悪し妻かたり 1巻~水松女の体を傷つけていた長治の亡霊や取り憑いていた蛇神を叩き斬ってしまう宗清 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『悪し妻かたり』1巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

🔻絵付きですぐに読みたい人は、書影を今すぐクリックしよう!🔻

悪し妻かたり 1巻ってこんなお話

宗清に側女を置くようにいう水松女

実家に戻っていた水松女は、自分の夫だった長治を殺害した加佐家の次男の宗清との結婚が決まった

水松女の実家の荒迪家は、嫁ぎ先に隆盛をもたらすと言われていたが、水松女には悪い噂が立っていた

水松女と宗清は、長治の城の明け渡しの際に会っていたが、見事な明け渡しだったので宗清は水松女に悪い印象をもっていなかった

城にやってきた水松女は、自分が子どもを産めないというと、宗清に側女を置くように言った

そんな水松女のことを、加佐家の四男の孫四郎は心良く思っていなかった

宗清に好印象を抱く水松女

水松女は宗清に長治の遺品が欲しい頼み、自分の部屋へとやってきた

宗清に好印象を持った水松女だったが、まだ油断はならないと侍女たちに言った

前の夫の長治は水松女を妻としては扱わず、自給自足の生活を強いられていた

薬草も作っていた水松女だったが、畑を頼んでいた源太が宗清に捕まってしまった

そこで水松女は宗清に、長治が民が蓄えを持たせなかったから作っていたのだと説明すると、宗清は罰するどころか関心を持ってくれた

宗清は薬草を作ることを推奨すると、本を貸して欲しいと頼んできた

前の夫の長治は、水松女が本を持つことを毛嫌いしていたので、それを思い出した水松女は嬉しくてつい顔が赤くなってしまった

水松女は水をこぼした下女を怒鳴った孫四郎の声のせいで、顔が引きつってしまたので、領民たちにまた誤解されてしまった

それで水松女は、自分は正室にふさわしくないと侍女に言ったが、それは本心ではなかった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

子どもを産まない水松女の体を傷つけていた長治

水松女は宗清から長治の形見の短刀を受け取ると、一人で部屋に籠もり供養を始めた

それが気になった宗清が、部屋を覗くと長治の亡霊がいた

長治は自分を受け入れずに子どもができない水松女の体を、ずっと傷つけていた

その傷を見せつけられた宗清は、長治の亡霊を刀で突いた

すると長治には蛇神が取り憑いていた

宗清が水松女に子どもができないのは、お前のせいなのかと聞くと、蛇神は水松女が受け入れないからだと答えた

水松女が心を汚されないように、ずっと長治や蛇神に抵抗していのだと知った長治は、亡霊と蛇神を斬り殺したが、その直後に水松女は気を失ってしまった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

水松女の体の傷を受け入れてくれた宗清

宗清は水松女の体の傷も受け入れてくれて、自分の体の戦の傷と同じ戦った証だと言ってくれた

そして宗清は、水松女が自分を受け入れてくれれば、子どももデキるのではないかと思っていた

しかしそんな宗清を、いとという名の侍女が世話をするようになった

水松女はいい側女ができたと言っていたが、やはり宗清のことが気になる様子だった

コッソリ小犬の出産を見に行った水松女だったが、いとに見つかり声をかけられ結局宗清と話しをすることになった

水松女は雪室のことを宗清に話したが、それを見ていた孫四郎はやはり水松女のことが嫌いだった

それとは反対に、宗清の部下の左馬之介や侍女のつゆは、水松女は噂のような悪女ではないと感じていた

水松女はつゆと廊下を歩いていたが、それを見ていたいとは…

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

続きはコチラをクリック👇

悪し妻かたり 1巻の感想

水松女の前の夫の長治は、とんでもない奴でした

いくら水松女が子どもを産まないからと言っても、体を傷つけたり妻に自給自足の生活を強いていました

どうやら宗清は、とても領民想いでいい夫になれそうな男です

水松女はそんな宗清のことが好きになったようですが、なかなか素直になれないようです

やはり体に傷があって悪い噂も立てられているので、好きであるほど余計に身を引きたいというのは分かる気がしますね

今のところ、宗清の弟の孫四郎には嫌われている水松女ですが、部下の左馬之介や次女のつゆは水松女に好印象を持っているようです

宗清の世話をするようになったいとは、あまり感情を表に出さない性格なので、水松女にどういう感情を持っているのかが今一分かりません

でも小犬の出産をコッソリ見ていた水松女に気づいて声をかけたのはいとだったので、結構性格がいいのかもしれませんね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

「悪し妻かたり」を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?