夫のちんぽが入らない 4巻~断薬しての妊活に失敗したさち子を慎の両親に欠陥品だと言ってしまう母親 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『夫のちんぽが入らない』4巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

この作品は電子書籍ストアのeBookJapanでも配信されています

すぐに読んでみたい人は書影をクリック👇

夫のちんぽが入らない 4巻ってこんなお話

ひきこもりになったさち子

さち子は教師を辞めてしまうと、引きこもりになってしまった

しかし最初は毒が抜けていく感じだったが、次第に自分がダメ人間だと思うようになってしまった

そして引きこもるようになって1年が経つと、ついに体が全く動かなくなってしまった

さらに体を触られると激痛が走り、まともに歩けなくなってしまった

手も腫れて病院へと行くと免疫疾患だと判明し、大量の薬を飲むようになった

すると祖母が倒れた連絡が入り病院へと駆けつけると、祖母はさち子と代わってあげたいと言って亡くなってしまった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

美幸との再開で前に進むことを決意するさち子

さち子に担任をしていた子どもたちの卒業式の案内が届いた

さち子は学校へとやってくると、子どもたちが書いた未来の自分への手紙を渡した

しかしさち子は、自分は卒業式に出る資格がないというと、そのまま帰えろうとした

そこにカルト教団にハマっている母親と一緒に美幸がやってきた

美幸の嬉しそうな顔を見たさち子は、これで自分も卒業できた気持ちになれたのだった

家でゴロゴロしていたさち子だったが、そこに中学生になった美幸がやってきた

部活の合宿に遅れたという美幸を、さち子は車で送ってあげた

さち子は美雪に、もっと親身にしてあげればよかったと言った

しかし事故を起こしそうになって美幸に叱られてしまったが、それが寝ているばかりの自分に進むように叱っているように聞こえた

さち子は医者から、薬の調整をしながら妊娠出産も可能だと言われた

ちんぽが入らない問題はあるが、さち子は断薬して子作りをすることを決めた

それでもさち子は、子どもをちゃんと育てられるか不安もあったが、慎はさち子の子ならいい子のハズだと言ってくれた

妊活に失敗してしまうさち子

それからもさち子は、慎のために子どもを産もうと頑張っていた

しかし断薬は想像以上の苦しく、ついにさち子はぶっ倒れてしまった

それで妊活を諦めてしまったので、さち子は母親と慎の両親に謝りに行くと、母親はさち子のことを欠陥品だと言い放った

そんな母親も帰りの電車で眠ってしまったので、さち子は母親に無理をさせていたのだと気づいた

臨時講師の仕事をしていたさち子だったが、日帰りでのバスツアーに誘われた

慎はまだデリヘルに行っていて、そのついでにさち子を集合場所へと連れていった

旅行中もさち子は、デリヘルのことが気になって仕方がなかったが、やはり不能の自分に慎は責める資格はないと思っていた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

続きはコチラ👇

夫のちんぽが入らない 4巻の感想

さち子は引きこもりになった上に、免疫疾患の病気になってしまいました

普通なら完全に廃人化してしまいそうな状況ですが、美幸に会ってようやく前に進めるかと思いましたが、今度は妊活失敗にも失敗しています

慎はまだデリヘルに行っていますが、さち子が責める気にになれないのも仕方がないですね

これだけ苦しいことが続いてしまうと、自殺まで考えてしまいそうな状況です

これからさち子がどうなってしまうのかはまだ分かりませんが、なんとか今の状況を乗り切って安心して生活できる夫婦生活がやってくるといいですね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

「夫のちんぽが入らない」を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

© 2021 まんがの杜