「子供を殺してください」という親たち 21~25巻~誠一の奇行で精神的に追い詰められナイフを隠し持ってしまう雄二郎のネタバレ・感想・無料試し読み!

『「子供を殺してください」という親たち』21~25巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

『「子供を殺してください」という親たち』は、電子書籍サイトのebookjapanでも読むことができます

下の書影をクリックして試し読みボタンを押して実際に読んでみましょう👇

「子供を殺してください」という親たち 21~25巻ってこんなお話

弟の雄二郎のスーツを燃やしてしまう誠一

雄二郎は兄の誠一が奇行を続けていたので、折りたたみナイフを使わなければならないかもしれないと思っていた

それで雄二郎は、母親とともに剛の事務所へやってきた

母親は病院から誠一が退院を迫られていると言って、剛になんとかして欲しいと泣いて頼み込んだ

雄二郎は、誠一はいつも根性焼きをしていて金をせびられていると話すと、金を渡さないと今度は母親に金をたかるのだと言った

そんな雄二郎は高校教師で、彼女と結婚して普通の生活を送りたいと思っていた

しかし誠一は、雄二郎のスーツを見つけると庭でいきなり燃やし始めた

仕事をしていた雄二郎はいつか誠一を殺してやろうと思い詰めていると、家が火事になっていると連絡を受けた

それで家に駆けつけた雄二郎は、電話をかけてきた母親を叱りつけ、誠一は措置入院になったのだった

追い込まれていた雄二郎

雄二郎は入院した誠一の世話をしていたが、誠一から医者にいつ退院できるのか聞いてこいと命令されたりしていた

その上、雄二郎は彼女の美里からは、誠一と家族関係になることをためらっていると言われてしまった

それで雄二郎は差別するなと叫ぶと、美里は部屋を飛び出していってしまった

雄二郎は幼い頃から奇行を行っていたと誠一は話すと、母親に1億円を要求して首を絞めてしまったので入院措置になってしまったのだと言ったこと

しかし半年で誠一は退院してしまうと、それからさらに酷くなっているので、剛はこのままでは雄二郎までおかしくなってしまうと言った

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

雄二郎だけを助けるという剛

二度目の入院の後、退院した誠一はトイレットペーパーを使いまくって、雄二郎に買ってこいと命令した

しかし誠一はそれを拒否すると、なんと誠一は、雄二郎を鋏で刺してしまったのだ

そのことで誠一は、今度は医療保護入院となった

雄二郎は母親に、誠一の面倒を見るようにいうと母親は父親のことを言い出したので、ついに雄二郎はキレてしまった

母親は誠一を助けてくれる人はいると言ってが、金を惜しくなったのか剛には頼んでいないと言い出した

その言葉にさらに雄二郎はキレたが、剛は雄二郎だけを助けると言った

緒方のいる病院に入院した誠一

誠一が退院したので、あかねが誠一の素行調査をした

報告で誠一の状態を知った剛は、一刻も早く治療を受ける必要があると判断した

しかし誠一を受け入れてくれる病院はなく、明らかにブラックリスト入りしていた

すると母親が根気強く治療してくれる病院があると言っていたということだったので、剛は話すように求めた

水柱病院の緒方が長期入院を勧めたにも関わらず、母親が誠一の病気の診断名が気に入らなかったので、断ってしまっていたのだった

そこで緒方のいる病院へと行くと、緒方は江雄二郎が保護者になることを条件に入院を許した

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

30年前のことを思い出す剛

入院を前に、剛は誠一と海に行くことにした

すると誠一はアイドルの歌を歌ったりして、楽しそうな表情を見せた

そんな表情を見ていた剛は、30年前の高校時代の時のことを思い出した

学生時代の剛は、学校への通り道にある精神病院の閉鎖病棟の男たちに関心を持った

最初はいきなり殴られたりしたが、段々と男たちと親しくなり、本当は面白い人たちなのだと思ったのだった

雄二郎は誠一を病院に入れようとする自分は酷い奴なのだろうかと言ったが、剛は病院でしか生きられない人もいるのだと答えた

すると雄二郎は誠一のような人間でも生きる意味があるのかと聞いてきたので、剛はそれでも命は大切にしなければならないのだと答えた

緒方は入院した誠一を根気強く治療してくれた

そして雄二郎も彼女と関係を修復できたので、隠し持っていたナイフも持たなくなった

事務所に戻った剛は、自分が進学して別れることになったときに、閉鎖病棟の男たちが泣いてくれたときのことを思い出したのだった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

続きはコチラ👇

「子供を殺してください」という親たち 21~25巻の感想

誠一は自分にも根性焼きをして舌まで切り落としたりしていて、周囲にも迷惑をかけまくる酷い奴でした

でももしかするとあの無責任な母親が原因で、おかしくなったのかもしれませんね

ようやく誠一を根気強く治療してくれる緒方のいる病院に入院することになりましたが、それでもなかなか普通の生活には戻れないでしょうね

でもずっと誠一の面倒を見ていた雄二郎は、かなり負担が減ったようです

彼女との関係も戻っているので、なんとか結婚して普通の生活が送れるようになって欲しいですね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

「子供を殺してください」という親たち を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

© 2021 まんがの杜