厳選した話題のおもしろまんがのネタバレ・最新話の紹介します

まんがの杜

アミグダラ 1巻~父親のセイゾウにオンカロの石を頭に埋め込まれて二重人格になっていた典明 のネタバレ・感想・無料試し読み!

投稿日:

『アミグダラ』1巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

この記事では『アミグダラ』の簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンク先の試し読みボタンをクリックして試し読みしてみて下さい♪

Yahoo!アカウントでログインすることができて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

⇒ebookjapanで『アミグダラ』を無料試し読み

 

下記の書影をクリックして無料試し読み!👇

 

アミグダラ 1巻ってこんなお話

爆発事件を起こしてしまった飯田

精神を病んで傷病休暇中だった飯田は、突然会社にクーラーボックスを持ってやってきた

皆、驚いてしまったが、同僚の一人が飯田に声をかけ、そのクーラーボックスを開けてしまった

その中には爆弾が仕掛けられていて、大爆発で会社は吹っ飛んでしまった!!

 

いきなり杉本を刺してしまうかすみ

典明は自転車泥棒をしてしまうと、商工会の寄合の前を通っていた

するとヤクザな藤丸が声をかけてきて、酒の飲めと要求してきたので、典明は飲酒運転になると断っていた

町一の美少女のかすみは、東京にオーディションを受けに行くと言って、一旦町を出ていったが、落ちてしまったのか町に戻ってきていた

しかしかすみは、代議士の杉本にセクハラを受けていた

 

かすみは典明を見つけると、近寄ってきて典明の父親に東京で会ったというと歌を歌いにいってしまった

すると今度は藤丸は、典明の父親は自分に借金しているので、代わりに典明が現場で働くように言い出した

藤丸は杉本に夜にかすみに相手させると言っているのを見た典明は、自分の無力感を感じてしまいその場から去っていった

 

盗んだ自転車で道を走っていた典明は、典明に似た全身を縛られた男を見つけた

典明はその男の拘束を解くと、そのままその場から去っていった

寄合にいたかすみは、何を思ったのか包丁を手に取ると、杉本を刺してしまった!!

 

沙月は飯田が起こした爆発事件の現場に来ていた

そこには特任捜査官の圭介も来ていて、沙月は上司から圭介の補佐をするように命令された

精神を病んでいたハズの飯田は、典明のいる町で診断を受けていたので、圭介はその病院へと向かうことにした

 

⇒『アミグダラ』を無料試し読み

 

二重人格の典明

典明は母親から、かすみが杉本を刺し、オーでションには受かっていたのに町の男たちの反対運動のせいでアイドルになることを諦めていたことを聞いた

部屋に戻った典明だったが、その部屋にはあの男がいた

記憶喪失だという男に、典明は食べ物を与えると、壁にあった映画のポスターからヒントを得て、その男をクリードと呼ぼうと決めた

 

町には放射性廃棄物処理場のオンカロが建設されていた

その前を通って町の医者のいる病院へとやってきた圭介だったが、医者はウソの診断書を書いていた!

なんと飯田はうつ病ではなく、むしろ何か意欲満々だったというのだ

 

クリードは藤丸の組に殴り込みをかけ、組のヤクザたちを殺していった

そして藤丸一人になると、藤丸は命乞いを始めた

父親のせいで頭がおかしくなったのだという藤丸は、クリードのパーカーの脱がすと、なんとクリードは典明だった

クリードと化した典明は、恐怖心がないというとい、拳銃で藤丸の頭を撃ち抜いてしまった

 

セイゾウに石を頭に埋め込まれていた典明

圭介と沙月が藤丸の組事務所の前までやってくると、典明が逃げようとしていた

自転車で逃げる典明を、圭介たちは車で追いかけたが、あと少しで典明を捕まえられる状況で、圭介は典明の名前を呼んだ

しかし典明は、なんとか圭介たちから逃げることに成功した

 

典明の父親は、昔オンカロ建設反対を訴えて、県議会議員選挙に出馬した

父親は落選してしまったが、その選挙で使っていた小屋に典明は逃げ込んできた

するとその小屋には、かすみも逃げ込んでいた

 

