの太鼓の練習に行くと、神社の宮司の宗近が現れた

宗近は大悟に村から出るように忠告すると、昔は祭りでは口減らしのために子どもが奉納されていたと教えた

すると衛星携帯を宗近が使っていたので、大悟は宗近も狩野の協力者の一人だったのではないかと思った

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

食人サイトの運営者

ある男は事故を装い、大悟を呼び出して接触を図ってきた

街のラブホへ行くと、その男は自分が大悟が村に来る前に見たあの食人サイトの運営をしていると言った

大悟の見た記事は、あの顔を喰われた男が書いていた

そして村では生まれたばかりの子どもを死産として、喰うためにキープしているのだというのだ

それを突き止めようとした狩野は、子どもたちが後藤家にいると判断したが、見つける前に殺されたのだった

加奈子の子どもを奪った銀

有希は飲み会でさぶの娘の加奈子に、暴行の痕があることに気づいた

そして加奈子は死産とされた自分の子どもは、まだ生きていると主張した

大悟がその話を聞いてさぶに家に行くと、加奈子から話を聞くことにした

加奈子は自分の子どもの出産に立ち会った後藤家当主の銀が、子どもを盗ったと主張した

しかしさぶの妨害もあったので、やむなく大悟は宗近に後藤家のことを訊ねた

村の大地主だった後藤家のことを、村人は畏れれていた

助産師だった銀が子どもを殺したという母親たちが、何人もいるのだと聞き出すことができた

夜、家を抜け出した加奈子は、銀が子どもを死産だと言って連れ出す際に、子どもの手が動いて銀は笑みを浮かべていたと話してくれた

その頃、駐在所にはさぶたちが押しかけてきていたので、大悟は加奈子を連れて戻ってきた

すると掴みかかってきた男を投げ飛ばしてしまうと、自分は後藤家のことを調べているとハッキリとさぶたちに言った

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

恵介と狩りに行った大悟

大悟が後藤家を調べていると聞いた村民は、恵介のところに押しかけて大悟を殺そうと主張した

そこで恵介は、大悟を狩りに連れ出した

恵介は後藤家を調べているか聞いてきたので、大悟は村人の怪しい反応を見れば調べるのは当たり前だと言い返した

すると恵介はいきなり銃を構え、大悟の背後にいたイノシシの子どもを殺した

そして子どもは美味しいのだというと、捌いたイノシシの肉を食わせてやると言った

しかしその日は、ましろの誕生日だった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

続きはコチラ👇

ガンニバル 3巻の感想

とうとう顔を喰われた男まで現れました

さぶはあの獣くさい男に、どうやら孫まで喰わせていたようです

後藤家以外の人たちが、どうして後藤家を畏れ続けているのかはまだ分かりません

でもやはりあの獣くさい男が、やはり関係しているのでしょうね

大悟は後藤家のことを調べていますが、肝心のましろの誕生日を忘れています

でも下手をするとましろが、あの獣臭い男のエサにされてしまうかもしませんが大丈夫でしょうか

恐らく祭りの日に、何かが起こるのは間違いないでしょう

でもどんなことが起こるのか、とても心配になってしまう展開でした

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

『ガンニバル』を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

お父さんが早く死にますように。

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

秘密の授業

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?