子宮を貸して 7~8巻~高志と茜の不倫現場を目撃してキレてしまう円花のネタバレ・感想・無料試し読み!

『子宮を貸して』7~8巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では『子宮を貸して』の、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンクをクリックして、まんが王国で『子宮を貸して』を検索して試し読みしてみて下さい♪

⇒📖まんが王国で『子宮を貸して 』を無料試し読み👆

 

🔻絵付きですぐに読みたい人は、書影を今すぐクリックしよう!🔻

 

子宮を貸して 7~8巻ってこんなお話

円花たちを離婚へ追い込むことに決めた茜

満子を見た円花は、驚いていたが

そんな円花に、満子は親しげに挨拶した

だが高志は、二人から満子を引き離そうとしたが

満子は、円花に子どもを助けたと言ったが

内心満子は、円花は不妊治療にも失敗して

夫も妹に寝取られた、哀れな女だと思っていた

 

虐待の疑いがあったので

茜たちは、子どもに会うことができなかった

高志は、自分たちの浮気が

バレていないのか内心恐れていた

 

子どもたちのことを

説明しようとした円花だったが

高志に止められ、茜からは

虐待で警察に、捕まってしまうだろうと

涙を流しながら睨まれてしまった

 

茜は、この機会に円花と高志を

離婚に追い込むつもりだった

警察の取り調べを受けていた陸は

円花の命令で虐待をしていたと

ウソの証言をしていたが

その証言は、警察は信用していなかった

 

⇒『子宮を貸して 』を無料試し読み👆

 

茜を殴れない円花

高志は、茜にやはり不倫関係を

終わりにしようと言ったが

茜は、高志に思い出として

最後のセックスをしようとお願いした

 

円花は、茜から満子が来たと

ウソのメッセージが届き、慌てて自宅へと向った

円花は、茜は心を病んでいると思っていて

それが自分のせいなのだと思い込んでいた

しかし自宅へとやってくると

なんと茜と高志は、セックスをしていたので

激怒した円花だったが、お腹が膨らんでいる茜を見て

茜を殴ることができなった

 

そんな円花に茜は、円花も高校時代に

中絶経験があると暴露してしまった

相手が真春だと言われてしまった円花は

家から逃げ出してしまった

 

お腹の赤ちゃんのことをバラす茜

茜の家で寝込んでいた円花を

満子が訪れてきた

満子は、とうとう不倫が発覚したのだと気づき

自分と関係を断つという円花に

自分は円花に、裏切られ傷つけられたと言った

 

円花は、高志と児童相談所で会うと

昨日のことを謝り、やり直したいと言った

高志もやり直そうと言ってくれたが

そこにやってきた茜が

お腹の子どもが、自分と高志の子どもだと

バラしてしまった

 

元カレ真春

1週間前

円花の元カレの真春は

なぜか円花の自宅にやってきていた

 

>>>まんが王国で『子宮を貸して 』を無料試し読み

 

続きはコチラ👇

子宮を貸して 9~12巻~元カレの真春と再会し代理出産を頼まれる円花 のネタバレ・感想・無料試し読み!

 

子宮を貸して 7~8巻の感想

とうとう円花は、茜と高志の関係を

知ってしまいました

それにしても高志は、茜と関係を

終わらせようと言いながら

また関係をもってしまうのは

あまりにも軽率です

普通なら茜の狙い通りに

離婚に追い込まれてしまうでしょうが

円花はどううするでしょうね

円花は高校時代に、中絶経験があるみたいですが

恐らく不妊の原因になっているでしょう

なぜか相手の真春が、自宅を訪れていたようですが

どんな目的で、円花に近づこうとしているのでしょうか

高志の不倫もバレてしまったので

ダブル不倫の展開になってしまうかもしれませんね

 

⇒📖まんが王国で『子宮を貸して 』を無料試し読み👆

 

子宮を貸して を実際に読むには?

この記事を読んで『子宮を貸して』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で、『子宮を貸して』と検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます。是非一度、まんが王国のサイトで『子宮を貸して』を検索してみて下さい♪

⇒まんが王国はコチラ

 

購入して読んでもいいという方は、実際に、会員登録してみましょう。会員登録自体は、無料でできますよ

まずは必要な分だけポイントを、500円~購入してみましょう

まんが王国を利用してみて、継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

⇒まんが王国で『子宮を貸して』を実際に読んでみよう👆

 

© 2020 まんがの杜