御手洗家、炎上する 1巻~13年前の火災で真紀子を目撃していた杏子 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『御手洗家、炎上する』1巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

この記事では『御手洗家、炎上する』の簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンク先の試し読みボタンをクリックして試し読みしてみて下さい♪

Yahoo!アカウントでログインすることができて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

⇒ebookjapanで『御手洗家、炎上する』を無料試し読み

 

下記の書影をクリックして無料試し読み!👇

 

御手洗家、炎上する 1巻ってこんなお話

御手洗家で働くことになった杏子

杏子は偽名を使って御手洗家の真希子の家に向かった

真希子は主婦モデルとして名を売っていたので、代行に頼むことを隠そうとした

真希子は、1階を掃除するように言ったが、なぜか2階は絶対にやるなと厳命した

掃除をし始めると床にはバレッタが落ちていたが、杏子はそれをコッソリポケットに入れてしまった

 

杏子の働きぶりを見た真希子は、杏子を正式採用した

仕事を終えた杏子は、そのまま母のいる病院へと向かった

母親は精神を病んでいて、妹の柚子にバレッタを見せた杏子は、計画をやり遂げなければならいと言った

 

杏子はもともと、御手洗家の娘だった

しかし火事が起こってしまい、それが母親のせいとなってしまった

杏子は火事のとき真希子を見かけていたので、本当の犯人は真希子だと思っていた

だが両親は離婚して、真希子が後妻になってしまったのだ

 

杏子を2階に行かせない真紀子

杏子は2階も掃除したいと言っても、やはり真希子は許さなかった

杏子は物置で母親のパンプスを発見したので、それを母親に見せた

しかし精神を病んでいた母親は、それが父親とのデートを思い出しても、杏子が誰だか分からないでいた

 

杏子は真希子が出かけていったことを確認して、2階へと上がった

ゲームや漫画の散らばる部屋に入った杏子だったが、部屋の主の青年は杏子に出ていくように言って、部屋に近づくなと警告した

 

引きこもりになっていた希一

真希子には二人の息子がいて、兄の希一は社交的で勉強もできた

しかし弟の真二はどんくさくて勉強もできないので、杏子は密かに希一のことが好きになっていた

 

杏子はそれで、2階に引きこもっていたのは真二だと思っていた

真二を飼い慣らそうと考えてサンドイッチを持っていった杏子は、引きこもっていたのは真二ではなく希一だと気づいてしまった

杏子はなかなか話に乗ってこない希一に、昔読んでいた星の本のことを話すとやっと希一は反応してくれた

 

希一は13年前の火災の後、真紀子に本当に杏子たちの母親の火の不始末なのかと聞いてみた

そして真紀子の反応を見てしまった希一は、引きこもりになってしまったのだった

 

>>>『御手洗家、炎上する』を無料試し読み

 

続きはコチラ👇

御手洗家、炎上する 2巻~希一と会っていたことが真紀子にバレてクビになってしまう杏子 のネタバレ・感想・無料試し読み!

 

御手洗家、炎上する 1巻の感想

どうやら13年前の火災を起こしたのは杏子の母親ではなく、真紀子の仕業のようです

恐らく希一は真紀子の仕業だと気づいて、ショックで引きこもってしまったのでしょうね

杏子はそんな希一を、飼い慣らして真紀子への復讐に利用しようと考えています

昔は好きだったようですが、さすがに引きこもりを好きにはなれないでしょうね

家を乗っ取ってしまった真紀子に復讐するため、杏子は放火の証拠を見つけようとしています

母親の物は見つかっていますが、まだ決定的な証拠品が見つかっていません

恐らく家を乗っ取ったような奴なので、簡単には見つけられないようにしている可能性があります

これから杏子が、どうやって真紀子を追い込んでいくのか、とても楽しみですね

 

⇒『御手洗家、炎上する』を無料試し読み👆

 

「御手洗家、炎上する」を実際に読むには?

この記事を読んで『御手洗家、炎上する』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「ebookjapan」で実際に読んでみましょう

下記リンク先をクリックすればebookjapanのサイトへと行くことができます

是非一度、ebookjapanのサイトで試し読みしてみてください♪

⇒ebookjapanはコチラ

 

購入して読んでもいいという方は、実際に会員登録してみましょう

会員登録自体は無料でできて、既にお持ちのYahoo!アカウントでもログインできます

PayPayで決済できてTポイントも貯まりますよ

試し読みで最後まで読みたくなったら、実際に買って読んでましょう

⇒ebookjapanで実際に読んでみよう👆

 

© 2020 まんがの杜