私の正しいお兄ちゃん 3巻~理世がマサキの妹だと知って極寒の海に身を沈める海利 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『私の正しいお兄ちゃん』3巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

この作品は電子書籍ストアのeBookJapanでも配信されています

すぐに読んでみたい人は書影をクリック👇

私の正しいお兄ちゃん 3巻ってこんなお話

理世の晴れ着姿が見たいという海利

海に倒れてズブ濡れになった二人は、部屋に戻ってセックスしようとした

しかしコンドームがなかったのでできなかった

海利への気持ちを認めることだできた理世は、心が晴れた気がして、初セックスのために下着まで買った

立花には、マサキを調べることを止めるように頼み、海利ととうとうセックスした理世はグッスリ眠ることができた

海利と初詣に行った理世は手を繋ごうとすると、千葉に声をかけられた

成人式のために晴れ着を借りたという千葉が話すと、海利は理世に成人式に行かないのか訊ねたが、理世は見せたい人いないと言って行かないと答えた

帰ってくると立花が餅を持ってきたので、3人で食べることになった

立花も成人式に振り袖で参加したらいいというと、海利は見せる人がいないという理世に自分が見たいと言ってあげた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

マサキ殺しの犯人が海利だと疑う佐久間

県警の佐久間は、マサキ殺しの犯人が海利だと推理していた

そこで佐久間は、立花に情報提供を頼み、海利にマサキの似顔絵を見せた

佐久間から声をかけられた海利は、とうとう警察に疑われ始めたのだと気づいた

海利は似顔絵はマサキじゃないと答えると、マサキとの関係はなくなったと答えた

そんな海利の答えでさらに疑いを深めた佐久間は、理世に話を聞くつもりだった

海利は理世に、警察がやってきたと話すと、それを聞いた理世は幸せがなくなってしまうように感じた

そんな不安を感じてしまった理世に、海利は大丈夫だといいながら抱きしめた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

理世がマサキの妹だと気づいてしまう海利

佐久間は立花を連れて、理世にDNA鑑定を依頼してきた

理世がそれを断ると、佐久間はどうして協力しないのかと言い出したので、理世はマズイと思って試験が終わるまで待って欲しいと言い逃れした

佐久間は海利の母親に話を聞いて、海利を任意で事情聴取することにした

断るとマズイと思った海利は、事情聴取に行くことにした

佐久間は父親のレイプ事件でマサキに脅されていたことを話し、それで海利は親から勘当されたのだと言った

海利はそのことは海利は知らなかったので、それで両親から恨まれていたのだと気づいた

それを佐久間に正直に話すと、レイプした父親も悪いと答えた

そんな海利に佐久間は、マサキの妹のDNA鑑定をするというと、マサキの最後の数日のことを聞いた

事情聴取から帰ってきた海利は、マサキの妹に償わなければならないと言い出した

それを聞いた理世は、妹はマサキの死を悲しんでいるとは限らないというと、自分は海利がいなくなることのほうが悲しいと言った

立花が頻繁に店に来るようになったことを怪しんだ海利は、佐久間が妹のDNA鑑定をすると言っていたことを思いだした

それで海利は、マサキの妹は理世なのだと気づいてしまい、倒れ込んでしまった

しかし理世は、いつも通りなので勘違いかと思っていた海利だったが、マサキが最期に理世の名前を呼んでいたことを思い出した

それで理世がマサキの妹だと確信した海利は、理世は自分に復讐したいので近づいたのだと思った

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

自殺を図る海利

理世は友だちの千葉と食事をしていた

すると千葉は自分の血液型を話すと、理世の血液型と同じだった

それで理世は、千葉には悪いと思いつつも、海利と離れたくないので千葉の唾液を自分の唾液としてDNA鑑定に出してしまった

海利の様子がおかしいと思っていた立花は、理世に海利に連絡するように言った

連絡が繋がらず理世は海利の部屋に行くと、そこには海利のメモが残されていた

メモには自殺すると書いてあり、その頃海利は既に海に身を沈めようとしていた!

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

続きはコチラ👇

私の正しいお兄ちゃん 3巻の感想

海利は理世がマサキの妹だと知ってしまいました

それで自殺しようとしていますが、このまま死んでしまうのでしょうか

理世は完全に海利のことが好きになって、海利が捕まらないように千葉の唾液をDNA鑑定に出してしまいました

でもそれが千葉の唾液だと分かってしまうと、逆に理世も疑われてしまうのでマズイような気がします

佐久間は海利を追い詰める気が満々なので、簡単には諦めたりはしないでしょうね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

「私の正しいお兄ちゃん」を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?