厳選した話題のおもしろまんがのネタバレ・最新話の紹介します

まんがの杜

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 3巻~阿多の子どもを死なせてしまったことがバレないように里樹殺しを企てていた風明 のネタバレ・感想・無料試し読み!

更新日:

『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』3巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』の、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンクをクリックして、まんが王国で『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』を検索して試し読みしてみて下さい♪

⇒まんが王国で『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』を無料試し読み

 

🔻絵付きですぐに読みたい人は、書影を今すぐクリックしよう!🔻

 

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 3巻ってこんなお話

里樹の蜂蜜嫌いを風明が知っていた確証を得る猫猫

小蘭から猫猫は、阿多が年齢も年齢なので妃の位から降ろされてしまうかもしれないと聞いた

玉葉のお茶会にやってきた里樹だったが、出された蜂蜜煮の柑橘の皮が嫌いな様子だった

また嫌がらせを受けたのだと気づいた玉葉は、すぐに違うものに変えてあげた

 

お茶会の後、猫猫は壬氏に阿多の宮の手伝いをするように頼まれた

阿多の宮に行くと、侍女頭の風明は手に包帯を巻いていた

それで猫猫は、里樹の暗殺未遂を調べさせるために、自分は送り込まれたのだと気づいた

そしてある部屋に行くと、風明は手の包帯を替えていて、部屋の中には蜂蜜の瓶が大量にあった

 

猫猫は壬氏に、手に火傷をしている風明が誰かと連絡を取っているだろうと報告した

すると壬氏は指に蜂蜜をつけて、ご褒美だと言って猫猫に舐めさせようとした

しかし玉葉が助けてくれたが、猫猫はそんなことをされて機嫌が悪くなってしまった

 

猫猫は高順と一緒に、里樹に話を聞きにいった

蜂蜜嫌いのことを聞いていると、侍女たちは邪魔しようとしたが、猫猫は壬氏の命令だと言って引き下がらなかった

そして里樹が蜂蜜嫌いだということを、阿多の宮でも話していたことを聞いた

 

阿多の出産に羅門が関わっていたと知った猫猫

それで猫猫は、過去の後宮の記録を調べだした

すると父親が医官をしていたことが判明してしまった

猫猫は阿多の宮に行くと、蜂蜜の箱を開けるとそこには有毒と書かれた紙があった

 

猫猫は阿多が子どもが産めない体なのかと風明に訊ね、自分の父親が阿多の出産に立ち会ったと明かした

阿多の出産の時に、先帝の皇后の出産も重なってしまい、猫猫の父親の羅門は皇后の出産に立ち会わなければならなくなった

それで阿多は子宮を失うハメになり、産まれた男の子も死んでしまった

羅門は責任を取らされ、肉刑に遭って後宮から追放されていたのだった

 

⇒『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』を無料試し読み

 

阿多のために風明の身代わりになって自殺していた下女

それで風明は、阿多の子どもが死んだのは羅門のせいだと言い出した

しかし猫猫は、風明が蜂蜜は毒になると知らずに食べさせて、死んでしまったのだと推理していた

里樹がそれをバラさないように、風明は殺そうとしていたのだ

 

猫猫は風明が下女を殺したのだというと、風明はそれを否定した

里樹殺害が失敗した風明は自殺しようとしたが、下女に止められてしまった

そして下女は、風明が犯人だと大変なことになり阿多に迷惑がかかるというと、下女の自分にも気をかけてくれた阿多のために、自分が身代わりになると言った

下女は自分が文字を書けなのだというと、風明に遺書を書いてくれるように頼んでいたのだった

 

そこで猫猫は、風明には里樹殺害だけを話すようにいうと、それ以上は余計なことはいう必要はないと言ってあげた

風明が自首をすると、壬氏は猫猫が何かを隠していないか訊ねた

しかし猫猫は、自分は里樹殺害未遂だけのことしか知らないととぼけたのだった

 

皇帝の子どものすり替えを疑ってしまう猫猫

阿多は後宮を去ることになった

猫猫は城壁に登ると下女のことを想っていた

すると阿多がやってきて、皇帝は自分の友人みたいだったと言った

猫猫はそんな阿多を見て、誰かに似ていると感じた

そして阿多は風明や下女のために、持っていた酒を弔いのために捧げたのだった

 

後宮を去る阿多を見送る壬氏を見て、猫猫は壬氏と阿多は似ていると思った

それで思わず皇帝の子どもがすり替えられたのかもと思ったが、さすがにないかと思い直した

その後、風明の関係者が処分されることになったが、その中には猫猫の名前も載っていた

 

猫猫をクビにして落ち込んでしまう壬氏

医局にも行けて、李白に借金もある猫猫は、後宮に残りたかった

しかしそれを猫猫は壬氏に言えず、壬氏は仕方なく猫猫をクビにしてしまった

それで壬氏は元気がなくなり、高順はこのままではいけないと思った

 

妓楼に戻っていた猫猫だったが、婆さんが誰かの宴に招待されたので、着替えて化粧するように言った

宴が始まり猫猫はお酌をして回っていたが、一人暗い奴がいた

それで猫猫はお酌をしてあげていると、その男はなんと壬氏だった

すると妓楼でバイトしていると答えた猫猫を、壬氏は買い受けると言ったのだった

 

>>>まんが王国で『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』を無料試し読み

 

続きはコチラ👇

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 4巻~上級妃の4人に妓楼の秘術を教える猫猫 のネタバレ・感想・無料試し読み!

 

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 3巻の感想

自殺してしまった下女は可哀想でしたね

風明は阿多の子どもを死なせてしまいましたが、その発覚を恐れて里樹を殺そうとしていました

風明は失敗して、代わって下女が自殺してしまいましたが、やはり風明がサッサと白状するなりしていれば、下女は死なずに済んだハズなのでとても残念な気持ちになりました

阿多の子どもの出産の時に、猫猫の父親の羅門が関わっていましたが、先帝と阿多の子どものことには何か秘密が隠されているようです

阿多と壬氏は似ているので、親子の可能性が高そうです

すぐにそのことは明らかになりそうにはありませんが、その内壬氏の正体が分かるときがくるでしょう

猫猫は身内に風明の関係者もいたことが判明して、後宮をクビになってしまいました

でも壬氏が買い受けてくれたので戻れそうですが、壬氏の様子を見る限り本気で猫猫のことが好きみたいですね

 

⇒📖まんが王国で『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』を無料試し読み👆

 

「薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~」を実際に読むには?

この記事を読んで『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で、『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』と検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます。是非一度、まんが王国のサイトで『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』を検索してみて下さい♪

⇒まんが王国はコチラ

 

購入して読んでもいいという方は、実際に、会員登録してみましょう。会員登録自体は、無料でできますよ

まずは必要な分だけポイントを、500円~購入してみましょう

まんが王国を利用してみて、継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

⇒まんが王国で『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』を実際に読んでみよう👆

 

Copyright© まんがの杜 , 2020 All Rights Reserved.