かすみは典明に、東京でオーディションを受けたことを話し出した

最初は緊張して失敗してしまったかすみだったが、そこに典明の父親が現れたというのだ

そして典明の父親は、かすみにオンカロで採れた石を渡すと、かすみは緊張しなくなって受かったというのだ

 

典明は、自分の頭には父親のセイゾウが埋め込んだその石があるというと、埋め込まれた際に出来た縫合の痕を見せてあげた

するといきなり典明は、かすみをレイプしようとし始めたが、かすみは典明を蹴り飛ばすと、セイゾウは典明が失敗作だと言っていたと言った

かすみのその言葉を聞いた典明は、全てセイゾウが原因だというと、殺してやろうと言いながら小屋を出ていってしまった

 

⇒『アミグダラ』を無料試し読み

 

富岡に撃たれてしまう圭介

その後、かすみは同じ中学に通っていた警官の四宮がレイプしようとしたので、蹴り飛ばしたが逮捕されてしまった

圭介は鉄工所の富岡が、セイゾウのことを知っているという情報を聞いて、その鉄工所へ向かった

中に入ると沙月は、富岡のトラップに引っかかってしまい、圭介には隠れていた典明が襲いかかってきた

 

典明に逆襲した圭介は、典明からセイゾウのことを聞きだそうとすると、なぜか典明は怯えたような素振りを見せた

しかし倒れていたように見せかけていた富岡は、いきなり圭介の頭を空気銃で撃ってしまった

ヤラレたとハズの圭介だったが、頭を撃ち抜かれていなかったので、富岡を倒したが富岡は空気銃で自殺してしまった

 

沙月は急いで圭介を病院へと連れていくと、医者は圭介は頭蓋骨の厚さは2倍で、その上扁桃体がほとんど働いていないアミグダラと呼ばれる恐怖心を感じない特殊体質なのだと説明した

沙月は町の警官が、藤丸殺しの犯人を富岡としたことに疑問を持って話を聞きに行ったが、町の警官は、沙月に口を挟むなと脅すようなことを言ってキレてしまった

 

オンカロの中に入る典明

典明はオンカロの建設現場に潜入しようとしていたが、見つかってしまった

しかしなぜか典明は、建設作業員としてい登録されていた

坑道を走るバスに乗って、他の作業員たちと現場に向かっていた典明だったが、他の作業員たちは降ろされ、典明一人になってしまった

バスを降りるように言われた典明は、坑道を歩いていると目の前に、放射線防護服を着た男が立っていた

 

圭介と沙月は、ラーメン屋でお昼をとっていた

テレビでは、お笑い番組が流れていたが、出演していたお笑いコンビの男が、相方をいきなり殴り殺してしまった!

 

>>>『アミグダラ』を無料試し読み

 

アミグダラ 1巻の感想

どうやらセイゾウが典明の頭に埋め込んだ石は、恐怖心をなくしてしまい人殺しにしてしまうようです

それで同じ石をもらったかすみも、杉本を殺してしまったのでしょうね

圭介は、セイゾウを特殊テロリストとして追っていて、どんな男なのかもどうやら知っているようです

セイゾウは以前はオンカロの建設に反対していたようですが、どうしてオンカロの石を典明に埋め込んだりしているのか分からないことが多いです

そのことも圭介は知っているのかもしれませんが、もしかしたら典明の前に現れた放射線防護服の男が、セイゾウなのかもしれませんね

 

⇒『アミグダラ』を無料試し読み👆

 

「アミグダラ」を実際に読むには?

この記事を読んで『アミグダラ』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「ebookjapan」で実際に読んでみましょう

下記リンク先をクリックすればebookjapanのサイトへと行くことができます

是非一度、ebookjapanのサイトで試し読みしてみてください♪

⇒ebookjapanはコチラ

 

購入して読んでもいいという方は、実際に会員登録してみましょう

会員登録自体は無料でできて、既にお持ちのYahoo!アカウントでもログインできます

PayPayで決済できてTポイントも貯まりますよ

試し読みで最後まで読みたくなったら、実際に買って読んでましょう

⇒ebookjapanで実際に読んでみよう👆

 

Copyright© まんがの杜 , 2020 All Rights Reserved.