私の正しいお兄ちゃん 2巻~女の子をレイプして金まで盗ってしまったマサキを殺していた海利 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『私の正しいお兄ちゃん』2巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

私の正しいお兄ちゃん 2巻ってこんなお話

マサキ殺しの証拠を確保しようとする理世

理世は、マサキの物を捨てようとする海利を止めると、海利は絶対に逃げ切らないといけないと言った

マサキ殺しの犯人だと知ってしまった理世は、証拠を集め、それを突きつけてから海利に罪を償わせようと考えたのだ

まず理世は、海利の日記と自分が渡したぬいぐるみを手に入れようと考えた

すると海利は部屋に泊まるように言ってきたので、理世はこれはチャンスだと思った

しかし理世は、眠ってしまった海利の首を絞めようとすると、海利は一瞬目を覚まして、理世を抱きしめて寝てしまったので、証拠を手に入れることはできなかった

理世は友だちに、筆箱を持ってきてくれた海利を彼氏だと紹介した

理世はつい海利のことが好きだと言ってしまったが、それではいけないと思い直した

そんな理世に、立花はマサキのことを調べてきてくれたが、嬉しいと思いつつも、海利に証拠を突きつけてからでないと警察には引き渡せないと思った

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

海利が特別な存在になっていた理世

海利はバイト中に立花と話していた理世に、警察とどうして親しくするのかと言ってきた

そこに立花がやってきたが、店に来ている家出少女のことが気になるが、事件が起こらないと何もできないと言った

すると海利は立花の言葉にキレ、いきなり家出少女に声をかけていた男に向かっていってしまった

海利が殴られたので家出少女を保護できたが、立花は海利のやり方は間違っていると言った

海利は高校時代に、父親が海利が密かに想っていた先生をレイプしてしまった

証拠を手に入れようとした海利だったが、父親からに阻止され、先生からも恨まれてしまったのだ

その話を聞いた立花は、海利は父親とは違うし、先生のためにがんばったのだと褒めてくれた

マサキにもと海利は言いかけたが、その言葉を飲み込んでしまった海利は、その場から去っていった

理世は海利にウソついて、海利の部屋で証拠を探そうとしたが、海利に見つかってしまった

理世は海利に、マサキ殺しの動機を聞いたが、海利は話さず理世がいないと自分はダメなのだと言って抱きしめた

それで理世は、もう海利は自分にとって特別な人になっていたのだと思った

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

ワルのマサキを殺した海利が可哀想だと思うようになってしまう理世

理世は客にキレられてしまったが、海利はその客がマサキに似ていたと言った

そして海利は、マサキが自分の部屋に女の子を無理矢理連れ込み、レイプした上に金まで盗ったと話し始めた

マサキはレイプし終わると、海利もレイプするように言い出した

こいつも父親と同じレイプ魔だと思った海利は、マサキを殴って水死させてしまったのだ

その話を理世は信じられず、立花にマサキのことを再度調べて欲しいと頼んだ

立花は、マサキの写真を持ってくると、海利の言っていたように完全にワルだった

そんなマサキは、環境のせいでこうなったのだという立花は、マサキのことを嫌いになる必要はないのだと言ってくれた

しかし理世は、そんなワルになってしまったマサキを殺した海利は、可哀想だと思うようになり始めていた

そして海利は、理世がワルになったマサキが信じられない様子だったので、マサキがワルだったという証言を集めてきてくれていた

そこまでしてくれた海利のことが、完全に好きになった理世は、マサキに抱きつきキスするのだった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

続きはコチラ👇

私の正しいお兄ちゃん 2巻の感想

理世はマサキがワルだったことが、最初は信じられませんでした

でも立花や海利が調べてきてくれた証拠から、それを信用するようになり、海利のことが完全に好きになっています

刑事の立花が調べているので、マサキがワルだったのは間違いないでしょうね

でもマサキは、理世がプレゼントしたぬいぐるみは持ち続けていたので、まだまともな気持ちも残っていたのかもしれません

海利の過去も少しずつ明らかになってきています

父親がレイプ魔で、好きな先生をレイプしてしまったのは、相当ショックだったハズです

理世は海利のことが好きになってしまったので、これからは海利の犯罪がバレないような行動をとっていくハズですが、警察に捕まったりしないか心配になってしまいますね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

「私の正しいお兄ちゃん」を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?