私の正しいお兄ちゃん 3~4巻~理世がマサキの妹だと知って極寒の海に身を沈める海利 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『私の正しいお兄ちゃん』3~4巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

この作品は電子書籍ストアのeBookJapanでも配信されています

すぐに読んでみたい人は書影をクリック👇

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

私の正しいお兄ちゃん 3~4巻ってこんなお話

理世の晴れ着姿が見たいという海利

海に倒れてズブ濡れになった二人は、その日はセックスできなかった

しかし海利への気持ちを認めることができた理世は、立花にはマサキの調査を止めるように言って、海利を受け入れることができた

それから海利と初詣に行った理世は、そこにやってきた千葉から成人式に行かないのかと聞かれた

理世は晴れ着を見せたい人がいないというと、その後で海利は…

県警の佐久間はマサキ殺しの犯人が海利だと判断していて、海利にマサキの似顔絵を見せた

海利はマサキじゃないと言ったので、佐久間は理世に聞くつもりだったが、なぜか海利は利世には大丈夫だと言っていた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック

理世がマサキの妹だと気づいてしまう海利

佐久間は立花を連れて、理世にDNA鑑定を依頼してきたので、ひとまず理世は試験が終わるまで待ってもらうことにした

それで佐久間はひとまず海利に任意聴取することにして、海利の父親がマサキにレイプ事件のことで脅されていたと言った

すると佐久間はマサキの妹をDNA鑑定をすると言ったので、マサキは自分はその妹に…

立花が頻繁に店に来るようになったことを怪しんだ海利は、佐久間が妹のDNA鑑定をすると言っていたことを思いだした

それで海利はマサキの妹が誰なのか気づいてしまい…

理世は友だちの千葉と食事をしていて、千葉が自分と同じ血液型だと知ってしまった

それであることを思いついた理性は、千葉の唾液を…

海利の様子がおかしいと思っていた立花は、理世に海利に連絡するように言ってきたので理世は海利の部屋に行くと、そこには海利のメモが残されていた

そのメモには海利は自殺すると書いてあり、その頃海利は既に海に…

佐久間はやはり海利が犯人だと確信していて、海利に取り調べしてします
そこで海利は父親がマサキに脅されていたことを知りましたが、マサキに妹がいることまで知ってしまいました

妹が誰なのか知ってしまった海利は、当然自分に近づいてきた理由を考えていましたが、理世が最初に海利に近づいたときと同じでした
海利はそれで絶望してしまっていますが、まだ理世の気持ちが変わってしまったことには気づいていません
知ってもやはりマサキを殺したことには変わりがないので、海利の気持ちが変わるかどうかは分からないですね

理世は海利が犯人だとされないようにしていますが、大丈夫でしょうか
そのまま警察が信じてしまえば問題ないですが、もしバレたら理世も捜査を邪魔したことになってしまいます

海利は既に海に入ってしまっていますが、助かるでしょうか
お話も大詰めに入ってきていますが、理世たちがこの後どうなってしまうのかとても心配ですね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック

警察署に現れウソの証言する京香

理世は海へ行くと血を流して倒れている海利を見つけ、救急車を呼んだ

なんとか海利は助かったが、立花は理世がDNA鑑定の結果を聞いた様子から、海利とグルじゃないのかと疑うようになった

それで立花が店に来るようになってしまい、海利はバイトをクビになってしまった

すると立花は土下座して放っておいて欲しいという理世から、強引に細胞を採取しようとし始め…

それで理世はかなり心配していたが、海利は大丈夫だと言っていた

すると警察署にはマサキにレイプされたことがある京香が現れると、見つかっていた死体が海利だったと言いだし…

海利は佐久間から、死体のことを聞くと両親のことを聞いた

それでもう微罪にしか問われないと確認した海利は、大学へやってくると理世に兄に…

それから二人は海利のモノを処分すると、兄妹として暮らし始めた

そんな二人を見ていた立花は、海利に罪を償わせないことには納得できていないところはあったが、海利に理世のことを頼むと…

一時は立花が強引にDNA鑑定の再検査をしようとしていましたが、とうとう諦めてしまいました
佐久間も二人のことには気づいている様子でしたが、もう再捜査する気はないようです

海利はマサキにレイプされた京香に手を回していたので、あれだけ佐久間が動いていても動じていなかったワケです
なんだか手を回し方が手馴れている感じもしなくはないですが、それだけ京香もマサキに恨みがあったのでしょうね

理世と海利は表向きは兄妹として暮らし始めていますが、実際には違う関係なハズです
それで二人が静かに暮らしていくのなら、確かにこのままでいいのかもしれませんが、やはりマサキを殺したことには変わりがないので、立花の思っていることも間違いじゃないでしょうね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック

「私の正しいお兄ちゃん」を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

お父さんが早く死にますように。

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

秘密の授業

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?