厳選した話題のおもしろまんがのネタバレ・最新話の紹介します

まんがの杜

ガンニバル 1巻~食人の習慣のある後藤家に乗り込む大悟のネタバレ・感想・無料試し読み!

更新日:

『ガンニバル』1巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

この記事では『ガンニバル』の簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンク先の試し読みボタンをクリックして試し読みしてみて下さい♪

Yahoo!アカウントでログインすることができて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

⇒ebookjapanで『ガンニバル』を無料試し読み

 

下記の書影をクリックして無料試し読み!👇

 

ガンニバル 1巻ってこんなお話

見つかったばあさんの死体

大悟は、食人のネット記事を読んでいたが

この村がそうなのかもと思ったりしていた

 

大悟は、供花村の駐在として赴任してきた

村を回ってきた大悟が、一息ついていると

妻の有希が、引っ越しの

手伝いをするように言ってきた

大悟が仕事だと言っても

有希はこんな村では

何も起こらないと言っていると…

なんと遺体が見つかったという

連絡が入ってきた

 

現場へやってきた大悟

そこには、顔が半分無くなってしまった

老婆の死体が横たわっていた

だがその死体を見ていた大悟は

腕にある噛み痕に、不審さを感じてしまった

 

大悟に銃口を向ける恵介

後藤の人間が、婆さんを虐待していたと言いたいのかと

恵介が、突然キレ出した

そして大悟の額に、猟銃の銃口を突きつけた

 

このままだと殺されると思った大悟は

とりあえず恵介に謝ると

恵介は手を伸ばして、仲直りをした

恵介は冗談だと言ったが

大悟はそれが、冗談とは信じられなかった

 

⇒『ガンニバル』を無料試し読み👆

 

柱に書かれた忠告

恵介に無理矢理飲みに誘われた大悟は

嫌がる有希に、受け入れるように言って

大悟は飲み会に向かった

有希と娘のましろが来ていないと聞かれ

用事があると嘘を言う大悟だったが

それはウソだという恵介は、有希たちが

家にいることを、完全に知っていた

酒を飲む大悟は、本当に自分たちは

この村で生きていけるのかと思ってしまう

 

家にいた有希は、前任の駐在が

失踪していたことを思い出し怖くなってしまった

そして柱には… 逃ゲロと書かれていた!

 

大悟は恵介に、前の駐在の治のことを聞いてみた

恵介は、村人はいい人たちばかりだと

答えたが、大悟は治があることを

触れ回っていたと言って

揉めていたはずだと言った

 

家を出て、一人雪の降る夜道を

歩いてましろは、何かを食べる

怪しげなオヤジを見てしまった

オヤジの口からこぼれ落ちたのは

… 人の指だった!

 

飲み会から帰ってきた大悟だったが

家では有希が、一人で暗く座っていた

有希は大悟に、柱に彫られた文字を見せ

ましろが家を出たことを話す

大悟は、有希に連れ戻されて

眠っているましろを見た

すると半纏の襟に、血痕を見つけた

そして起きたましろが

大悟に渡したものは…

 

山狩りで熊の肉を食べさせられる大悟

大悟は、山狩りに参加した

途中で熊の糞が見つかり

大悟と恵介の弟の洋介は

恵介の仲間の岩男といることになった

 

しかし大悟は、一人はぐれてしまった

大悟は、解剖医の中村に電話をかけた

ましろが渡した人の指は

熊に殺された婆さんのものでは

なかったという回答だった

 

いきなり洋介に狙撃された大悟だったが

しかし洋介は、ひとりにしないでと

言って泣き出した

洋介の銃の腕は、超一流だった

ヤバいと思った大悟は

洋介の猟銃を取り上げた

 

するとなんと婆さんを殺した熊が現れた!

坂を駈け降りてきた熊は

いきなり大悟に襲いかかったが

大悟は拳銃をぶっ放した

 

しかし洋介は、一撃で熊を仕留めたので

大悟は、洋輔は何者なのかと思ってしまった

 

恵介が二人のところへやってきた

洋介が、熊の胃を切り開くと

そこから人の残骸が出てきた

証拠の写真を撮っていた大悟に

恵介は、熊の肉を食べるように求めてきた

 

ためらう大悟に、恵介は

それが死んだ婆さんの

最高の送り方だと言ったので

大悟はもしかしたら本当にこの村では…

 

山狩りを終えた大悟を

有希とましろが迎えに来た

大悟は、あの日以来

ましろが何も話せなくなったことが

自分のせいだと言って謝った

熊に襲われ、二人のことを思い出した大悟は

絶対に死にたくないと言った

有希はそんな大悟を抱きしめたが

そんな様子を、一人の少女が見ていた

 

⇒『ガンニバル』を無料試し読み👆

 

