私の正しいお兄ちゃん 4巻~理世がウソをついていたと知り強引に唾液を採取しようとする立花 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『私の正しいお兄ちゃん』4巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

この作品は電子書籍ストアのeBookJapanでも配信されています

すぐに読んでみたい人は書影をクリック👇

私の正しいお兄ちゃん 4巻ってこんなお話

理世がウソをついていたと気づく立花

理世は、海利を探しに海へと向かうと、海利は血を流して倒れていた

目を覚ました海利は、マサキを殺したのは自分だというと、死んだほうが理世の気も晴れるだろうと言った

海利は救急車を呼んだが、親族しか乗れないので兄だと嘘をついた

海利は手当てを受けると、血縁関係だけでは家族じゃないと主張した

佐久間は理世のDNA鑑定の結果を受け取り、愕然としていた

兄妹の可能性は、ほとんどないと診断されたからだった

だが立花は、理世が診断ケンカを聞いてあまりに喜んだので、もしかすると理世は海利と元々味方をしていたのではないかと思った

調べてみると、やはり理世はバイトのシフトをウソをついていた

このままだと捜査も打ち切りになってしまうので、立花はなんとしても理世の細胞を採取しようと思った

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

再度理世の唾液を採取しようとする立花

理世は、海利を部屋に連れ込んでいたことが管理会社にバレてしまった

それで理世は引っ越して一緒に住もうと言ってくれたが、海利はバイトをクビになってしまった

理世は立花が店に来ているからだと知って、自分でなんとかしないといけないと思った

立花を呼び出すと、理世は土下座して放っておいて欲しいと頼んだが、立花は強引に細胞を採取しようとした

それを海利は阻止して二人は逃げたが、理世は逃げられないと言い出した

しかし海利は、明日か明後日には、大丈夫になるハズだと言った

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

京香の証言で助かった二人

警察署には、なんとマサキにレイプされた京香が来ていた

事前に海利と会っていた京香は、マサキを殺してくれた海利は恩人で、警察には自分はマサキと会っていたと主張していた

そして京香は海利の写真を指差し、この男がマサキだと言った

佐久間は海利に死体は海利だったと伝えると、海利の母親も認めているというだ

海利の父親は、交通事故にあってしまい、精神がおかしくなっていた

そんな父親を見捨てた母親は、別の男と結婚したいので、海利が邪魔なので死んだと認めていたのだった

海利は酷い家庭だと笑いだすと、佐久間に自分が微罪にしか問われないことを確認したのだった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

引っ越しして兄妹として暮らしだした二人

大学に海利はやってくると、兄になりたいと言い出した

理世はそれでは海利が困るハズだというと、海利は家族になろうと言って、理世の指に指輪をつけてくれた

兄妹になるので、海利の荷物を処分することにした二人だったが、理世はやはり自分があげたぬいぐるみを捨てることを躊躇ってしまった

マサキに呼ばれた気がした理世は、ごめんなさいと謝ると、部屋を出て海利を兄と呼ぶようになった

引っ越して兄妹として暮らすことにした二人に、立花は謝りにやってきた

そんな立花に理世は、兄と暮らすことを心の支えとして生きてきたので、今は幸せになったと言った

立花は幼馴染みの哲也がひき逃げをしたので説得して警察に連れて行き、交通事故で死んでしまって家族を悲しませたことが心に残っていた

それで立花は、関わった人たちが正しく生きれるようにしたいと思っていた

マサキを殺した海利に罪を償わせないことには、立花はまだ納得いかないところはあったが、理世が幸せになって欲しかったので、海利にはちゃんと生きるように頼んで、二人を見送ったのだった

そうして二人は兄妹、夫婦、家族として暮らし始めた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

この話を最初から読むならコチラ👇

私の正しいお兄ちゃん 4巻の感想

結局、理世が千葉の唾液を鑑定に出したことで、二人は助かりました

立花はそれに気づいて再度唾液を採ろうとしていましたが、理世が海利を兄として求めていることを知って諦めました

マサキ殺しはいけないことですが、マサキは京香をレイプしたワルなので、仕方のないところはあります

それに海利を逮捕して罪を償わせても、海利が哲也のようになってしまって、理世を悲しませたくなかったのでしょうね

二人は兄妹ということにして、実際には夫婦関係を続けていくことになります

それが続けられるのかは分かりませんが、ふたりにはやはり幸せになって欲しいですね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

「私の正しいお兄ちゃん」を実際に読むには?

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?