厳選した話題のおもしろまんがのネタバレ・最新話の紹介します

まんがの杜

リエゾン ―こどものこころ診療所― 1巻~親からネグレクトを受けて発達障害で苦しんだ経験がある志保だから同じ痛みを抱える人に寄り添えるという佐山 のネタバレ・感想・無料試し読み!

更新日:

『リエゾン ―こどものこころ診療所―』1巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

この記事では『リエゾン ―こどものこころ診療所―』の、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンクをクリックして、まんが王国で『リエゾン ―こどものこころ診療所―』を検索して試し読みしてみて下さい♪

⇒まんが王国で『リエゾン ―こどものこころ診療所―』を無料試し読み

 

🔻絵付きですぐに読みたい人は、書影を今すぐクリックしよう!🔻

 

リエゾン ―こどものこころ診療所― 1巻ってこんなお話

佐山にいきなり発達障害だと言われる志保

研修医の志保は、いつもミスばかりしていた

患者に通常の10倍の薬を出してしまい、教授の山崎に患者を任せられないと言われてしまった

小児科を諦めるようにも言われた志保は、同じ研修医の加奈に自分はダメだと愚痴った

そんな志保に加奈は、子どもが大好きな志保は諦める必要はないと言ってくれた

 

志保の次の研修先は、問題児扱いされていたのでなかなか決まらなかった

ようやく佐山の病院が引き受けてくれた

病院に行くと佐山は、嫌がる子どもの手を便器に突っ込み、暴露法の治療をしていた

そんな佐山は山崎から志保の資料を受け取っていたので知っているというと、いきなり志保は発達障害だと言った

 

いきなり発達障害だと言われても、当然志保は受け入れられなかった

しかし志保は、虐待を受けている子どもの診察に陪席すると、自分が受けた虐待を思い出して気分が悪くなってしまった

心理士の向山は佐山からの休むようにと伝言を伝えると、自分に向き合わないといけないと言った

 

志保は佐山から呼ばれまた診察の陪席だと思ったが、志保の診察だった

佐山は志保を診ていた医者から話しを聞いていて、資料も受け取っていた

普通の家庭のように見えた志保の家庭も、母親が父親から虐待を受けていたので、母親を心配させまいとして発達障害になってしまったのだ

それでも受け入れられないという志保に、佐山はそんな志保だからこそ同じような痛みを抱えた人たちに寄り添えるのだと言った

そんな佐山もまた発達障害で、過去のことは志保のせいじゃないというと、志保は子どもにもどったかのように佐山に抱きしめられながら泣いてしまった

 

⇒『リエゾン ―こどものこころ診療所―』を無料試し読み

 

上手く絵を描けているので描けていないという涼太

佐山は学校の先生たちにも来てもらい、発達障害のある子どもへの対処についてアドバイスしていた

すると一人の先生が、帰り際に志保に相談したいと言ってきた

涼太の絵を見せた先生は、こんなに上手く描けているのになぜか上手く描けていないというのだ

その涼太の絵を見た佐山は、涼太は金の卵だと言った

 

涼太の両親は離婚していたが、涼太は自分の描いた絵を父親に見てもらいに来ていた

母親はいつも涼太とゲームをしていた

帰宅した涼太の描いた絵を母親は見ようすると、涼太は頑なに見せようとはしなかった

 

それで母親は、涼太を佐山の病院へと連れてきた

涼太は母親の前では絵を描こうとしなかったが、別室へといくと絵を描きだした

その頃、母親は佐山から涼太は自閉スペクトラム症だと聞いても受け入れられずにいた

 

志保は涼太が描いた絵を持ってきた

子どもの絵とは思えない出来で、佐山は治療法はなくても成長できるのだと話した

そして母親がちゃんと出来たら見せるように言ったので、それで涼太は父親に絵を見せていたことを知った母親は、ダメ親だったと言って泣き出してしまった

すると佐山は母親に絵を渡し、やるべきことがるというと、母親は涼太を褒めてあげたのだった

 

