私の正しいお兄ちゃん 2巻~女の子をレイプして金まで盗ってしまったマサキを殺していた海利 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『私の正しいお兄ちゃん』2巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では『私の正しいお兄ちゃん』の簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンク先の試し読みボタンをクリックして試し読みしてみて下さい♪

Yahoo!アカウントでログインすることができて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

⇒ebookjapanで『私の正しいお兄ちゃん』を無料試し読み

 

下記の書影をクリックして無料試し読み!👇

 

私の正しいお兄ちゃん 2巻ってこんなお話

マサキ殺しの証拠を確保しようとする理世

理世は、マサキの物を捨てようとする海利を止めると、海利は絶対に逃げ切らないといけないと言った

マサキ殺しの犯人だと知ってしまった理世は、証拠を集め、それを突きつけてから海利に罪を償わせようと考えたのだ

 

まず理世は、海利の日記と自分が渡したぬいぐるみを手に入れようと考えた

すると海利は部屋に泊まるように言ってきたので、理世はこれはチャンスだと思った

しかし理世は、眠ってしまった海利の首を絞めようとすると、海利は一瞬目を覚まして、理世を抱きしめて寝てしまったので、証拠を手に入れることはできなかった

 

理世は友だちに、筆箱を持ってきてくれた海利を彼氏だと紹介した

理世はつい海利のことが好きだと言ってしまったが、それではいけないと思い直した

そんな理世に、立花はマサキのことを調べてきてくれたが、嬉しいと思いつつも、海利に証拠を突きつけてからでないと警察には引き渡せないと思った

 

⇒『私の正しいお兄ちゃん』を無料試し読み

 

海利が特別な存在になっていた理世

海利はバイト中に立花と話していた理世に、警察とどうして親しくするのかと言ってきた

そこに立花がやってきたが、店に来ている家出少女のことが気になるが、事件が起こらないと何もできないと言った

すると海利は立花の言葉にキレ、いきなり家出少女に声をかけていた男に向かっていってしまった

海利が殴られたので家出少女を保護できたが、立花は海利のやり方は間違っていると言った

 

海利は高校時代に、父親が海利が密かに想っていた先生をレイプしてしまった

証拠を手に入れようとした海利だったが、父親からに阻止され、先生からも恨まれてしまったのだ

その話を聞いた立花は、海利は父親とは違うし、先生のためにがんばったのだと褒めてくれた

マサキにもと海利は言いかけたが、その言葉を飲み込んでしまった海利は、その場から去っていった

 

理世は海利にウソついて、海利の部屋で証拠を探そうとしたが、海利に見つかってしまった

理世は海利に、マサキ殺しの動機を聞いたが、海利は話さず理世がいないと自分はダメなのだと言って抱きしめた

それで理世は、もう海利は自分にとって特別な人になっていたのだと思った

 

ワルのマサキを殺した海利が可哀想だと思うようになってしまう理世

理世は客にキレられてしまったが、海利はその客がマサキに似ていたと言った

そして海利は、マサキが自分の部屋に女の子を無理矢理連れ込み、レイプした上に金まで盗ったと話し出した

マサキはレイプし終わると、海利もレイプするように言い出した

こいつも父親と同じレイプ魔だと思った海利は、マサキを殴って水死させてしまったのだ

 

その話を理世は信じられず、立花にマサキのことを再度調べて欲しいと頼んだ

立花は、マサキの写真を持ってくると、海利の言っていたように完全にワルだった

そんなマサキは、環境のせいでこうなったのだという立花は、マサキのことを嫌いになる必要はないのだと言ってくれた

 

しかし理世は、そんなワルになってしまったマサキを殺した海利は、可哀想だと思うようになり始めていた

そして海利は、理世がワルになったマサキが信じられない様子だったので、マサキがワルだったという証言を集めてきてくれていた

そこまでしてくれた海利のことが、完全に好きになった理世は、マサキに抱きつきキスするのだった

 

>>>『私の正しいお兄ちゃん』を無料試し読み

 

続きはコチラ👇

私の正しいお兄ちゃん 3巻~理世がマサキの妹だと知って極寒の海に身を沈める海利 のネタバレ・感想・無料試し読み!

 

私の正しいお兄ちゃん 2巻の感想

理世はマサキがワルだったことが、最初は信じられませんでした

でも立花や海利が調べてきてくれた証拠から、それを信用するようになり、海利のことが完全に好きになっています

刑事の立花が調べているので、マサキがワルだったのは間違いないでしょうね

でもマサキは、理世がプレゼントしたぬいぐるみは持ち続けていたので、まだまともな気持ちも残っていたのかもしれません

海利の過去も少しずつ明らかになってきています

父親がレイプ魔で、好きな先生をレイプしてしまったのは、相当ショックだったでしょうね

理世は海利のことが好きになってしまったので、これからは海利の犯罪がバレないような行動をとっていくハズですが、警察に捕まったりしないか心配になってしまいますね

 

⇒『私の正しいお兄ちゃん』を無料試し読み👆

 

「私の正しいお兄ちゃん」を実際に読むには?

この記事を読んで『私の正しいお兄ちゃん』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「ebookjapan」で実際に読んでみましょう

下記リンク先をクリックすればebookjapanのサイトへと行くことができます

是非一度、ebookjapanのサイトで試し読みしてみてください♪

⇒ebookjapanはコチラ

 

購入して読んでもいいという方は、実際に会員登録してみましょう

会員登録自体は無料でできて、既にお持ちのYahoo!アカウントでもログインできます

PayPayで決済できてTポイントも貯まりますよ

試し読みで最後まで読みたくなったら、実際に買って読んでましょう

⇒ebookjapanで実際に読んでみよう👆

 

© 2020 まんがの杜