イジメの時間~ 10巻~襲ってきた若保囲を捕らえて暴行を加える歩のネタバレ・感想・無料試し読み!

『イジメの時間』10巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

この作品は電子書籍ストアのeBookJapanでも配信されています

すぐに読んでみたい人は書影をクリック👇

イジメの時間 10巻ってこんなお話

鈴木山殺害計画

歩は真魚に、鈴木山殺害のシナリオを話し始めた

鈴木山には真魚の他に好きな女がいると聞いて真魚がキレ、鈴木山を殺害して真魚は自殺するというものだった

それを聞いた真魚は、部屋を出る歩に鈴木山を助けて欲しいとお願いした

それを聞いた歩は、鈴木山の顔を踏みつけた

いじめの代償を踏み倒し、そのまま逃げるつもりなのかと鈴木山を罵った

すると鈴木山は、歩に人生をやり直させて欲しいと懇願した

だが歩は奪われたものは、もう戻らないのだと言い返した

歩にそんなことを言われてしまった鈴木山は、自分が歩をいじめたことを思い出しながら後悔してしまった

家に帰った歩には、ワーの幻影が見えた

鈴木山たちへの復讐をしてもワーは戻らないのだと思ってしまうと、歩は泣いてしまった

自分がもっと強ければと思った歩は、仇はとると心の中のワーに誓った

そして真魚に、秘密基地へと来るように命じた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

若保囲に襲われる歩

歩は一人秘密基地へとやってきた

ドアを開けようとしていた歩は、背後から襲われてしまった

襲ったのは若保囲だった!!

しかし若保囲の骨折していた足は、痛みだしてしまった

そこで歩は若保囲の落とした松葉杖で、若保囲が持っていたアイスピックを地面に叩き落とすことに成功した

監禁された鈴木山を笑う若保囲

だが若保囲は、拳銃を構えた

偽物ではないという若保囲の声は、中にいる鈴木山にも聞こえた

それで鈴木山は大声を上げた

鈴木山の声を聞いた若保囲は、歩を脅しながら鈴木山のいる所へ連れて行くように要求した

若保囲は監禁された鈴木山を見るなり、笑い始めた

そして歩に、鈴木山の殺害を要求した

鈴木山は自分を助けにきたのではないのかと聞くと、若保囲は鈴木山は自分や祖父を利用していただけだと答えた

そして若保囲は歩へのイジメは、自分を殴った鈴木山を追い込むためにやったのだと言った

歩は服を脱ぐように命令されたが、鈴木山に気を取られた若保囲に襲いかかり倒すことに成功した

それでも抵抗しようとする若保囲にスタンガンの電撃を喰らわすと、歩は若保囲の腹を蹴って顔をぶん殴った

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

若保囲に暴行を加え従わせる歩

若保囲を倒した歩は、鈴木山と同じように若保囲を拘束した

若保囲は歩に謝り始めたが、歩は若保囲は自分を殺すつもりだったので、そんな謝罪の言葉を信じることはなかった

そして歩は、若保囲を祖父の権力に頼る卑怯者だと罵った

自分より下だと思っていた歩にそんなことを言われた若保医は、当然キレだした

そんな反抗的な態度を見せる若保医を止めるため、歩はスタンガンをぶちかました

すると鈴木山は自分は歩への償いのために、若保囲の注意を引いたのだと言いだした

しかし歩は、若保囲が来たことを鈴木山は喜んでいたと指摘した

鈴木山はやり直せるからだと自分勝手な理由を言い始めたので、歩はまた鈴木山にスタンガンを撃ち込んだのだった

まだ自分に従う態度を見せない若保囲の足に、歩はアイスピックを突き刺した

それでもなかなか従わない若保囲に、歩は何度も足を刺してようやく従わせた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

諦めた鈴木山

歩は若保囲に、ワーのことを聞いた

すると若保囲はデコピンを喰らわせただけだと答えたので、ワーの命奪い理不尽なことをした若保囲たちが許せず歩は激昂してしまった

そして歩はその場にいた奴らは、全員同罪だと言った

すると真魚からの電話がかかってきたので、歩は部屋を出ていった

歩がいなくなったので、若保囲はさっきの言葉は歩を騙すためだと言った

それを信じなかった鈴木山は、歩をいじめるきっかけとなった歩の机に筆箱が入っていたのは、若保囲が仕組んだものだったのだと思っていた

若保囲は、鈴木山に脱出をしようと持ちかけた

だが鈴木山は、もうそんなことはやめようと言い出した

そして鈴木山は自分の人生はくだらないものだったというと、観念してしまった鈴木山は自分たちがこうなったのは自業自得だと言った

それでも若保囲は諦めなかったが、歩が戻ってきて二人の体を完全に動けなくしてしまった

二人の失踪に気づきだした親

若保囲の父親は、いなくなった若保囲を探し始めていた

そして鈴木山の母親も鈴木山に何かが起こったのではないかと思い始め、警察に捜索願を出すことにした

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

続きはコチラ👇

イジメの時間 10巻の感想

とうとう歩は、若保囲を捕らえました

もう完全に歩は、二人を殺すつもりです

鈴木山はもう観念して、逃げ出す気がないようですね

このままだと歩は本当に二人をすぐに殺しそうな状況ですが、とうとう親たちが二人の失踪に気がついてしまいました

鈴木山の母親は、警察に捜索願を出すようです

こうなると歩が従わせている真魚や五十崎が、警察に歩の復讐を通報してしまう可能性もあるでしょう

これから歩の復讐がどうなってしまうのか、これからの展開からも目が離せませんね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

『イジメの時間』を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?