厳選した話題のおもしろまんがのネタバレ・最新話の紹介します

まんがの杜

親友は悪女 6~10巻~妃乃が流した噂話のせいで新しい部署で白い目で見られてしまう真奈 のネタバレ・感想・無料試し読み!

投稿日:

『親友は悪女』を6~10巻読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では『親友は悪女』の簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンク先の試し読みボタンをクリックして試し読みしてみて下さい♪

Yahoo!アカウントでログインすることができて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

⇒ebookjapanで『親友は悪女』を無料試し読み

 

下記の書影をクリックして無料試し読み!👇

 

親友は悪女 6~10巻ってこんなお話

新しい部署で白い目で見られてしまう真奈

妃乃は詰め寄ってきた橋井に、まだ傷ついていると泣いて橋井が動けないようにした

妃乃が入社したのは偶然だと真奈は思っていたが、本田がキレながらどうして入社させたのかと詰め寄ってきた

本田は真奈が口利きしたのだと勘違いしていたからだったが、真奈は誰が口利きして入社させたのか分からなかった

 

妃乃は職場で禁止されているお茶出しをして、知らなかったと泣いて男たちの同情を引いていた

東雲は妃乃の口利きを橋井がしていたと思っていたが、橋井は妃乃とは別れたと言った

すると東雲は真奈のことになると顔を赤くしたので、橋井も妃乃の口利きをしていたのは東雲ではなかったのだと知った

 

妃乃は部長の前川に口利きしてもらっていて、前川からはウワサ好きなし島田や向原のことを聞いていた

妃乃は前川に近づくと、真奈のウソの噂話を流してしまった

それで真奈は新しい部署で、白い目で見られるようになってしまった

 

真奈のスマホに仕掛けられていた盗聴アプリ

妃乃は職場の男たちを自分の虜にすると、あとは東雲だけとなっていた

会議で口喧嘩した柴山と御堂の口ケンカを止めた妃乃は、東雲にはおにぎりを渡したりして気を引こうとしていた

東雲は職場の雰囲気がおかしいと感じていたが、その原因をまだ掴めないでいた

 

真奈は仕事が終わると、上司に食事に誘われた

上司はウワサのことを話し、それは真奈を見ていればウソだと分かるというと、犯人に心当たりはないか訊ねた

 

橋井は前川が妃乃と繋がっているとことを知り、口利きは前川だったのだと知った

仕事帰りに真奈に会った橋井だったが、真奈はスマホのバッテリーの減りが早いので、機種変更に向かっていた

すると携帯ショップで盗聴アプリが発見され、二人は妃乃が東雲を狙って入社してきたことを確信してしまった

真奈はそれでも妃乃は親友だったと言ったが、橋井は親友ならちゃんと悪いところも見ないといけないと言ってくれたので、真奈は妃乃と向き合うことを決意したのだった

 

⇒『親友は悪女』を無料試し読み

 

妃乃に東雲を渡さないという真奈

姫乃の正体をなんとか職場の人たちに分からせないと思っていた橋井だったが、姫乃は橋井を北海道送りにしてしまった

それで橋井は東雲に、姫乃は前川と繋がっているので気をつけるように言ってもまともに聞いてくれなかった

そこで橋井は東雲のスマホに…

 

真奈を呼び出した橋井は、姫乃と前川が繋がっているというと、真奈はちゃんと姫乃に向き合うと答えた

東雲が仕事を終えて駐車場へとやってくると、真奈が待っていた

真奈は茶色弁当の差し入れを持ってきていて、東雲は職場がうまく回っていないというと、そんな東雲を真奈はカワイイとと言ったので思わず東雲は真奈を抱きしめてしまった

 

今まで付き合っていることを職場で隠していた真奈と東雲だったが、真奈は東雲にお弁当を持ってきた

そんな真奈に詰め寄った姫乃に、真奈は東雲は彼氏だというと渡すつもりはないと言った

 

⇒『親友は悪女』を無料試し読み

 

妃乃の言葉で自分が潔白だと気づく東雲

それで姫乃はとうとう実力行使に出た

飲み会で東雲に薬を盛ると、ホテルへ連れ込み目を覚ました東雲にヤったと言った

それで東雲は責任を取るというと、真奈会って話をした

姫乃は当然二人は別れたと思っていたが、真奈は別れていないと言ったので、姫乃は真奈を罵りながら去っていった

 

姫乃は東雲とホテルに行ったことを会社で暴露し、知らないフリをして好きだから迫ってきた東雲を受け入れたのだと言った

そんな姫乃に東雲は、弁護士を入れて金で解決するというと、姫乃はキレてしまった

 

だが橋井が電話をかけてきて、東雲のスマホに仕掛けていた録音アプリの音声を皆に聞かせた

姫乃は諦めずに東雲は下の名前を呼んでセックスしてくれたと言ったので、東雲はその姫乃の言葉を聞いて、自分が潔白だと気づいたのだった

 

>>>『親友は悪女』を無料試し読み

 

親友は悪女 6~10巻の感想

姫乃は職場の男たちをその気にさせて、職場をメチャクチャにしていました

姫乃の正体を見抜けない男たちも愚かですが、やはりこんな奴が職場にいたら迷惑です

真奈はようやく姫乃と向き合う覚悟ですが、真奈と東雲がなかなか別れてくれないので、姫乃もかなり強引な手を使ってきました

東雲ホテルに連れ込むことには成功した姫乃ですが、東雲は真奈以外の女性の下の名前を覚えていませんでしたので、それで東雲は姫乃が嘘をついていたことに気づいたようです

橋井が姫乃の声も録音していたので、もう姫乃の正体を皆も知ってくれるでしょう

これで姫乃は会社にはいられなくなってしまいますが、追い詰められてまた何かしてこないか心配ですね

 

⇒『親友は悪女』を無料試し読み👆

 

「親友は悪女」を実際に読むには?

この記事を読んで『親友は悪女』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「ebookjapan」で実際に読んでみましょう

下記リンク先をクリックすればebookjapanのサイトへと行くことができます

是非一度、ebookjapanのサイトで試し読みしてみてください♪

⇒ebookjapanはコチラ

 

購入して読んでもいいという方は、実際に会員登録してみましょう

会員登録自体は無料でできて、Yahoo!アカウントでログインできます

PayPayで決済できてTポイントも貯まりますよ

試し読みで最後まで読みたくなったら、実際に買って読んでましょう

⇒ebookjapanで実際に読んでみよう👆

 

Copyright© まんがの杜 , 2020 All Rights Reserved.