イジメの時間~ 8巻~アソコをツルツルにしようとした下毛田に逆襲する真魚のネタバレ・感想・無料試し読み!

『イジメの時間』8巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

この作品は電子書籍ストアのeBookJapanでも配信されています

すぐに読んでみたい人は書影をクリック👇

イジメの時間 8巻ってこんなお話

ワーを殺したと言って真魚に裸踊りをさせる歩

真魚がギャグで歩に告白したことを理由に、鈴木山の顔面を蹴った

真魚がそのことを謝ったが、それでも歩は鈴木山の顔面を殴った

何でもするという真魚に、歩は被害者面をしているというと、若保囲の殺害を命令した

真魚はそれを拒否したが、歩は鈴木山たちがワーを殺したと言った

それでも知らないという真魚に、歩はお前たちは正気ではないと叫ぶと、若保囲を殺せば真魚と鈴木山を解放すると言った

真魚は自分はいいので、とにかく鈴木山を助けて欲しいと懇願した

それを聞いた歩は、真魚に裸踊りをするように命令した

すると鈴木山を助けたい真魚は、裸踊りを始めた

歩は盗聴アプリを真魚のスマホに仕込むと、それを持たせて真魚を解放することにした

解放された真魚が、倉庫から外に出るのを五十崎は目撃してしまった

真魚には若保囲殺害で二人を解放すると言ったが、歩は鈴木山を助けるつもりはなかった

真魚が去った後、歩はさらに鈴木山に暴行を加え続けたのだった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

下毛田に髪を切られてしまう真魚

真魚は両親が離婚したが、どちらの親も真魚を引き取りたがらなかった

そして真魚は、今の学校に転校してきた

真魚は風紀委員の下毛田から、長い髪を切るように言われた

しかし真魚は、下毛田に言うことに従うことはなかった

それが気に入らない下毛田は、真魚を屋上に呼び出した

そして強引に、真魚の髪を切ってしまった

そんな下毛田を、真魚は許さないと思った

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

下毛田のアソコをツルツルにする真魚

下毛田はさらに、真魚のアソコをツルツルにしようと考えた

下毛田はしかもそれを写真に撮ると言った

あと少しで真魚のアソコがツルツルにされるところで、鈴木山が現れ下毛田を倒した

すると真魚は下毛田の手下二人に自分に従うようにいうと、下毛田のアソコをツルツルにするように誘った

鈴木山が怖い二人は真魚に従うことにした

真魚は、下毛田のアソコを…

真魚は、髪も染めて変わってしまった

すると鈴木山は真魚に、親のことは忘れて堂々と生きていけばいいと言ってくれた

そんなことをいってくれた鈴木山を、真魚は自分の正義なのだと思うになった

解放された真魚が気掛かりなのは、鈴木山が殺されないかということだった

鈴木山に裸踊りをさせた歩は倉庫から出ると、五十崎に出くわしてしまった

歩はまずいと思い、五十崎に鈴木山には新しい彼女ができたと答えた

それを聞いた五十崎は鈴木山が真魚を捨ててしまったのだと勘違いすると、歩は真魚より立場が上になったのだと思った

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

復讐の発覚を恐れる歩

真魚はやはり、警察に通報しようと考えていた

だがそこに歩が電話をかけていた

鈴木山は、真魚に話す歩の話を聞いて絶望してしまった

父親のDVを受けてきた鈴木山は、歩や須田に暴力を振うことで自分を保とうとしていたのだった

何かが変わってしまった歩を見て、母親は心配していた

歩も、母に知られることを恐れていた

だが学校や警察に言ってもまだ中学生なので、大した罰を受けずに済んで復讐にならないだろうと思っていた

柴咲は鈴木山が学校へ来ないので、母親に電話をかけた

しかし母親は、柴咲に風邪を引いているとウソを言った

実は鈴木山の父親は死にかけていた

その上、父親には生命保険までかけてあった

あと数ヶ月経てば…

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

真魚を二人の殺害に向かわせる歩

歩は真魚を使って、須田と若保囲の様子を探らせた

そして真魚に、二人の殺害を命令した

だが歩は、本心では…

歩は鈴木山たちの取り巻きの五十崎を自分側につかせようとしていた

そこで五十崎を屋上へ呼び出し、鈴木山に捨てられた真魚を叩こうと誘った

その頃、真魚は病院へ…

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

続きはコチラ👇

イジメの時間 8巻の感想

真魚は下毛田にやられようとして、鈴木山に助けられていました

下毛田もワルですが、真魚も逆襲して下毛田のアソコをツルツルにしてしまい、同類になってしまいました

もしこんなことがなかったら、今でも真魚はまじめな学生だったのかもしれませんね

歩は完全に、鈴木山と若保囲を殺すつもりです

でもすんなり真魚が、若保囲を殺せるとは限りません

鈴木山も学校に行っていないのであまり時間がかかってしまうと、歩の復讐は失敗するでしょう

これから歩の復讐がどうなっていくのか、今後の展開からも目が離せませんね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

『イジメの時間』を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?