ガンニバル 5巻〜クールー病を患った銀を中村に診せに来ていた狩野 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『ガンニバル』5巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

この作品は電子書籍ストアのeBookJapanでも配信されています

すぐに読んでみたい人は書影をクリック👇

ガンニバル 5巻ってこんなお話

密かに後藤家の捜査をしていた署長

大悟は後藤家に現れた署長によって、警察署に連れていかれた

供花村出身の署長を大悟は信用できないと言ったが、署長は村のしきたりに疑問を持っていた

そして署長は村とは関係ない県本部の刑事を集めていて、極秘に後藤家を捜査していた

大悟は解剖医の中村は睦夫に脅迫されていて、見つかった狩野の指には誰かの唾液がついていたことが隠していたと聞かされた

その話を聞いた大悟は、その唾液は後藤家であの人として特別に扱われていたあの大男のものだと言ったが、その大男は戸籍にも載っていない男だった

その上、恵介たちの母親で銀の長女の藍は、後藤家から脱走して失踪中で行方不明だった

藍の存在を知った大悟は、藍があの顔を喰われてしまった男を救出したと推測した

そして大悟は後藤家潜入の際にワザと後藤家の奴らに捕まることで、監禁されている子どもたちのいる場所を密かにクロニクル運営者の宇多田に調べさせていた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

子どもたちの奪還作戦をやると決めた大悟

それでようやく子どもたちが監禁されている場所が判明した

翌日の朝の奉納祭のために村人が神社に集まるときが、子どもたちの奪還作戦を実行できる絶好の機会だった

上手くいけば警察の特殊部隊を使って後藤家を壊滅できるが、やはり危険なので署長は大悟にこの件からはもう降りてもいいと言った

奪還作戦をやると署長に伝えた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

狂い病

署長は大男のことを調べるために、村では最年長の自分の祖父に後藤家のことを聞きにいった

すると昔から村では食人の噂があり、しきたりに逆らう者には容赦ない暴力が振るわれていた

そして後藤家の人たちは何かの病気に罹る人がいて、その病気になってしまうと異常なまでにずっと笑っていたというのだ

その頃、大悟は中村の警護をしていたが

中村は、半年前に銀がずっと笑っていたので、狩野が自分のところに診せにきたと言った

中村は銀の症状が、食人習慣があるところで起きるクールー病のようだったというと、昔のカルテにも狂い病として書かれていたというのだ

その後、銀を中村に診せたことがバレてしまい、狩野は村八分にされて殺されて、銀も無残な姿で発見されてしまった

銀の死が本当にクマによるものなのか疑問に思っていた大悟は、銀はやはり誰かに喰われたのだろうと思った

そして中村は、カルテに狂い病と書かれた人物とあの大男は一致していると話した

そして中村は発症したら死を免れないハズのクールー病が、何か変化してあの大男は生き続けているのではないかと推測した

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

自分は庇われているという藍

そこに顔を食べられた男が電話してきたので、大悟は男に藍の息子かと訊ねた

しかし分からないと答えた男は藍は生きているというと、安全を確保してくれれば後藤家壊滅のために動いてくれるように藍を説得すると言ってくれた

顔を食べられた男は、藍に子どもたち救出のために証言してくれるように頼んでいたが、藍はそれを拒んでしまった

そして泣きながら藍は、恵介たちを庇っているのかと聞く男に、自分が庇われているのだと言った

再び後藤家に潜入する大悟

宗近は呼び出した恵介に、村の権力者だった銀や自分の父親も亡くなったというと、自分たちで子どもたちを解放して、村のしきたりを終わらせようと言った

しかし恵介はそれを拒むと宗近は銃で恵介を脅したが、恵介は簡単に宗近を殴り倒してしまった

そして恵介は宗近に、しきたりは絶対にやらなければならないものなのだと言った

大悟は証拠が揃わず特殊部隊の投入許可も下りなかったので、一人で後藤家に潜入して監禁されている子どもたちを救い出すと言い出した

署長たちはそんなことは無謀だと言ったが、刑事の豪だけは大悟を支持した

そして豪は大悟なら救出できるというと、大悟を一人で後藤家に向かわせたが、豪は失敗して大悟が死ねば、それで特殊部隊の投入が出来ると考えていた

恵介は睦夫に裏切り者だと疑われていたが、洋介ができなくても必ずやると言っていた

奉納祭当日になると恵介たちは、生贄になる男の子と洋介がいる牢屋へ向かっていたが、大悟も子どもたちを救出するために潜入を開始していた

そしてすみれも、恵介の名前を呟きながら村に戻ってきていていた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

続きを読むならコチラ👇

ガンニバル 5巻の感想

恵介たちの母親の藍は村を脱走していましたが、自分は恵介に庇われていると言っています

もしかすると恵介は顔を食べられた男と藍を逃がし、自分は村のしきたりを守っているように見せながら、どこかで食人のしきたりを終わらせるつもりなのかもしれません

そのためには自分も犠牲になっても構わないと思っている恵介は、しきたりを終わらせようと言った宗近にもあんな態度を見せたように思います

大悟は一人で子どもたちを救出するため、また後藤家に潜入しています

子どもたちを救出できれば後藤家を壊滅させられますが、やはり簡単には上手くいかないでしょう

すみれも村に向かっているようですが、どうやら誰かの子どもを妊娠しているようです

以前の恵介とすみれの感じからすると、もしかしたら恵介の子どもかもしれませんね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

『ガンニバル』を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

© 2021 まんがの杜