イジメの時間~ 5巻~警察に通報しようとした母を止め鈴木山たちへの復讐を誓う歩のネタバレ・感想・無料試し読み!

『イジメの時間』5巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では『イジメの時間』の簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンク先の試し読みボタンをクリックして試し読みしてみて下さい♪

Yahoo!アカウントでログインすることができて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

⇒ebookjapanで『イジメの時間』を無料試し読み

 

下記の書影をクリックして無料試し読み!👇

 

イジメの時間 5巻ってこんなお話

若保囲を心配する父

友だちとうまくいっているのかと

若保囲の父親は言った

そして何かあったら、抱え込まずに

すぐに自分に、いうように言うのだった

 

熱湯オナニーをさせた鈴木山は

全部、お前のせいだと歩に言った

去り際、仲間の女の子が

ワーがぐったりしていると言うが

若保囲は、死にはしないだろうと言った

 

クラスメートに口止めする鈴木山たち

風邪がなおって、投稿してきた平原に

友だちの女の子が、裸踊りのことを

話そうとした

しかし鈴木山たちの仲間が

睨みつけて口止めをした

歩を下痢と呼ぼうとした男子生徒も

仲間内の罰ゲームだと鈴木山に言われ

黙り込んでしまった

真魚も、チクる奴がいれば

罰ゲームだと言って、クラスメートたちを脅迫した

 

既読無視する歩

歩は学校を休み、SNSも既読無視だった

教師の青木も、薄々

歩へのいじめに気づいていたが

それを柴咲に話すことはなかった

 

さらに鈴木山は、歩にメッセージを送るが

やはり返信はなかった

若保囲は須田に、歩の家に

行かせようとするが

真魚は自分が、又賀に頼むと言った

 

帰ってきた歩を泣いて抱きしめる母

歩は、学校へ行けずに、一人で道を歩いていた

まだ死ねないと言うと、アイツらにと…

 

歩の母親は、歩の書いた遺書を見ながら

歩の小さい頃のことを、思い出していた

一人で歩を育ててくれる母親に

歩はいつも気遣ってくれた

そこの歩が帰ってきたので

母は、歩を抱いて泣いた

 

歩は自分が弱い人間だから仕方がないと言うと

そんな歩に母は、死んでもしょうがないことは

絶対にないのだと言った

 

⇒『イジメの時間 』を無料試し読み👆

 

歩に自殺しないように約束させる母

母は歩に、自分のせいで

歩が相談できない状況を

作ってしまっていたと謝った

そして母は、歩が死んでしまうことが

一番辛いのだと言った

自殺しようとした歩に

絶対に自殺しないように約束してと言って

相談するように言うと、歩はうんと答えた

母は、ワーはどうして死んだのか訊ねた

歩は、ワーも自分のせいだと言ったのだった

 

母に相談すれば、きっと気持ちが

楽になるだろうと歩は思った

しかしそれでは、心にキズが

一生残ってしまう

ワーを死なせたのに楽になるのは

ワーが死んだ事実から

逃げようとしているように

歩は感じてしまった

 

自分一人で戦うという歩

歩は、イジメがあったことを認めた

警察に話すと言いかけた母に

歩は、学校を休んで

しばらく考えさせて欲しいと言った

だが自分の息子がイジメられていた母は

黙ってはいられないと言った

自分は悔しいのだと言って

自分は変わりたいという歩は

無理だったら、母に助けを求めると約束した

 

そして歩は、自分一人の力で

戦わせて欲しいという

母が何があったのか教えて欲しいといったが

歩の脳裏には、これまでのことが

蘇ってきて、言えないと答えた

気持ちの整理ができたら話すという歩に

母は歩に、何かあったら

自分も死ぬと答えた

 

柴咲の家庭訪問

柴咲が家庭訪問にやってきた

柴咲は、イジメのことを聞いたが

母はそれを否定して

しばらく学校を休ませると答えた

 

又賀が鈴木山たちの命令で

歩の家にやってきた

母が大丈夫だと言っていると

歩が現れ、自分は何ともないと言った

そして歩は、心配いらないと

みんなに伝えて欲しいと又賀に言った

歩は、又賀は写真で脅されているので

巻き込む訳にはいかないと思った

 