うつ病の父親とゴミ屋敷化した家に住む悠里

悠里が診察をドタキャンしてしまったので、志保は見た目がチャラい川島と様子を見にいった

悠里の家はゴミ屋敷化していて、悠里はその中でお好み焼きを作っていた

父親はうつ病で寝込んでいて、酒で薬を飲んでいた

そして父親は土下座して、ちゃんと片付けられないことを謝ったので、二人はこんな状況は続けるべきではないと判断した

 

志保は悠里が児童相談所に一時保護になると、絶望した父親が自殺しないか心配していた

それにこのまま悠里を保護されれば、二人の関係は完全に崩壊してしまうだろうと思っていた

それで志保は、二人を佐山の病院で診て欲しいと頼んだのだった

 

⇒『リエゾン ―こどものこころ診療所―』を無料試し読み

 

父親と一緒にいたくないという悠里

悠里と父親はやってきたが、父親はスーツ姿で就職するつもりだと言った

しかし悠里は、何かソワソワしていて、学校に行きたいか聞いても答えようとしなかった

志保は父親が就職すれば悠里も学校にいけると喜んだが、川島はうつ病の父親が元気そうに見えることがヤバいと思っていた

 

悠里はコンビニで酒を盗もうとして補導されてしまった

それを知った父親は、悠里が佐山の病院に連れて来られたと知ると駆けつけてきた

しかしそこに来ていた児童相談所の田辺は、悠里は学校にも行けないでいるので、帰すことはできないと言った

その言葉に父親は逆上してしまって暴れだした

志保は悠里にどうしたいか聞くと、学校に行きたいと答えた悠里は、父親とは一緒にいたくないと泣き出してしまった

 

父親を説得する悠里

それで志保は、父親に一時保護になることを説得しようと決めた

父親には今の状態は虐待だというと、悠里も一緒に暮らすことは拒否していると言って一時保護の必要性を説明した

すると父親は、今度は悲観的になって、自分といてもツラいだけだろうと言い出した

そんな父親に志保は自分も発達障害だと明かすと、父親は土下座して悠里のことを志保のことを頼んだ

 

志保は発達障害のことを受け入れ、検査を受けていた

そして悠里は、児童相談所に一時保護されていたが、志保の過去のことを参考にしてもらい、特別学級のある小学校に通うことが決まった

 

>>>まんが王国で『リエゾン ―こどものこころ診療所―』を無料試し読み

 

リエゾン ―こどものこころ診療所― 1巻の感想

子どもが発達障害になってしまう原因は、それぞれだと思いますが、やはり家庭環境が影響しているようです

いつもミスばかりしていた志保も、どうやら親から受けていたネグレクトが原因で発達障害になっていたことが原因でした

どうしてもミスしてばかりだったり、何かに気を取られていてばかりだったりすると、学校や職場では浮いた存在になってしまいます

まだ志保は、教授の山崎が理解のある人だったのでよかったですが、普通の状態なら仕事を辞めたりすることになってしまうでしょうね

発達障害でも、エジソンのように大成功をしたりする人もいて、必ずしも発達障害だからダメだということではありません

やはりちゃんと発達障害のことを多くの人が理解していないと、発達障害の人たちは不幸になってしまいます

多くの人にこのマンガで読んでもらって、もっと発達障害のことに関心を持つ人が増えるといいですね

 

⇒📖まんが王国で『リエゾン ―こどものこころ診療所―』を無料試し読み👆

 

「リエゾン ―こどものこころ診療所―」を実際に読むには?

この記事を読んで『リエゾン ―こどものこころ診療所―』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で、『リエゾン ―こどものこころ診療所―』と検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます。是非一度、まんが王国のサイトで『リエゾン ―こどものこころ診療所―』を検索してみて下さい♪

⇒まんが王国はコチラ

 

購入して読んでもいいという方は、実際に、会員登録してみましょう。会員登録自体は、無料でできますよ

まずは必要な分だけポイントを、500円~購入してみましょう

まんが王国を利用してみて、継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

⇒まんが王国で『リエゾン ―こどものこころ診療所―』を実際に読んでみよう👆

 

Copyright© まんがの杜 , 2020 All Rights Reserved.