君が僕らを悪魔と呼んだ頃 11巻~蒼志の義父につけられたひっかき傷が見つかる前に悠介を殺そうと決めた米村 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』11巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』の簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンク先の試し読みボタンをクリックして試し読みしてみて下さい♪

Yahoo!アカウントでログインすることができて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

⇒ebookjapanで『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』を無料試し読み

 

下記の書影をクリックして無料試し読み!👇

 

君が僕らを悪魔と呼んだ頃 11巻ってこんなお話

悠介に罪をなすりつける方法を思いつく米村

会澤の電話で起きた悠介は、米村のことを聞いていた

そこに蒼志がやってきて、義父殺害のことは悠介がやる理由はないハズだと言った

そして蒼志は、現場にいくと義父の死体があったが、翌日にはなくなっていて米村に会ったと話した

 

蒼志の話を聞いた悠介は、蒼志の来る前に義父は殺され、蒼志がいたときには犯人はまだ現場にいただろうと話した

夏樹のことを話すと、蒼志は悠介の仕業だと言い出したが、悠介はこれで犯人の尻尾を掴んだと言った

それで悠介は米村が自分になりすまして夏樹に虐待を加えたのだと判断し、夏樹に会うため東京へと向かうことにした

 

自宅にいた米村は、悠介に罪をなすりつける方法を思いついた

そして米村は、部下と蒼志の部屋に行くと、茜と話をして茜が悠介に惚れてしまっていることに気づいた

米村は茜に、悠介は悪魔だというと、蒼志と話し会うように言った

 

廃人となった母親に悠介を会わせる会澤

東京へとやってきた悠介だったが、夏樹に会うことはできなかった

すると会澤は悠介を、ボケはじめていた母親に会わせた

母親は悠介が悪魔だったとことに気がついていたが、知らないフリをしていた

そして悠介を産まなければよかったと言った母親は、悠介は自分を忘れてしまったようなので、これで平穏な暮らしができると言って泣いた

 

母親は、悠介に恨みのある誰かの放火が原因で、今のような状態になっていた

会澤は、悠介の罪は絶対に消えないというと、悠介の最期を見届けるために協力していると言った

 

その直後に悠介は倒れてしまった

悠介は目を覚ますと、環がいた

環は悠介を殴ると前に進むように言ったので、悠介は蒼志たちの元へ戻ることにした

 

⇒『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』を無料試し読み

 

明里に協力することに決めた夏樹

明里は悠介に代わって、夏樹に会うことにした

夏樹に明里は、柴崎殺しは無実だというと、悠介が憎いという夏樹に、本当に悠介にやられたのかと訊ねた

 

夏樹は、妹の自殺は悠介のせいだと思い込んでいたが、薄々自分のせいで自殺したのではないかと感じていた

それで夏樹は明里に、犯人は分からなかったと話すと、明里とともに真実を見極めることにした

 

焦る米村

米村は蒼志が、義父殺しの犯人から外されていることを知って驚いていた

義父は死ぬ間際に犯人を引っ掻いていたハズだったが、蒼志にはひっかき傷がなかったからだ

そして部下から話を聞いていた米村の首には、ひっかき傷があった

このままだと自分が追い込まれてしまうと思った米村は、悠介を殺さないといけないと思うようになっていた

 

米村は、偶然に飲み屋で悠介の悪事のファイルがあることを、蒼志の義父の話から知ってしまった

それで探偵のフリをして蒼志の義父に近づいたが、蒼志の義父は米村だと調べあげ、米村を脅し始めた

それで逆上してしまった米村は、蒼志の義父を殺してしまっていたのだった

その上米村は、悠介になりすますことを考えつくと、蒼志に罪をなすりつけることを考えついたのだった

 

米村に絶対許さないという悠介

悠介は、飲み屋を出てきた米村に声をかけた

米村は監禁や義父殺しのことを認めようとしなかったが、悠介は自分だけでなく夏樹たちも米村が犯人だと知っていると言った

それでも米村はとぼけていたが、悠介は米村に絶対に許さないと言った

 

しかしその言葉を録音していた米村は、これでうまくいくと喜ぶと、録音した悠介の言葉を聞かせに蒼志の家へと向かったのだった

 

>>>『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』を無料試し読み

 

続きはコチラ👇

君が僕らを悪魔と呼んだ頃 12巻~蒼志に自分を信じると言ってくれたので一緒に暮らすことを引き受けたと話す悠介 のネタバレ・感想・無料試し読み!

 

君が僕らを悪魔と呼んだ頃 11巻の感想

もう悠介は米村が犯人だと確信しています

米村はまだ悠介のことを疑っている蒼志を使って、悠介を殺すつもりのようですが、悠介は米村の企みに気づいている可能性が高いでしょうね

今の状況では、完全に米村は追い込まれている状態ですが、追い込まれた米村が完全に暴走してしまう可能性もあります

今のところ米村に勝ち目はなさそうですが、やはり前巻の感じだと何かが起こってしまうハズです

この後、米村と対決する悠介に何が起こってしまうのかはまだ分かりませんが、無事に米村を捕まえて欲しいですね

 

⇒『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』を無料試し読み👆

 

『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』を実際に読むには?

この記事を読んで『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「ebookjapan」で実際に読んでみましょう

下記リンク先をクリックすればebookjapanのサイトへと行くことができます

是非一度、ebookjapanのサイトで試し読みしてみてください♪

⇒ebookjapanはコチラ

 

購入して読んでもいいという方は、実際に会員登録してみましょう

会員登録自体は無料でできて、Yahoo!アカウントでログインできます

PayPayで決済できてTポイントも貯まりますよ

試し読みで最後まで読みたくなったら、実際に買って読んでましょう

⇒ebookjapanで実際に読んでみよう👆

 

© 2020 まんがの杜