致死量の果実~汗も尿も甘い双子 11巻~松枝からの養子話を持ってきた探偵の克彦のネタバレ・感想・無料試し読み!

『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』11巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』の、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンク先の試し読みボタンをクリックして試し読みしてみて下さい♪

Yahoo!アカウントでもログインすることができて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

⇒ebookjapanで『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』を無料試し読み

 

下記の書影をクリックして無料試し読み!👇

 

致死量の果実~汗も尿も甘い双子 11巻ってこんなお話

佐武を順子に盗られ桂に犯される夢を見てしまう藍

佐武の中毒が治った夢を、藍は見ていた

だが佐武は、藍ではなく順子を選び

キスをして順子は、やはり子どもでは

ダメだと言った

 

すると今度は、桂が現れ

藍とセックスし始めた

そこで目を覚ました藍だったが

桂は何を考えているのか分からないので

本当に和子を殺してしまって

桂と二人で暮らしても

幸せになれるのかと思ってしまった

 

エロ親父の松枝の養子話

藍を気に入っているエロ親父の松枝から

紹介を受けたという男が、電話をかけてきた

一見客はとらない主義の和子だったが

お金が欲しい和子は

1時間だけという条件で承諾した

 

現れた男は、わざと水をこぼして

和子が部屋から出ていったことを確認して

自分が探偵の克彦だと名乗った

藍の尿を飲んでから、何かおかしくなった松枝が

二人のことを調べるために、松枝を雇ったのだ

 

松枝は、自分に協力すれば

松枝に尿を飲ませる条件で

二人を助け出して、松枝の養子として

学校にも通わせてもらえるというのだ

和子が部屋に戻ってきたので

松枝は話を止めて、二人から離れてしまった

 

松枝の中毒を酷くすればいいと言ってしまう藍

二人とも、松枝の言ったことは

信用できないと思っていたが

藍は、松枝は嫌いでも

やはり養子になって、学校に行けるのは

和子に監禁されている今の状態よりは

よくなると言った

 

しかし桂は、松枝の養子になってしまうと

自由に佐武のところへは行けなくなると脅すと

藍は、松枝に尿を飲ませて

中毒を酷くしてしまえばいいと言い出した

 

>>>『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』を無料試し読み

 

続きはコチラ👇

致死量の果実~汗も尿も甘い双子 12~13巻~桂とキスして舌を入れられても拒めない順子のネタバレ・感想・無料試し読み!

 

致死量の果実~汗も尿も甘い双子 11巻の感想

あのエロ親父の松枝は、藍を手に入れたいようです

藍の尿を飲ませればいいと克彦は言っていますが

和子のように監禁して、二人を弄ぶつもりでしょう

藍も桂も、それを警戒していますが

藍は、佐武に会いたいので

さらに松枝を中毒にすればいいと言っています

佐武が好きな藍は、順子にも盗られてしまうと

恐れているので、どんどん過激なことを

言い出していますが、本当にそれが上手くいくのか

心配になってしまいますね

 

⇒『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』を無料試し読み👆

 

『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』を実際に読むには?

この記事を読んで『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「ebookjapan」で実際に読んでみましょう

下記リンク先をクリックすればebookjapanのサイトへと行くことができます

是非一度、ebookjapanのサイトで試し読みしてみてください♪

⇒ebookjapanはコチラ

 

購入して読んでもいいという方は、実際に、会員登録してみましょう

会員登録自体は無料でできてYahoo!アカウントをお持ちの方はそれでログインできます

PayPayで決済できてTポイントも使えますよ

試し読みで最後まで読みたくなったら、実際に買って読んでましょう

⇒ebookjapanで実際に読んでみよう👆

 

© 2020 まんがの杜