名前も呼ばないあのひとと 7~8巻~かなこが作った玉子サンドをおいしいと言って食べてくれたそうた のネタバレ・感想・無料試し読み!

『名前も呼ばないあのひとと』7~8巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

この作品は電子書籍ストアのeBookJapanでも配信されています

すぐに読んでみたい人は書影をクリック👇

名前も呼ばないあのひとと 7~8巻ってこんなお話

玉子サンドの思い出

かなこの服は酒臭かったので、そうたは自分の服を貸してあげた

そしてお風呂からあがってきたかなこは、お腹が空いた言い出た

そこでサンドイッチとどら焼きを作り、そうたと一緒に公園で食べた

自分が作った玉子サンドを見ながら、かなこは大学時代にまみから玉子サンドが地味だと言われたことを思い出した

しかしそうたは、かなこが作ってくれた玉子サンドが美味しいと言ってくれた

その言葉を聞いたかなこは、大学時代にも自分らしく本音を言えればよかったと思った

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

4人での飲み会

かなこはえいじから飲み会をしようと誘われたのでいくみを誘ってみた

しかしいくみは不倫情報を流されて、すぐに返信できなかった

かなこはそうたに服を返して、飲み誘うと頭をポンと叩いて承諾してくれた

そうたはかなこが残業ですぐに来れなくなったので、一人で先にお店にいくと既にいくみが席に座っていた

いくみは付き合っていた男に不倫されて捨てられたと話し酒を飲もうとした

そかしそうたは前のようなると言って、いくみがお酒を飲むのを止めさせた

そこにえいじがやってきたので、いくみはかなこからイヤリングを借りたといった

それを聞いたそうたは、なぜか顔面蒼白になった

そしてそうたは、かなこが来ると顔を真っ赤にしてトイレに行ったので、いくみはまた自分ではないんだとつぶやいたのだった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

名前も呼ばないあのひとと 7~8巻の感想

かなことそうたは、なんだか良い感じになってきています

いくみは会社で噂にもなっているので、それで不倫していた男に捨てられてしまったようです

恐らくそれならそうたならといくみは考えていたみたいです

でもそうたは、どう見てもかなこに気があるように見えるので諦めざるを得ないでしょうね

えいじは、いくみのことが気になったようです

この後、どんな展開になっていくでしょうね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

続きはコチラ👇

「名前も呼ばないあのひとと」を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

© 2021 まんがの杜