⇒『イジメの時間 』を無料試し読み👆

 

動き出す歩

4ヶ月が経ち、ついに歩は動き出す

鈴木山たちは、歩が登校してきたら

もっと酷くイジメてやろうと

思っていた

 

鈴木山は相変わらず須田をボコっていた

若保囲が脅しをかけると

須田は二人に、土下座して謝った

すると鈴木山のスマホがなった

歩を、GPSで監視していたので

歩が近くにいることに気がついた

 

鈴木山たちに、復讐する決意でいた歩は

一度スマホの電源を入れて

鈴木山たちを、おびき出すつもりだった

すると鈴木山と若保囲がやってきた

二人は遅れてやってきた須田に、歩を探させた

 

鈴木山たちの行動を見て

自分の位置が、把握されていると知った歩

GPSを使って、二人をおびき出せると思っていて

死ぬのは、鈴木山たちだけで充分だと思っていた

 

鈴木山たちにスタンガン攻撃する歩

ある地下倉庫の入り口に

歩は二人をおびき出した

しかし歩は、二人に見つかってしまうが

歩は、スタンガンを鈴木山に撃ち込んだ

若保囲にも撃ち込もうとするが

若保囲は歩を蹴り倒して

逆にスタンガンを奪った

 

若保囲は歩に、覚悟は出来ているかと言うと

それでも歩は立ち上がり

若保囲に、犯した罪を

受ける時が来たのだといった

そこに須田が現れたので

若保囲は須田に、歩を倒すように言った

 

歩は須田に、一緒に戦おうと言う

歩の行動を見た若保囲は

何か策があると思った

 

須田は、若保囲に立ち向かうフリをして

歩に掴みかかった

そこに鈴木山が立ちがり

歩に殴りかかったが

歩はすかさず逃げ出した

 

鈴木山たちに勝った歩

歩を油断させて

殴りかかった鈴木山に

歩はさらにスタンガン攻撃をした

 

そこに若保囲もやってきたので

歩がスタンガン攻撃をするが

逆に若保囲は、スタンガンを

歩に撃ち込もうとしたが…

なぜか作動しなかった!!

 

隙ができた若保囲に

歩はすかさずスタンガンを喰らわせた

 

勝ったと思った歩は、二人にスタンガンを

使われないように細工していた

タダでは済まないという須田に

いい加減目を覚ますように言いながら

歩は鈴木山に、スタンガンを撃ち込んだ

 

歩は、今が最悪な状況なら

もうやるしかないと思っていた

 

>>>『イジメの時間』を無料試し読み

 

続きはコチラ👇

イジメの時間~ 6巻~ワーに謝れと鈴木山に叫ぶ歩のネタバレ・感想・無料試し読み!

 

イジメの時間 5巻の感想

とうとう歩は、復讐を始めました

簡単には二人を倒せないと思った歩は

スタンガンにも細工をしていました

その結果、二人を倒すことができた歩は

二人をどうするつもりでしょうか

まさか殺したりしないか

ちょっと心配になってしまいますね

まだ須田が、歩につくか

ハッキリしていないので

まだ鈴木山たちの逆襲が

あるかもしれません

歩の始めた復讐が、これから

どうなっていくのか

これからのお話からも

まだまだ目が離せませんね

 

⇒『イジメの時間』を無料試し読み👆

 

『イジメの時間』を実際に読むには?

この記事を読んで『イジメの時間』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「ebookjapan」で実際に読んでみましょう

下記リンク先をクリックすればebookjapanのサイトへと行くことができます

是非一度、ebookjapanのサイトで試し読みしてみてください♪

⇒ebookjapanはコチラ

 

購入して読んでもいいという方は、実際に会員登録してみましょう

会員登録自体は無料でできて、既にお持ちのYahoo!アカウントでもログインできます

PayPayで決済できてTポイントも貯まりますよ

試し読みで最後まで読みたくなったら、実際に買って読んでましょう

⇒ebookjapanで実際に読んでみよう👆

 

© 2020 まんがの杜