つまり好きって言いたいんだけど、 2巻~千歳が高校生の俊樹のマネージャーになって嫉妬して不機嫌になる宗純 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『つまり好きって言いたいんだけど、』2巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

🔻絵付きですぐに読みたい人は、書影を今すぐクリックしよう!🔻

つまり好きって言いたいんだけど、 2巻ってこんなお話

高校生の俊樹に嫉妬する宗純

千歳は宗純が仕事を休んだため、スケジュール調整をがんばっていた

しかし千歳と宗純が、マンションに入るところを週刊誌に激写されていた

それで責められた千歳は、自分のせいだと言ってどんな処分を受けると言っていた

しかし宗純が自分が体調が悪かったので世話してくれていたのだと、涙ながらの演技をしてくれたので、千歳が処分を受けることはなかった

宗純と同じ事務所の俊樹のマネージャーが急に辞めてしまったので、千歳がしばらくマネージャーを兼務することになった

しかし宗純は、千歳が高校生の俊樹に笑顔を見せると、大人げなく嫉妬して不機嫌になってしまった

宗純はそれで千歳の前では上手く演技できたが、千歳がいないとすぐにスランプに陥ってしまった

それで宗純がおかしいと思った千歳は、スランプの原因を聞いてみると、宗純は千歳がいないとダメなのだと答えた

宗純の言葉に千歳は嬉しくなったが、それを素直に言葉にすることはできなかった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

宗純の誕生日に女遊びを解禁してあげる千歳

千歳は宗純の誕生日パーティーのため、宗純の好みを調べていた

やはり女の子を呼んだほうがいいとアドバイスを受けた千歳は、女遊びを誕生日の日だけは解禁してあげることにした

千歳は宗純に手作りチョコをプレゼントして、誕生日パーティーも無事うまくできた

千歳はパーティーを先に出て帰っていたが、後から帰ってきた宗純は女の子を呼んでいたことが気に入らなかったと言った

でも宗純は手作りチョコは嬉しかったというと、千歳の顔を見て満足すると自分の家に帰っていった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

続きはコチラ👇

つまり好きって言いたいんだけど、 2巻の感想

宗純は千歳に好きだと言っていますが、やはり千歳は小さい頃に宗純に嫌がらせを受けていたので、なかなか信じることができないようです

それだけトラウマになっていたということだとは思いますが、元々は宗純のことが好きな気持ちもあったので、やはり好きと言われると嬉しいみたいですね

宗純は千歳に好きと言ってから、どんどん千歳がいないとダメな人間になりつつあるようです

これまで女遊びをしていた宗純が、こんなになるのはそれだけ千歳のことが好きな証拠ですが、どうやったら宗純の気持ちが千歳にちゃんと伝わるでしょうね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

「つまり好きって言いたいんだけど、」を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?