花野井くんと恋の病 5巻~花野井が月葉と話ができたと知って嬉しくなるほたる のネタバレ・感想・無料試し読み!

『花野井くんと恋の病』5巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では『花野井くんと恋の病』の簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンク先の試し読みボタンをクリックして試し読みしてみて下さい♪

Yahoo!アカウントでログインすることができて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

⇒ebookjapanで『花野井くんと恋の病』を無料試し読み

 

下記の書影をクリックして無料試し読み!👇

 

花野井くんと恋の病 5巻ってこんなお話

みんなとお昼を食べれるようになった花野井

2年生になりクラス替えがあったが、花野井はお隣のクラスになった

クラスの女子から花野井のことで質問攻めにあったほたるを、同じクラスになった月葉が助けてくれた

 

女子3人で食べる日だったが、響が一緒になれなくなって、ほたるは月葉一人になることを心配してしまった

そこで花野井に相談して、月葉も加えて花野井とお昼を食べることにした

忘れ物を取りにほたるは教室へと戻ってしまい、月葉と花野井の二人きりになってしまった

 

一人でよかったのにと申し訳なさそうにいう月葉に、花野井はほたると一緒が楽しいならそんな風に言わなくいいと言ってあげた

そしてお昼を食べて先に月葉が教室へ戻っていくと、ほたる充電を花野井はし始めた

月葉と一緒で無理してないかと花野井を心配していたほたるだったが、結構二人は話ができたのだと知ってほたるは嬉しくなった

 

そこでほたるは花野井に、これから女子3人で食べる中に、花野井も加わるように提案した

今度は圭吾も加わって5人で楽しく食べていると、ほたるは花野井を下の名前で呼んでみると、花野井は赤面してしまった

 

絵本を見て泣いていた創平を守ってあげるほたる

創平は、泣いていてほたるに話を聞いてもらって、それをバラさないでいてくれたほたるのことが好きになった

しかしコクる勇気がなかった創平は、卒業してほたるとは別々の学校に通うことになった

誰でも仲良くなれる創平だったが、やはり恋をするのは苦手だった

 

花野井が一緒の小学校だったことを隠していたので、創平はどうしてなのかと聞くと、花野井は話す必要がなかったからだと答えた

小学校のクラスメートも花野井のことはあまり覚えていなかったが、創平がほたると交際しているとクラスメートは勘違いされていた

 

バイトで絵本の取り置きを頼まれた創平は、絵本を見て思わず泣いてしまった

ほたるがそれを見つけていると、創平を好きな女友達がやってきてしまった

それで咄嗟にほたるは泣いている創平を隠そうとすると、その女友達はほたるにキレだしてしまった

すると創平は店に来るのは迷惑だと言って、その女友達を追い払ってくれた

 

休憩時間にほたるとようやくちゃんと話せた創平は、自分の印象をほたるに訊ねてみた

尊敬していると答えたほたるに、創平はもっとほたると話したいと言った

 

⇒『花野井くんと恋の病』を無料試し読み

 

深刻そうに話をしだした花野井を止めるほたる

ほたるはバイトが終わって、バイト仲間とボウリングすることになった

花野井に創平は、ほたるの前ではちゃんと話そうと言っても、やはり花野井はつまらなそうな顔をしていた

ボーリングが終わって、花野井と創平は卓球対決をし始めた

創平は花野井が他人任せなことを他の人に言えば、それはほたるに結局帰ってきて、嫌な思いをさせるだけだと言った

そう言われてショックな顔をした花野井は、お前だけには言われたくないと言って去っていった

 

帰り道でケガをしたほたるを、花野井は手当してあげた

ほたるは自分が髪を切られてから距離を置いていた創平と、今日は普通に接することができたと言った

過去のことを引きずっている花野井は、強くなりたくてもなかなかなれないと言って、ほたるにキスしようとした

 

キスを思いとどまった花野井を、ほたるは抱きしめてあげた

しかし花野井はほたるを引き離して、言ってないことがあると深刻そうな顔をした

そんな花野井にほたるは、無理しないで少しずつ話していこうと言ってあげた

 

花野井にキスのOKサインを出すほたる

ほたると花野井は格好探検をしていると、剣道部の月葉からバスケ部の練習を見に行くように勧めた

圭吾はバスケ部に入っていたが、響は目立たないように見守っていた

花野井の入部を誘ってきた圭吾に、花野井は速攻で断ったが、それで響は助かったと言った

圭吾は入ってすぐ先輩たちを押しのけ、レギュラーになったので軋轢があるからだった

そんなことを聞いた花野井は、みんなそれぞれいろいろ抱えていることがあるのだと呟いた

 

そこでほたるは友だちは作らないのかと聞いてみると、花野井は年上の友だちが一人だけいたと答えた

その友だちのことを、花野井は楽しそうに話してくれた

花野井の話を聞いたほたるは、花野井はいい人だと言ってあげると、花野井のほっぺにキスをした

キスがOKの合図だと分かった花野井は、早速ほたるにキスをして、自分の下の名前を呼ばせて何度もキスしてしまった

 

>>>『花野井くんと恋の病』を無料試し読み

 

続きはコチラ👇

花野井くんと恋の病 6巻~花野井が黒江との会話を楽しんでいると知ってうれしくなるほたる のネタバレ・感想・無料試し読み!

 

花野井くんと恋の病 5巻の感想

少しずつですが花野井は、ほたるの周りの人たちに心を開きつつあるようです

それがほたるは、嬉しいようですね

花野井はほたるの髪を切られて何もできなかったことを話そうとしました

でもほたるは花野井に無理をさせたくないほたるは、それを止めてあげました

これからもっと他の人たちに心が開けるようになれば、無理せずほたるに話せるようになるかもしれません

ほたるのお陰で心のリハビリが進んでいる花野井ですが、とうとうほたるとキスもできたので、これからもっと心が開けるようになるといいですね

 

⇒『花野井くんと恋の病』を無料試し読み👆

 

「花野井くんと恋の病」を実際に読むには?

この記事を読んで『花野井くんと恋の病』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「ebookjapan」で実際に読んでみましょう

下記リンク先をクリックすればebookjapanのサイトへと行くことができます

是非一度、ebookjapanのサイトで試し読みしてみてください♪

⇒ebookjapanはコチラ

 

購入して読んでもいいという方は、実際に会員登録してみましょう

会員登録自体は無料でできて、既にお持ちのYahoo!アカウントでもログインできます

PayPayで決済できてTポイントも貯まりますよ

試し読みで最後まで読みたくなったら、実際に買って読んでましょう

⇒ebookjapanで実際に読んでみよう👆

 

© 2020 まんがの杜