厳選した話題のおもしろまんがのネタバレ・最新話の紹介します

まんがの杜

そもそも恋は欲だらけ 4巻~紅葉の元カレの六郎太から紅葉を幸せにしてくれと頼まれる泰輔 のネタバレ・感想・無料試し読み!

更新日:

『そもそも恋は欲だらけ』4巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では『そもそも恋は欲だらけ』の簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンク先の試し読みボタンをクリックして試し読みしてみて下さい♪

Yahoo!アカウントでログインすることができて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

⇒ebookjapanで『そもそも恋は欲だらけ』を無料試し読み

 

下記の書影をクリックして無料試し読み!👇

 

そもそも恋は欲だらけ 4巻ってこんなお話

足を骨折してしまった泰輔

泰輔が神経衰弱をしていただけだと説明する間もなく、紅葉は引っ叩いて店を出ていってしまった

そんなことをした紅葉だったが、収入のある泰輔をキープしようと考えていたが連絡は来なかった

 

泰輔は職場の受付嬢のマミから狙われだした

モテ期がきたと泰輔は言っていたが、秀からは紅葉に連絡したほうがいいと忠告された

やっと泰輔から会いたいと連絡が入ったので、紅葉は待ち合わせの場所へ向かった

しかし階段で、おばあちゃんが倒れてきたので、紅葉を見つけ助けようとした泰輔が大けがを負ってしまった

紅葉は秀から、泰輔が神経衰弱をしていたと教えてもらうと泰輔に謝った

それで泰輔は紅葉は、自分を大事に想ってくれていると分かったのだった

 

泰輔を狙うパパ活マミ

足を骨折してしまった泰輔は、マミなどの職場の人たちからギブスに落書きされてしまった

マミは骨折している泰輔を、サポートすると言って待っていたが、そこに紅葉がやってきた

紅葉は泰輔を部屋まで連れていってあげたが、マミが書いたギブスの落書きを見て、アイツは泰輔を盗るつもりなのだと確信してしまった

 

泰輔を紅葉は病院へと連れていくと、そこには元カレの六郎太がいた

ロックンローラーの六郎田は、泰輔に馴れ馴れしい態度を取ったので、慌てて紅葉は泰輔を家へと連れ帰った

 

六郎太は紅葉が、お金抜きで付き合った唯一の男だった

それで時折、紅葉は六郎太にいつもは見せない態度を見せていたので、泰輔は嫉妬してしまった

 

紅葉に金目的だったのかと聞く泰輔

今度はマミに連れられ、病院へとやってきた泰輔はまた六郎太と会ってしまった

六郎太は紅葉を幸せにしてやれなかったというと、泰輔に紅葉を大切にしてくれと頼んだ

 

するとまだマミは泰輔を待っていて、とうとう紅葉が金目的で泰輔に近づいたのだと教えた

そんなことを言われた泰輔は、声をかけてきた紅葉に、金で自分を選んだのかと訊ねたのだった

 

>>>『そもそも恋は欲だらけ』を無料試し読み

 

続きはコチラ👇

そもそも恋は欲だらけ 5巻~金目的で付き合い始めたと明かした紅葉にキッカケなんてどうでもいいと言ってあげる泰輔 のネタバレ・感想・無料試し読み!

 

そもそも恋は欲だらけ 4巻の感想

紅葉の元カレの六郎太が現れましたが、六郎太とはお金抜きで紅葉は付き合っていたようです

どうして六郎太と別れたのかは、まだハッキリとは分かりませんが、その反動で紅葉はまたお金目的で男漁りをしていたのでしょうね

泰輔を職場の受付嬢のマミが狙っていますが、マミはどうやらパパ活もやっているようです

今のところ泰輔はマミに気が向いていませんが、最後に紅葉に金目的で近づいたのか聞いているので、紅葉の返答次第ではマミに走ってしまう可能性もあります

やはり早く紅葉は、最初は金目的で近づいたと話していたほうがよかったですね

でも違うとウソをついてしまうと、それが後々バレてしまうと完全に終わってしまうでしょう

紅葉の立場なら、もう正直に話して泰輔に謝ったほうがいいでしょうね

 

⇒『そもそも恋は欲だらけ』を無料試し読み👆

 

「そもそも恋は欲だらけ」を実際に読むには?

この記事を読んで『そもそも恋は欲だらけ』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「ebookjapan」で実際に読んでみましょう

下記リンク先をクリックすればebookjapanのサイトへと行くことができます

是非一度、ebookjapanのサイトで試し読みしてみてください♪

⇒ebookjapanはコチラ

 

購入して読んでもいいという方は、実際に会員登録してみましょう

会員登録自体は無料でできて、既にお持ちのYahoo!アカウントでもログインできます

PayPayで決済できてTポイントも貯まりますよ

試し読みで最後まで読みたくなったら、実際に買って読んでましょう

⇒ebookjapanで実際に読んでみよう👆

 

Copyright© まんがの杜 , 2020 All Rights Reserved.