厳選した話題のおもしろまんがのネタバレ・最新話の紹介します

まんがの杜

恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー 13~14巻~朱里にライバル宣言をして会社に噂を広めてしまう香菜 のネタバレ・感想・無料試し読み!

投稿日:

『恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー』13~14巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では『恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー』の簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンク先の試し読みボタンをクリックして試し読みしてみて下さい♪

Yahoo!アカウントでログインすることができて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

⇒ebookjapanで『恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー』を無料試し読み

 

下記の書影をクリックして無料試し読み!👇

 

恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー 13~14巻ってこんなお話

浩之に何もできずに焦ってしまう朱里

香菜は浩之の体を拭こうとしたが、浩之は彼女がいると言って断った

朱里は家で寂しい思いをしていたが、お見舞い代表になったので、喜んで浩之の病室にやってきた

しかし浩之は、香菜にご飯を食べさせてもらっていたので、落ち込んでしまった朱里は、仕事にも集中できなかった

 

朱里を心配した浩之は、退院を早めて家に戻ってきてくれた

浩之はHができないので欲求不満になっていたので、朱里にフェラを頼んでみた

しかし朱里が戸惑ってしまったので、冗談だと誤魔化してしまった

 

浩之は会社に行こうとしていると、なんとそこに香菜と山口がやってきてしまった

朱里は急いで隠れたが、香菜は冷蔵庫で何かを見つけてしまった

 

なんとかしないとと思ってナマ挿入してしまう朱里

朱里は香菜にドス黒い感情を覚えてしまい、仕事も集中できなかった

朱里は浩之に営業をしてみたいと言っても、浩之は任せられないと断られてしまった

香菜は仕事中はずっと浩之をサポートしているので、何かをしなければと思った朱里は、本を読んでいた浩之に、フェラをし始めた

 

欲求が溜まっていた浩之は、すぐにイきそうになったのでフェラを止めた

すると朱里は、素股をすると言いながら、ナマ挿入してしまった

中で出しそうになってしまった浩之だったが、途中で抜けて助かった

浩之は朱里に、弟のために働いていると励ましてあげた

すると朱里は元気を取り戻し、今度はゴムありで浩之をイかせたのだった

 

⇒『恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー』を無料試し読み

 

朱里にライバル宣言する香菜

朱里は仕事から帰ってくると、冷蔵庫で朱里の弁当を見つけていた香菜が、付き合っているのかと声をかけてきた

朱里は仕方なく交際を認めると、香菜は朱里にライバル宣言してきた!

朱里は浩之に香菜にバレたことを話すと、浩之は香菜がバラすことはないだろうと楽観的だった

 

会社に行くと香菜は普通通りだったので、朱里は香菜に隠していたことを謝った

バラすつもりはないと朱里にいう香菜だったが、別の方法で朱里を追い込むつもりだった

 

噂を流し朱里を追い込もうとする香菜

香菜はメイクを変えたりして出社してきた

それに不安を感じていた朱里だったが、香菜は浩之に声をかけ、二人はどこかへ行ってしまった

浩之からは仕事の話をするだけだとメールが届いたが、やはり朱里は不安でしかたがなかった

 

しかし浩之は、新庄の店にいる写真を送ってくれて、時間通りに帰ってきてくれた

浩之は部下としてしか香菜とは接しないと言ってくれたが、やはり朱里の不安が消えることはなかった

 

会社で香菜は女子職員たちに近づき、朱里の噂を広めだした

そして朱里が会社に出社すると、女子職員たちから避けらてしまった

それに気づいた浩之は、朱里を飲みに誘って愚痴を聞いてくれた

朱里は昔、友人の彼氏にレイプされかけ、なぜか友人に恨まれてしまったことを話した

そんな話をしてくれた朱里に、浩之は偏見には開き直るしかないとアドバイスしてくれた

 

浩之に裏切られたと勘違いしてしまう朱里

浩之は新庄の店に朱里を連れてくると、交際記念の指輪をプレゼントしてくれた

浩之は指輪をしていれば、女子職員からの偏見も減って、男たちも近づかないだろうと言った

職場に指輪をつけていくと、実際そのとおりになった

 

また香菜は浩之に話があると言ってきたので、浩之は香菜と話しをすると朱里にメールを送った

それで心配になった朱里は会社へと向かうと、抱き合っている二人を目撃してしまった

朱里が去ってしまった後、浩之は香菜を引き離して付き合うつもりないというと、香菜は朱里とは体だけの関係ではないと言った

浩之は香菜が噂を広めたのだと気づき、そんなことをする香菜とは関わるつもりないと言った

 

香菜は外見だけの朱里が、男たちにチヤホヤされているのが嫌いだというと、どんな手を使っても仕事で自分を認めさせると言った

しかし浩之は、そんなことをいう香菜に、朱里のことを全然分かっていないというと、朱里は見返りを求めず人のことを考えてくれると教えた

そんなことをいう浩之に、香菜は抱きっているのを朱里は目撃したというと、その場から去ってしまった

 

二人が抱き合っているのを目撃した朱里は、北島の部屋に逃げ込んでいた

そして翌日、事情を説明しようとした浩之に、部屋を出ていくと言い出した!

 

>>>『恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー』を無料試し読み

 

恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー 13~14巻の感想

香菜は結構噂を流して朱里を追い込もうとしたりする、汚い奴でした

浩之はそんな香菜の正体を見破っていたので、付き合うつもりはありません

でも朱里は、完全に浩之が自分を裏切って香菜と付き合うつもりだと思い込んでしまっています

北島の部屋に逃げ込んでいるので、北島にまた付き合おうとか言い出すかもしれませんね

そうなってしまうと香菜の思惑通りになってしまいますが、この後どんな展開になるのかが気になってしまいますね

 

⇒『恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー』を無料試し読み👆

 

恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー を実際に読むには?

この記事を読んで『恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「ebookjapan」で実際に読んでみましょう

下記リンク先をクリックすればebookjapanのサイトへと行くことができます

是非一度、ebookjapanのサイトで試し読みしてみてください♪

⇒ebookjapanはコチラ

 

購入して読んでもいいという方は、実際に会員登録してみましょう

会員登録自体は無料でできて、既にお持ちのYahoo!アカウントでもログインできます

PayPayで決済できてTポイントも貯まりますよ

試し読みで最後まで読みたくなったら、実際に買って読んでましょう

⇒ebookjapanで実際に読んでみよう👆

 

Copyright© まんがの杜 , 2020 All Rights Reserved.