妻の秘密、売ります。 4~6巻~勃起をして迫る生江に毎日フェラをするようになってしまった亜希良のネタバレ・感想・無料試し読み!

『妻の秘密、売ります。』4~6巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では『妻の秘密、売ります。』の簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンク先の試し読みボタンをクリックして試し読みしてみて下さい♪

Yahoo!アカウントでログインすることができて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

⇒ebookjapanで『妻の秘密、売ります。』を無料試し読み

 

下記の書影をクリックして無料試し読み!👇

 

妻の秘密、売ります。 4~6巻ってこんなお話

生江に手を揉まれ喘ぎ声をあげてしまう亜希良

亜希良は、結婚生活には満足していたが

和人はFXで失敗して、髪型を変えた亜希良に

全く関心を示さなかった

 

それで苛ついていた亜希良は

結実から潤いを取り戻すために

合コンに行くことになった

亜希良に声をかけてきた生江は

ちゃんと亜希良の髪型を褒めてくれた

 

合コンへと行くと、生江が感じをしていて

周りを見て、みんなに会話を振って

飽きさせないようにして盛り上げていた

生江は、マッサージも得意だというので

亜希良の手も揉んでくれたが

思わず亜希良は、喘ぎ声をあげてしまった

 

外に逃げ出した亜希良は

男に売春婦と間違えられたが

助けてくれた生江にキスされてしまった

 

毎日生江にフェラ奉仕をする亜希良

亜希良は、課長から生江に頼まれた契約書が

2重契約になっていると指摘されてしまった

それを生江は助けてくれたが

自分が無理に頼んだからだと言って

去り際には、亜希良が好きだと告った

 

仕事に手がつかない亜希良は

残業してしまったが

生江は、コーヒーを持ってきてくれた

こぼれそうになったコーヒーを

こぼすまいとした亜希良は

生江に抱きついてしまった

生江は勃起していて、セックスを求めてきた

一度だけという生江の言葉を聞いた亜希良は

とうとう生江の求めに応じてしまった

 

最後まではしなかった亜希良だったが

生江に毎日フェラをして奉仕していた

生江のアソコをしゃぶりながら

亜希良はアソコをいじられ、イかされていた

 

⇒『妻の秘密、売ります。』を無料試し読み👆

 

和人のカード明細を見て疑念を抱く亜希良

亜希良は、生江にそんなことを

されていることに、後ろめたさを感じていた

そこで亜希良は、和人を外に連れ出したが

カフェで生江と会うと

和人は急に様子がおかしくなったので

もう生江には会えないと思った

 

家に帰ると和人は

亜希良を押し倒してきたので

フェラをしてあげたが

和人は亜希良に、挿れてくれなかった

 

朝、亜希良はゴミを捨てにいくと

和人のカード明細が捨てられていた

そして明細を見ると、なんと和人は

借金をしていた

自分に隠し事をして、借金までしている和人に

亜希良は疑念を抱くのだった

 

>>>『妻の秘密、売ります。』を無料試し読み

 

最初から読み直すならコチラ👇

妻の秘密、売ります。 1巻~妻の亜希良の秘密を売って10万円のネタバレ・感想・無料試し読み!

 

妻の秘密、売ります。 4~6巻の感想

亜希良は、生江に浮気してしまいましたが

和人がFXで失敗して

全く亜希良を見なくなったのが

大きな原因でしょうね

恐らく生江は、頼んだ契約書は

初めから2重契約と分かっていて

亜希良を嵌めて、手に入れるために

わざとやったのだと思います

どうやら生江には、彼女がいるみたいなので

亜希良は堕として最後には

捨てるつもりだと思います

確かに和人にも問題がありますが

このまま亜希良は生江にハマってしまっても

いいことはないでしょうね

 

⇒『妻の秘密、売ります。』を無料試し読み👆

 

『妻の秘密、売ります。』を実際に読むには?

この記事を読んで『妻の秘密、売ります。』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「ebookjapan」で実際に読んでみましょう

下記リンク先をクリックすればebookjapanのサイトへと行くことができます

是非一度、ebookjapanのサイトで試し読みしてみてください♪

⇒ebookjapanはコチラ

 

購入して読んでもいいという方は、実際に会員登録してみましょう

会員登録自体は無料でできて、既にお持ちのYahoo!アカウントでもログインできます

PayPayで決済できてTポイントも貯まりますよ

試し読みで最後まで読みたくなったら、実際に買って読んでましょう

⇒ebookjapanで実際に読んでみよう👆

 

 

© 2020 まんがの杜