厳選した話題のおもしろまんがのネタバレ・最新話の紹介します

まんがの杜

ガンニバル 6巻〜銀に殺されそうになった藍を自分も死ぬと言って銀を脅して助けようとした恵介 のネタバレ・感想・無料試し読み!

更新日:

『ガンニバル』6巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では『ガンニバル』の簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンク先の試し読みボタンをクリックして試し読みしてみて下さい♪

Yahoo!アカウントでログインすることができて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

⇒ebookjapanで『ガンニバル』を無料試し読み

 

下記の書影をクリックして無料試し読み!👇

ガンニバル 6巻ってこんなお話

大悟に狩野のように死ぬ必要はないと言って逃がす恵介

大悟は子どもたちが監禁されているハズの場所に突入しようとしていたが、思わずましろが産まれたときのことを思い出してしまった

カギを破壊して突入すると、牢屋にはもう子どもたちはいなかったが、急いで掃除した痕跡が残っていた

それに牢屋には、あの獣臭い男の匂いが残っていたので、大悟はまだあの大男がいるのではないかと思って振り向いた

 

すると大悟の背後には、恵介がいて何をしているのかと言った

大悟は子どもたちの居場所を訊ね、後藤家の奴らは絶対食人しているハズだと言った

しかし恵介はそれにハッキリとは答えずに、それがどうしたというだけだった

その上、岩男たちの声も聞こえてきたので、恵介は狩野のように死ぬ必要はないというと、大悟に逃げるように言った

 

獣臭い大男に襲われる大悟

大悟は牢屋に残っていた髪の毛を拾ってきていたが、子どもたちを助けることができなかったので、悔しくて仕方がなかった

大悟が牢屋にいたことを知った岩男たち後藤家の奴らは、大悟を捕らえるために山狩りを始めてしまった

大悟はもう後藤家の奴らが追ってきたと思っていると、頭上からあの獣臭い大男が襲いかかってきた

大悟は何者なのかと聞きながら、大男に銃口を向けたが、襲われて腕を噛まれてしまった

 

大悟が放った銃声が聞こえてきたので、岩男たちはその銃声のしたほうに向かった

その頃、署長は大悟が子どもたちを助けに向かったことを豪から聞いて、警官隊を向かわせていた

署長は村長とも連携を取ろうとして会いに行っても、村長はいなかった

村長は後藤家の動きと警察の動きを察知していて、共倒れになることを狙っていた

その上村長は、死ぬ前の狩野とも連絡を取っていたことを側近に話し、今も皆銀の作り上げた状況に踊らされているのだと言ったのだった

 

⇒『ガンニバル』を無料試し読み👆

 

自分の子どもがデキていたと知って愕然とする恵介

恵介が家に帰ってくると、生贄用の子どもたちを助けられなかったと言って、洋介が悔しがっていた

そんな洋介は恵介に、後藤家のしきたりは間違っていると訴えて、恵介がそれを終わらせるべきだと迫った

そんな洋介に恵介は、子どもたちは無事だと言っているとすみれから電話がかかってきた

すみれは恵介の子どもがデキたと伝えたが、恵介は自分は子どもの親になる資格はないと思っていたので、思わず電話を切ってしまった

 

銀を脅して藍を助けていた恵介

藍はもともとは生贄になる予定だったが、後藤家の跡継ぎを産ませるために銀が養女にして、子どもを孕ませた

跡継ぎの恵介を産んだ藍に、銀はもっとちゃんと喜ぶように強要していた

しばらくは恵介を藍に育てさせていた銀は、ある日突然藍に用済みになったと伝え、関わらないように命令した

 

しかし藍は、祭りで生贄の子どもが食われ始めると、殺されることを覚悟で助けようとした

そんな藍を当然銀は殺そうとしたが、立ち塞がったのが恵介だった

恵介は藍を殺害するなら、跡継ぎの自分も死ぬと銀を脅した

そこで銀は藍をワザと生かすことで、恵介を自分の思い通りにしようとしていたのだった

 

獣臭い大男に襲われた大悟は目を覚ましたが、大悟を助けていたのは宮司の宗近だった

 

>>>『ガンニバル』を無料試し読み

 

続きはコチラ👇

ガンニバル 7巻〜大悟に助けを求め監禁されている子どもの居場所を大悟に教える恵介 のネタバレ・感想・無料試し読み!

 

ガンニバル 6巻の感想

藍は恵介に助けられたと言っていましたが、恵介は体を張って銀を脅して藍たちを助けていました

恵介はすみれから子どもがデキたと伝えられ、子どもの親になる資格がないと思っていますが、後藤家に生まれていなければいい父親になりそうな男ですね

恵介は洋介に生贄の子どもは生きていると言っているので、隠したのも恵介の可能性が高いでしょう

そこまでしているのなら、恐らく恵介は今度の祭りで後藤家のしきたりを終わらせるつもりのはずです

後藤家に従っているフリをしている村長も、後藤家と警察を戦わせて潰すつもりのようです

かなり腹黒そうな奴なので、コイツも後藤家の奴らと一緒に片付けてしまいたいですね

獣臭い大男に襲われた大悟は、宮司の宗近に助けられていました

宗近も恵介にしきたりを終わらせようと言っていましたが、やはり何を考えているのかよく分からない男です

恵介も分からないところはありますが、宗近のほうが何かヤバいことを企んでいるような気がしますね

 

⇒『ガンニバル』を無料試し読み👆

 

『ガンニバル』を実際に読むには?

この記事を読んで『ガンニバル』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「ebookjapan」で実際に読んでみましょう

下記リンク先をクリックすればebookjapanのサイトへと行くことができます

是非一度、ebookjapanのサイトで試し読みしてみてください♪

⇒ebookjapanはコチラ

 

購入して読んでもいいという方は、実際に会員登録してみましょう

会員登録自体は無料でできて、既にお持ちのYahoo!アカウントでもログインできます

PayPayで決済できてTポイントも貯まりますよ

試し読みで最後まで読みたくなったら、実際に買って読んでましょう

⇒ebookjapanで実際に読んでみよう👆

 

Copyright© まんがの杜 , 2020 All Rights Reserved.