婚姻届に判を捺しただけですが 21~25巻~自分の代わりはいくらでもいるという香菜にブチ切れてしまう明葉 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『婚姻届に判を捺しただけですが』21~25巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では『婚姻届に判を捺しただけですが』の簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンク先の試し読みボタンをクリックして試し読みしてみて下さい♪

Yahoo!アカウントでログインすることができて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

⇒ebookjapanで『婚姻届に判を捺しただけですが』を無料試し読み

 

下記の書影をクリックして無料試し読み!👇

 

婚姻届に判を捺しただけですが 21~20巻ってこんなお話

明葉から柊を乗っ取ろうとする香菜

香菜は晴美似で、柊も関心があるように見えたので、明葉は焦ってしまった

しかし柊は緑の店で、指輪をオーダーしてくれて、自分たちの関係は特別だと言ってくれたので明葉は一安心していた

 

だが偶然、香菜に偽装結婚のことを聞かれてしまい、香菜は柊が寄生先にピッタリだというと狙い始めてしまった

しかし明葉は、出版予定の香菜の本の装丁を担当することになったので、仕事と割り切って会おうと思っていた

だが香菜は家で打ち合わせをすると、柊と相性がいいように見えた上に、乗っ取る気で満々だった

焦って自分たちの相性がいいと言い出した明葉を見た香菜は、柊が好きなのだと気づき、柊には向いていないと言って帰っていった

 

自分の代わりはいくらでもいると言い出す香菜

香菜はあからさまに柊と体の関係を狙い始めてしまい、イベントで柊に自分は好きな人に似ているのかと耳打ちした

しかしその時の写真を撮られてしまって、SNSで不倫だと投稿されてしまった

柊は香菜の言葉で、偽装結婚を明葉がバラしたと思って問い詰めていると、アップされていた投稿が不倫だと炎上し始めていた

 

炎上はさらに増して、香菜とも連絡がつかなくなってしまった

柊が香菜の部屋に行くと言い出したので、明葉は焦って自分が行くと言い出した

明葉が香菜の部屋に行くと、香菜は風邪をこじらせていた

そして香菜の部屋は見せる部分はキラキラしていたが、そうでない所は生活感が出ていた

香菜は必死に明葉を帰らせようとしたが、明葉は料理を作り出し始めると、香菜は自分の代わりなんていくらでもいると言い出した

その言葉が気に入らなかった明葉は、香菜と取っ組みあいのケンカをしてしまった

 

⇒『婚姻届に判を捺しただけですが』を無料試し読み

 

柊の真意を香菜に教えてあげる明葉

明葉は柊に怒られてしまい、今度は二人で香菜の部屋に行くと、香菜は同窓会のために地元に行っていた

香菜の後を追った二人だったが、駅から出た明葉は足を滑らせ足を挫いてしまった

手当をしていると偶然香菜がやってきて、柊は持ってきていた書類を見せた

その書類には、ネットで書かれた香菜を非難するコメントが書かれてあった

当然香菜はブチ切れてその場を去ってしまったが、その後でその書類を見直した明葉は…

 

同窓会にやってきた香菜は、同窓生たちから冷ややかな態度をとられていた

そこに柊と明葉もやってきたので、同窓生たちは修羅場が始まったと喜んだ

柊はそれを否定していると、明葉はまた書類を見せて、よくあるモノでアレンジできると読み取ることもできると言って、そんな香菜はスゴいのだと言ってあげた

 

帰り際に明葉、おんぶしてくれていた柊に、本物の結婚をしたいと聞こえないような声で呟いた

柊は駅にやってくると明葉にキスしてくれたが、明葉はこれは感謝のキスなのだと思ってしまった

 

明葉に離婚すると言い出す柊

無事、香菜の本は出版された

サイン会が開かれると、そこには元夫の圭吾も変装してやってきていた

ダメ夫と罵られて香菜に捨てられていた圭吾は、香菜に罵ってもらったので、目が覚めたと言った

そして香菜が必要だというと、その言葉に感激した香菜は、圭吾に抱きついた

そんな香菜は、自分に気が向いたことはないと言った柊が、美晴から気が移っていたのだと気づた

 

明葉は緑に、頼んでいた指輪にメッセージを入れたほうがいいと言われ、柊に本当に結婚しようとコクろうと思って帰ってきた

しかし家で待っていた柊は、明葉に離婚しようと頼んできた!!

柊はフランス行きが決まったと聞いた明葉は、それが原因なのかと思った

そこで柊に、自分も行ってもいいというと、柊は大反対した

 

離婚してしまった明葉

怒って祖母の店に家出してしまった明葉だったが、柊がおもちが行方不明で捜していることに気づいた

そこで急いで帰ってみると、柊は憔悴していたが、それでも離婚すると言い張った

明葉はどうしてそんなに離婚しないのかと問い詰めると、柊は本当に家族になりたい人が見つかったので、ケジメをつけたいのだと応えた

他の女が好きになったのだと思った明葉はキレてしまい、注文していた指輪もキャンセルしてしまった

そして柊と一緒に役所に行って、そこで離婚届にサインとハンコを押してしまった

 

柊と離婚してしまった明葉は、おもちの名前を呼んでいた

おもちは小さな男の子と遊んでいたが、明葉たちにイケメンの男がご飯ができたと言っていた

 

>>>『婚姻届に判を捺しただけですが』を無料試し読み

 

婚姻届に判を捺しただけですが 21~25巻の感想

どうやらずっと晴美を想い続けていた柊は、やっと区切りをつけたようです

明葉にはケジメをつけて誰かと一緒になりたいと言っています

明葉は柊と本当の結婚をしたいと思っていたのに、離婚したいと頼まれてブチ切れてしまいました

最後は子持ちの男と暮らしているように見えましたが、結婚してしまったのでしょうか

そうだと柊との関係は完全に終わってしまいますが、どうなってしまったのか気になりますね

 

⇒『婚姻届に判を捺しただけですが』を無料試し読み👆

 

「婚姻届に判を捺しただけですが」を実際に読むには?

この記事を読んで『婚姻届に判を捺しただけですが』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「ebookjapan」で実際に読んでみましょう

下記リンク先をクリックすればebookjapanのサイトへと行くことができます

是非一度、ebookjapanのサイトで試し読みしてみてください♪

⇒ebookjapanはコチラ

 

購入して読んでもいいという方は、実際に会員登録してみましょう

会員登録自体は無料でできて、既にお持ちのYahoo!アカウントでもログインできます

PayPayで決済できてTポイントも貯まりますよ

試し読みで最後まで読みたくなったら、実際に買って読んでましょう

⇒ebookjapanで実際に読んでみよう👆

 

© 2020 まんがの杜