不倫純愛 一線越えの代償 4巻~テレビ局に不倫をバラしてしまう信一のネタバレ・感想・無料試し読み!

『不倫純愛 一線越えの代償』4巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

🔻絵付きですぐに読みたい人は、書影を今すぐクリックしよう!🔻

不倫純愛 一線越えの代償 4巻ってこんなお話

来夢に香澄を抱いたのかと聞く信一

香澄を掴まえた信一は

来夢の様子がおかしいと言う

そう言われた来夢は

香澄を自分が抱いたって言ったら

どうするのかと、信一に聞いた

そう言われた信一は、キレ始めた

来夢に香澄と寝たのかと聞く

しかし来夢は、答える必要はないと言った

来夢に掴みかかる信一だったが

来夢は、信一の手を簡単に引き剥がした

そして、暴力的なことをするなら

自分もおとなしくはしていないと言った

そう言われた信一は

来夢を掴んでいた手を離し

このままですむと思うなと言った

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

信一に屈しないという来夢

信一に、会社に抗議すると言われた来夢を

香澄はとても心配した

来夢は、このままだと

会社をクビになるかもしれないと話す

でもそんなことには屈しないと言った

しかし来夢は、香澄のほうが心配だと言うと

感激した香澄は、来夢をギュッと抱きしめた

来夢に嫉妬しているのかと聞いた香澄に

来夢は、香澄を誰にも渡したくないと言った

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

快楽から逃れられなくなった香澄

来夢は、香澄は自分のものだと叫び

キッチンで香澄を激しく突いた

その言葉を聞いた香澄は

自分はあの人のものじゃないと言った

香澄に、信一との最後のセックスが

いつなのかと来夢は聞いた

すると香澄は、もう何年も

セックスレスだと答えた

来夢は、大きな声でSEX好きだと言うように要求したが

香澄はためらっていた

しかしとうとう香澄は、自分がSEX大好きな

淫乱雌豚だと叫んでしまった

そう言った香澄に来夢は香澄の耳元で

ご褒美をあげると言った

来夢に下から激しく突き上げられる香澄は

自分は来夢より10歳も

年下なのにと思ってしまった

しかしもう香澄はその快楽から…

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

若さへ嫉妬する香澄

セックスの後

来夢はすぐに仕事に戻ろうと服を着始めた

香澄は、疲れていないかと聞くと

来夢は、ダンスの練習に比べたら

大したことはないと答えた

若くていいわねと言う香澄に

来夢は香澄も

十分若くてきれいだと言ってくれた

香澄は来夢に、どの女性のファンなのかと聞く

あまりテレビを見ていないという来夢は

あえて言えば彩華だと答えた

童顔巨乳…

そんなことを思った香澄は、いきなりキレ始めた

驚いた来夢を見てすぐに我に返った香澄は

自分が、若さへ嫉妬していると気づいた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

香澄と結婚すると言う来夢

香澄が嫉妬したことを来夢は嬉しがった

そして香澄と何年も、結婚生活をしていた信一を

とてもうらやましいと言った

最初は幸せだった結婚生活

でも香澄は、そんな結婚生活を

記憶から抹殺したいと思っていた

泣き出してしまった香澄

そんな香澄を来夢は抱きしめ

信一と別れさせて

自分と結婚して欲しいと言った

その言葉にうんと応えた香澄は、来夢とキスをした

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

不倫をバラしていた信一

テレビ局でに、ドラマの打ち合わせに来ていた香澄だったが

その作品のヒロインは来夢がファンと言ったあの彩華だった

彩華のためにドラマの内容を変えようとする

番組スタッフたち

それに反対する香澄だったが

プロデューサーはゴチャゴチャ文句を言うなと言った

10年間貢献してきたのに…

そう思った香澄は

それでも香澄のわがままを

通してはいけないと主張した

よけいなお世話だと言って

キレ始めたプロディューサーは

香澄の不倫のことを言い出した

それを聞いたスタッフたちはざわつきだした

香澄は、誰から聞いたのかと訊ねると

プロデューサーは、信一だと答えた

それを聞いた香澄は

部屋を駆け出て、すぐに信一に電話した

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

信一に脅される香澄

不倫のことを、どうして話したのかと問い質すと

信一は、卑猥な言葉しか言わなかった

そして自分の会社に来ている

週刊誌の記者に、香澄の不倫のことを

全部話すと言って脅すのだった

信一に、目的を聞いた香澄に

信一はひさびさにセックスさせろと言ったので

香澄の背筋に悪寒が走るのだった

しかし香澄は、もし来夢に被害が及んだらと思い

信一とセックスすることにした

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

信一との冷たいセックスをする香澄

香澄の部屋にやってきた信一は

香澄のアソコを舐めていた

ザラついた舌で舐められると

嫌悪感が体中に走った

信一に挿入された香澄

来夢との熱いセックスに比べ

とても冷たいセックス

いきそうだと言う信一の顔を見て

まるで蛇とセックスしていると

思ってしまう香澄だった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

続きはコチラ👇

不倫純愛 一線越えの代償 4巻の感想

信一に、不倫がバレてしまいましたが

来夢は、それに動じませんでしたね

香澄はもう、来夢との快楽

どんどん溺れていっています

信一は、不倫をテレビ局に

バラして脅しています

そんなことをして香澄とセックスしても

香澄の心は、絶対に戻らないでしょう

来夢は、結婚しようと言ってしますが

本気なのでしょうか

仕事をクビになってしまうと

やはり生活は苦しくなってしまいます

今は気持ちだけで付き合っている香澄と来夢ですが

これからも同じ気持ちでいられるでしょうか?

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

『不倫純愛 一線越えの代償』を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

© 2021 まんがの杜