致死量の果実~汗も尿も甘い双子 2巻~佐武に子種を要求する藍のネタバレ・感想・無料試し読み!

『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』2巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』の、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンク先の試し読みボタンをクリックして試し読みしてみて下さい♪

Yahoo!アカウントでもログインすることができて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

⇒ebookjapanで『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』を無料試し読み

 

下記の書影をクリックして無料試し読み!👇

 

致死量の果実~汗も尿も甘い双子 2巻ってこんなお話

和子に反抗する桂

ヤクザな男を相手にしている桂を待つ藍

すると桂が戻ってきて

和子は、男がとても満足していたと話した

和子がそっちでも稼げると言うと

桂はくたばれババアと罵った

反抗期かいと言う和子は

桂たちをどう使うかは

自分次第だと言って去った

 

フェラだけで、ヤクザな男は

イッたと話す桂に藍が謝ると

桂は気にしなくてもいいと答えた

 

佐武にキスをして唾液を飲ませる桂

藍を心配して、やってきた佐武

藍は、佐武と会うと嬉しいと言った

そして佐武に、自分たちと一緒に

暮らそうと言い出す

嬉しいが、他の患者も診ないといけないと

佐武は言った

 

藍がお風呂へ行った後

男にフェラした桂に

佐武は身体を大事にするように言った

藍が無事ならという桂は、優しいという佐武に

桂は自分たちの味を知ると

佐武も欲しくなると言って

佐武にキスをして、自分の唾液を飲ませた

 

診療所に戻った佐武だったが

どれだけ水を飲んでも満たされないでいた

 

⇒『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』を無料試し読み👆

 

藍の前で射精して飲む桂

和子は、藍と桂に子作りしなければ

ご飯を食べさせないと言った

そこで桂は、セックスするフリをして

ご飯を貰おうと言った

布団に潜り込み、抱き合う二人

暑いという藍のおっぱいを見た桂は…

 

勃起してしまった桂のアソコが

藍の足に当たった

桂は嫌がる藍を抱きしめながら

アソコをいじった

そして出した精子を、桂は飲み込んでしまった

そして二人は、和子にご飯をもらったが

やはり姉弟で穢れたくないと藍は思っていた

 

佐武の種を要求する藍

身体がだるいと言って

藍が倒れてしまった

和子の薬を持ってきていた佐武が

藍を診にきた

佐武は藍を、診療所へと連れていき

桂が客の相手をすることになった

 

診療所で佐武は

藍に、どこに違和感があるのか聞く

なんともないと答えた藍は

桂とセックスしたくないと言った

しかし藍は、桂の性欲を知ってしまった

藍は、このままだと桂との関係が

穢れてしまうと言って泣いた

佐武は、自分には手がだせないと言うと…

 

先生の種をください

藍は佐武の子供を孕めば

桂とセックスせずに済むと言った

 

>>>『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』を無料試し読み

 

続きはコチラ👇

致死量の果実~汗も尿も甘い双子 3巻~藍の処女を奪った佐武を廃人にする桂のネタバレ・感想・無料試し読み!

 

致死量の果実~汗も尿も甘い双子 2巻の感想

どうやら藍は、本当に佐武を好きになったようですね

その上、自分に性欲を感じている桂に

このままだと犯されてしまうと思っているようです

仮病を使って、佐武と二人になった藍は

佐武と子作りセックスをするつもりです

佐武も男なので、このまま藍と

セックスしてしまうかもしれないですね

それを桂が知ってしまったら

佐武に憎悪を抱いてしまうでしょう

桂は、自分の精子を飲んだりしていて

なんだか普通ではありません

なんだかどんどんヤバい状況に

なってしまいそうですね

 

⇒『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』を無料試し読み👆

 

『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』を実際に読むには?

この記事を読んで『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「ebookjapan」で実際に読んでみましょう

下記リンク先をクリックすればebookjapanのサイトへと行くことができます

是非一度、ebookjapanのサイトで試し読みしてみてください♪

⇒ebookjapanはコチラ

 

購入して読んでもいいという方は、実際に、会員登録してみましょう

会員登録自体は無料でできてYahoo!アカウントをお持ちの方はそれでログインできます

PayPayで決済できてTポイントも貯まりますよ

試し読みで最後まで読みたくなったら、実際に買って読んでましょう

⇒ebookjapanで実際に読んでみよう👆

 

© 2020 まんがの杜