葬列に紛れ込み棺桶を蹴り倒すすみれ

この村の人間は人を喰ってると言って

前任者の狩野は、姿を消した

村人は、狩野のことを嫌っていたので

大悟は、狩野の一人娘のすみれから

話を聞きたいと思っていた

 

大悟は、恵介に無理矢理

ばあさんの葬列に、加えさせられた

途中で覆面が取れてしまったが

以外に恵介は、怒らなかった

大事なことは、通夜で終わらせたと話す恵介は

あとは気楽に送るだけだと言った

 

葬列が止まってしまった

中に誰か、紛れ込んでいたのだ

紛れ込んでいたのは一人の少女で

啓介に自分のことを忘れたのかと言った

すると啓介は、すみれになんで戻ってきたのかと言った

 

すみれは、狩野は失踪したのではないと言った

それを聞いた恵介は、またキレ出した

狩野は狂ってはいなかったと主張するすみれは

棺桶を蹴り倒すと、棺桶は空だった!

そしてすみれは、村人たちが遺体を食べるので

残ってるワケがないと言ったのだった

 

村人たちが、ブチ切れだした

その場を押さえようとする恵介に

村人たちは襲いかかった

一人の獣臭い男がやめるように言うと

村人たちは、一斉に静まり返った

その獣臭い男は何者なのかと思った大悟は

すみれを連れてその場を逃げ出した

 

警察署へと向かう大悟とすみれ

すみれは、この村では

食葬が行われていると話す

棺桶を蹴り倒したのは

確信がなくやったと知った大悟は

すみれを叱ったが

すみれは、自分が殺されれば

村人たちを逮捕できたと言った

後は自分が調べると言う大悟に

すみれは、殺されないように

気をつけるように言った

 

後藤家に乗り込む大悟

後藤家のある場所へ、大悟は山道を車で走っていた

すると突然、車の前に木が倒れてきた

現れた岩男に、狩野との間で

何かあったのではないかと聞いた

岩男は、狩野が消えた日の動画を大悟に見せた

その動画には、狂った狩野が映っていた

 

有希とましろに、お隣のさぶが声をかけてきた

後藤家との関わりを聞くさぶは

後藤家には、関わらないほうがいいと忠告して

後藤家の連中は自分達とは

違う価値観で生きてると言った

 

大悟は、後藤家の玄関の戸を叩いていたが

窓からは、動画を撮られていた

そしていきなり男たちからは

銃を向けられ、近づかないように脅された

 

男を押さえ込む大悟だったが

男は何のためらいもなく銃をぶっ放した

その頃、有希が家に戻ると…

恵介たちがいた!!

 

大悟に、後藤家の男達が襲いかかったが

大悟は、銃で男達を殴り倒し

警察へと連行しようとした

しかしそこに、他の後藤家の人たちが

やってきて、村のことは

あの人の裁量で決めるのだと言う

ばあさんが大悟の背後を指さすと…

 

中村が、大悟に留守番電話に話していた

そして中村は、あの指は狩野のものだと言ったのだった

 

>>>『ガンニバル』を無料試し読み

 

続きはコチラ👇

ガンニバル 2巻~5ヶ月前にましろの見る中ロリコン翼を射殺した大悟のネタバレ・感想・無料試し読み!

 

ガンニバル 1巻の感想

食人の習慣のある供花村へと

やってきた大悟たち家族ですが

後藤家の人たちは、最後に大悟を襲った

あの謎の男に従っているようです

同じ後藤家の恵介は

すみれを助けたりしているので

謎の男に、完全に従っているようではないようですね

さすがに今のままでは

後藤家の習慣を、続けることができないと

恵介は思っているのではないかと感じました

後藤家のことを調べていた大悟は

いきなり襲われてしまいました

襲った謎の男は、どうやら狩野を

食べていたようなので

大悟も同じように殺されて

食べられてしまわないか心配です

恵介たちに捕まってしまった有希たちも

大丈夫なのか、とても心配ですね

 

⇒『ガンニバル』を無料試し読み👆

 

『ガンニバル』を実際に読むには?

この記事を読んで『ガンニバル』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「ebookjapan」で実際に読んでみましょう

下記リンク先をクリックすればebookjapanのサイトへと行くことができます

是非一度、ebookjapanのサイトで試し読みしてみてください♪

⇒ebookjapanはコチラ

 

購入して読んでもいいという方は、実際に会員登録してみましょう

会員登録自体は無料でできて、既にお持ちのYahoo!アカウントでもログインできます

PayPayで決済できてTポイントも貯まりますよ

試し読みで最後まで読みたくなったら、実際に買って読んでましょう

⇒ebookjapanで実際に読んでみよう👆

 

Copyright© まんがの杜 , 2020 All Rights Reserved.