婚姻届に判を捺しただけですが 16~20巻~美晴の誕生日の日の会食を断るようにいう柊にキレてしまう明葉 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『婚姻届に判を捺しただけですが』16~20巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では『婚姻届に判を捺しただけですが』の簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンク先の試し読みボタンをクリックして試し読みしてみて下さい♪

Yahoo!アカウントでログインすることができて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

⇒ebookjapanで『婚姻届に判を捺しただけですが』を無料試し読み

 

下記の書影をクリックして無料試し読み!👇

 

婚姻届に判を捺しただけですが 16~20巻ってこんなお話

柊の言葉で落ち込む明葉

明葉は、柊のキスのことがやはり気になっていた

そんな明葉は、新人賞候補のサキが受賞を期待していないほうがいいと言ったので、自分もそうしようと思った

 

柊が買ってきていたバラの花言葉で、またガッカリしていた明葉は、柊と一緒におもちを動物病院へと連れていった

すると唯斗がケガをしたので、明葉が病院へと連れて行くことになった

唯斗はこの前のキスは、明葉を異性と意識してしたのだと言った

帰宅すると柊は、なんだかモヤモヤすると言ったので、明葉は嫉妬してくれているのだと思った

 

しかし柊は突然、自分と唯斗のキスはどちらがよかったのかと聞いてきた

柊のキスがよかったと言おうとしてが、柊は明葉を励ますためにしたのだと言ったので、また明葉は落ち込んでしまった

 

明葉は唯斗に誘われて食事会に行った

すると唯斗は明葉を、両親に結婚前提の付き合いをしていると言い出した

柊もそこに来ていたので、唯斗は形だけの夫婦を続けることは、明葉にとっては辛いはずだと言った

 

初恋の相手の代わり

明葉が目を覚ますと、なんと大量のスコーンを柊が作っていた

そして柊は、実家の手伝いをするために実家へと行ってしまった

 

柊と唯斗が捨てネコを拾ってきたが、唯斗が泊まり込みでネコの世話をすると言い出した

そんな唯斗と柊を家から追い出した明葉は、一人でネコの世話をすることになった

すると柊は、会社でおもちを世話した際に参考にした本を渡してくれた

 

柊は実家の手伝いが終わると、旭からすぐに帰るように言われた

しかし家に帰る途中で、唯斗が明葉に迫っている理由が、初恋の相手の代わりだからだというのを聞いてしまった

だが唯斗は、自分よりも柊が自分勝手な恋で明葉を巻き込んでいると柊に言った

 

帰宅した柊は、ネコの父親になると言うと、唯斗の話をした

明葉は、唯斗の話を柊のことだと勘違いしていると、柊が明葉が妊娠していると勘違いしていることを知った

それで明葉は、柊に誤解だと分からせると、柊は唯斗に謝りに行った

すると唯斗は柊に、今の初恋を貫くべきだと言ったのだった

 

⇒『婚姻届に判を捺しただけですが』を無料試し読み👆

 

プレゼントの準備をする柊にキレてしまう明葉

美晴の誕生日が近づいてきていた

明葉は、柊が美晴の誕生日プレゼントのケーキを作るのだろうと思っていた

そして美晴の誕生日に、会社の会食の予定が入っても、柊はその会食を断れないかと言ってきた

それにキレた明葉だったが、その上に柊が美晴に高いペンダントを見ているのを目撃してしまった

 

それでとうとう明葉は、仕事の半休を取ったという柊に、自分より美晴を優先するのかとキレた

そう言われてしまった柊は、怒ってどこかへと行ってしまった

 

明葉は、美晴にプレゼントを渡しに行くと、柊は美晴に何もプレゼントしていなかった

そして帰宅すると、柊は忘れてやっていなかった明葉の誕生日のために、ケーキを作ってくれていた

それで明葉は、柊は自分のためにいろいろ準備していたのだと気づいて、泣き出してしまった

明葉は柊に謝ると、柊も自分の価値観を押しつけていたと言って謝ってくれた

 

先輩の企画を引き受けた柊

柊は、先輩に代わってSNS発信の料理本を担当することになった

柊は、明葉にプレゼントのことを聞いてきたが、その際に明葉はSNSの投稿を見てしまい、美晴と同じだと感じていた

そして柊は、打ち合わせのために喫茶店にやってくると…

 

>>>『婚姻届に判を捺しただけですが』を無料試し読み

 

続きはコチラ👇

婚姻届に判を捺しただけですが 21~25巻~自分の代わりはいくらでもいるという香菜にブチ切れてしまう明葉 のネタバレ・感想・無料試し読み!

 

婚姻届に判を捺しただけですが 16~20巻の感想

明葉は、唯斗の両親に結婚前提で付き合っている相手だと紹介されていましたが、大丈夫でしょうか

唯斗は、初恋の相手の代わりに明葉を手に入れようとしているようですが、かなり強引ですね

明葉は、柊が美晴の誕生日のためにいろいろ準備しているのだと勘違いしていました

でも柊は明葉のためにケーキを作ってくれていました

美晴にはプレゼントをあげていなかったので、柊も少しずつ美晴のことは諦めつつあるのかもしれませんね

柊は先輩から引き受けた企画のために香菜と会っていますが、明葉は香菜が美晴に似ていると感じていたので、かなり警戒するでしょう

この後、香菜と会った柊がどんな反応をするのかが気になってしまいますね

 

⇒『婚姻届に判を捺しただけですが』を無料試し読み👆

 

「婚姻届に判を捺しただけですが」を実際に読むには?

この記事を読んで『婚姻届に判を捺しただけですが』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「ebookjapan」で実際に読んでみましょう

下記リンク先をクリックすればebookjapanのサイトへと行くことができます

是非一度、ebookjapanのサイトで試し読みしてみてください♪

⇒ebookjapanはコチラ

 

購入して読んでもいいという方は、実際に会員登録してみましょう

会員登録自体は無料でできて、既にお持ちのYahoo!アカウントでもログインできます

PayPayで決済できてTポイントも貯まりますよ

試し読みで最後まで読みたくなったら、実際に買って読んでましょう

⇒ebookjapanで実際に読んでみよう👆

 

© 2020 まんがの杜