花野井くんと恋の病 6巻~花野井が黒江との会話を楽しんでいると知ってうれしくなるほたる のネタバレ・感想・無料試し読み!

『花野井くんと恋の病』6巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

この作品は電子書籍ストアのeBookJapanでも配信されています

すぐに読んでみたい人は書影をクリック👇

花野井くんと恋の病 6巻ってこんなお話

ほたるに自己紹介カードを渡せなかった花野井

小学生の頃、花野井はほたるを見るため公園で読書をしていた

それに気づいたおじさんは花野井と話していると、バトミントンのシャトルが飛んで当たった

やってきたほたるは素直におじさんに謝って去ると、おじさんは普通のことがすることは本当は難しいのだと言った

ほたるをずっと影から見ていた花野井は、友だちがいなかった

花野井は宿題で出された友だちと自己紹介カードを交換できず、困り果てて紙飛行機にして飛ばしてしまった

するとほたるが拾ってきてくれて、自分のカードを渡してくれた

花野井は後でカードを渡すことになったが、ほたるが創平に抱きつかれているのを目撃して、なかなかできないでいた

そして卒業が迫ったある日、意を決して教室へと向かうと、ほたるがのんに髪を切られてしまうのを目撃してしまった

何も出来ずに逃げてしまった花野井は公園で泣いていた

するとおじさんは自分を最低野郎だと罵る花野井に、恋をしていけない人などいないと教えてあげた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

黒江との会話が楽しくなっていた花野井

黒江と休憩していた花野井は、黒江からこんな風に友だちと話さないのか聞かれた

友だちは作らないと答えた花野井に、黒江は花野井と話をするのは結構楽しいと言ってくれた

そんな黒江に、彼女からカワイイと言われる彼氏をどう思うのかと花野井は訊ねた

キスが気になって仕方がないほたるは、姉とリップを買いに出かけた

花野井たちを見つけると、イケメンの花野井を見た姉は、ほたるが弄ばれていないか心配してしまった

花野井は黒江と話すと不思議な感覚になると言ったので、ほたるは黒江との会話が楽しいのだと持ってうれしくなった

キスをして恥ずかしがって目を合わそうとしないほたるに、キスを許可制にしようと花野井は言った

ほたるは嫌じゃないと答えたので、今すぐキスしたくなった花野井は、周りに見えないように帽子で隠しながらキスしてくれた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

花野井にみんなに歩み寄ればいいとアドバイスする圭吾

球技大会の優勝して、ほたるを喜ばせようと思った花野井は、バスケが上手い圭吾に練習したいとお願いした

圭吾はみんなとしないと意味がないというと、嫌われていると言った花野井に、歩み寄ればいいだけだとアドバイスしてくれた

まだ花野井は馴れ合いはしないと言い出したが、とりあえずみんなと練習を始めた

圭吾と必殺技の練習をした後、花野井はほたるに圭吾は教えるのが上手かったと言った

ご褒美に頭をナデナデしたほたるは、みんなと練習できている花野井はキラキラしていると言ってあげた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

みんなを大切にしたい花野井に気づくほたる

花野井は真面目に練習するので、みんなの見る目も変わってきていた

それで花野井はご飯を食べに行こうと誘われたが、早くほたるに会いたい花野井は断ってしまった

すると圭吾はそれに気づいて、みんなに上手く言って花野井を帰してくれた

ほたるに会うなり抱きついた花野井は、ほたるを疎かにしていると言い出した

ほたるは自分も練習しているというと、そんなに自分のことだけ考えなくてもいいと言ってあげた

それが出来ないと言った花野井は、みんなのことを大切にしたいと思っているのだと気づいたほたるは、花野井のために何かしてあげたくなった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

試合に勝ってほたるを抱き上げ喜ぶ花野井

大会当日、これで馴れ合いは最後だという花野井に、ほたるはそれでは今まで頑張った花野井自身に失礼だと言った

ほたるから弁当をもらい、みんなのところへやってきた花野井は、ご飯の誘いを断ったことを気にしていた

すると圭吾は、みんなも花野井のことを気にしていたと話すと、距離感は人それぞれだから気にしないでいいと言ってくれた

花野井の試合を見にいくと、バスケをみんなとしている姿はいつもよりキラキラしていた

そしてこれまでの練習で圭吾たちと息が合うようになっていた花野井は、圭吾からのパスを受け取ると、見事に必殺技のアリウープを決めて試合に勝つことができた

かっこよかったと駆けつけてきたほたるを、花野井は抱き上げて喜んだ

そんな花野井の笑顔は、ほたるにとって今までで一番ステキな笑顔だった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

花野井くんと恋の病 6巻の感想

だんだん周りのクラスメートとも関われるようになってきた花野井は、ほたるの直感のとおり圭吾と上手く息が合うようです

圭吾はついつい余計なことを言ったりしますが、花野井のことを気遣ってくれるいい奴でした

この調子なら花野井は、ほたるに過去のことを無理なく言えるようになるのも近いかもしれませんね

いつもほたる以外には壁を作っていた花野井ですが、周りの人のことはちゃんと見れているので、人との距離感を掴むのも結構早いかもしれません

だんだん仲間とも打ち解けられるように花野井は、これからどんどん明るい性格になっていきそうな気がしますね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

「花野井くんと恋の病」を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?