­ 不倫純愛 一線越えの代償 1巻~イケメン配達員の来夢と出会った香澄ネタバレ・感想・無料試し読み!

『不倫純愛 一線越えの代償』1巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

この記事では『不倫純愛 一線越えの代償』の、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンクをクリックして、まんが王国で『不倫純愛 一線越えの代償』を検索して試し読みしてみて下さい♪

⇒📖まんが王国で『不倫純愛 一線越えの代償』を無料試し読み👆

 

🔻絵付きですぐに読みたい人は、書影を今すぐクリックしよう!🔻

 

不倫純愛 一線越えの代償 1巻ってこんなお話

信一と別居していた香澄

ドラマの人気脚本家の香澄は

毎朝、朝食を食べながら情報番組や

ドラマのチェックを10年間続けていた

35歳になる香澄

夫の信一に、1ヶ月前に別居を切り出し

なんとか説得して一人暮らしを始めた

 

イケメン配達員来夢

また、信一は香澄の部屋にやってきて

男を連れ込んでいないか確認する

そして香澄を抱きしめ、首筋を舐めた

嫌がる香澄に、新婚旅行で7回

セックスしたことを話す信一は

香澄が自分のアレを咥えて

離さなかったと言った

そして香澄のアソコに手をやった

 

思わず香澄は、信一を引っ叩いたが

信一は、浮気も離婚も許さないと言った

信一は部屋を出ていったが

すぐに玄関のチャイムが鳴った

香澄は、信一だと思ったが

なんと若いイケメンの配達員が立っていた!

 

アルバイトで配達員をしているという男は

ダンスをしていると言った

そして香澄に褒めてもらうと

頭を下げてお礼を言った

そして、荷物を香澄に渡そうとすると

香澄はバランスを崩して、倒れそうになった

 

香澄の肩を握り、倒れないように

その配達人のイケメンは支えてくれた

ドキドキしてしまう香澄に

イケメンの配達員の男は

自分の名刺を香澄に渡した

その配達員の男の名前は

来夢という名だった

 

⇒『不倫純愛 一線越えの代償』を試し読みはコチラ👆

 

カフェで来夢と再会する香澄

カフェでテレビのプロデューサーと

打ち合わせをする香澄だったが

するとその店にあのイケメン配達員が来ていた

また胸がドクンとしてしまう香澄は

トイレに行った後

ケーキを選ぶフリをして

ドキドキ感を誤魔化していた

 

来夢に声をかけられた香澄は

来夢からダンスライブのチラシを受け取った

チラシの写真に載った自分を指さす来夢

来夢の身体を見た香澄は

すごい筋肉だと思った

思わず見惚れてしまった香澄は

いけそうならいくと答えた

 

来夢の体を想像して濡れる香澄

自宅の部屋で仕事をしていた香澄

疲れてしまったので

息抜きに、来夢のライブに

行ってみようと決めた

来夢の体の筋肉を想像してしまった香澄は

自分のアソコを触ってみると

濡れていた!

 

>>>まんが王国で『不倫純愛 一線越えの代償』を無料試し読み

 

続きはコチラ👇

不倫純愛 一線越えの代償 2巻~来夢のダンスを見ておもわず濡れてしまう香澄のネタバレ・感想・無料試し読み!

 

不倫純愛 一線越えの代償 1巻の感想

夫の信一とは別居している香澄ですが

イケメンな来夢と出会ってしまいました

どうやら来夢も、香澄に気があるようですね

それにしてもあの夫の信一は、キモい奴ですね

香澄が美人で、男ができないか

心配なのは分かりますのが

それでもあんなに監視していたら

誰でも嫌いになってしまいますね

恐らく香澄はこれから

来夢に夢中になっていくでしょうね

いくら信一がキモいと言っても

まだ離婚していません

不倫をしてしまう代償が

どんなものになるのか

これからの展開がとても楽しみですね!

 

⇒📖まんが王国で『不倫純愛 一線越えの代償』を無料試し読み👆

 

『不倫純愛 一線越えの代償』を実際に読むには?

この記事を読んで『不倫純愛 一線越えの代償』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で、『不倫純愛 一線越えの代償』と検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます。是非一度、まんが王国のサイトで『不倫純愛 一線越えの代償』を検索してみて下さい♪

⇒まんが王国はコチラ

 

購入して読んでもいいという方は、実際に、会員登録してみましょう。会員登録自体は、無料でできますよ

まずは必要な分だけポイントを、500円~購入してみましょう

まんが王国を利用してみて、継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

⇒まんが王国で『不倫純愛 一線越えの代償』を実際に読んでみよう👆

 

© 2020 まんがの杜