名前も呼ばないあのひとと 13~14巻~ずっと待っていてくれたかなこがそうたが来てくれてよかったと言ってくれたので好きになってしまったそうた のネタバレ・感想・無料試し読み!

『名前も呼ばないあのひとと』13~14巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では『名前も呼ばないあのひとと』の簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンク先の試し読みボタンをクリックして試し読みしてみて下さい♪

Yahoo!アカウントでログインすることができて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

⇒ebookjapanで『名前も呼ばないあのひとと』を無料試し読み

 

下記の書影をクリックして無料試し読み!👇

 

名前も呼ばないあのひとと 13~14巻ってこんなお話

かなこは鈍い子だと思いつつ気になっていたそうた

まみの結婚式で飲み友だちになろうと誘われたそうただったが、その場の勢いで言ったことだろうと思って、本気じゃないと思っていた

そうたはまみと幼なじみで、まみは友だちの女の子を使ってそうたを囲い込み、無理やり付き合っていた

それが嫌だったそうたは、高校はまみと違う高校に進学してまみから逃れていたが、それが原因で女の子と付き合うのが苦手になってしまった

その上、近所付き合いの関係で仕方なくまみの結婚式に参列したそうただったが、席札にはまみからの恨み節がギッシリと書かれてあった

 

結婚式で出会ったかなこは、まみから嫌がらせを受けてもなかなか気づかなかったので、そうたは鈍い女の子だと思っていた

しかしそうたにお酒よりご馳走を勧めたりするかなこが、やはり気になっていた

 

えいじとかなこが付き合っていると勘違いしていたそうた

そうたは別の部署との飲み会に誘われていたが、全く参加したくなかった

適当に返事してその後は既読スルーしていたそうたは、かなこが誘っていた飲み会が今日だと気がついた

スタート時間も過ぎていたので、そうたはかなこも諦めただろうと思いつつも行って見ると、なんとかなこは待っていた

遅くやってきたそうたはどうして待っていたのかと聞くと、かなこはそうたが来てくれてよかったと言ってくれたので、それでそうたはかなこのことが好きになった

 

そうたはかなこへの想いを伝えずに5年が過ぎて、仕事も忙しかったのでかなこのことを考えることができなくなっていた

やつれ果てていたそうたが気になっていたかなこは、そうたを食事に誘ってくれたので、そうたの気持ちが蘇ってきた

しかしそうたはかなことえいじが一緒にいるのを見かけ、二人は下の名前で呼び合っていたので、そうたは二人は付き合っているのだろうと思っていた

 

えいじにかなこと付き合いたいというそうた

それでそうたはえいじに、かなこから告白されたことを明かすと、自分はかなこと付き合いたいと言った

えいじがかなこに恋愛相談をしていて、悪酔いして家に送ってもらっただけだと言っていると、そこにかなこがやってきてしまった

いくみに取材に誘われたそうただったが、えいじがかなこと付き合っていないと判明したので、疲れたと言って帰っていった

 

>>>『名前も呼ばないあのひとと』を無料試し読み

 

名前も呼ばないあのひとと 13~14巻の感想

そうたはまみに囲われて付き合わされていたので、かなこになかなか好きだと言えずにいました

そういう意味ではまみは、結婚式でも嫌がらせをしていたりしているので、本当に性悪な女なんでしょうね

えいじとかなこが付き合っていると勘違いしていたそうたですが、それが勘違いと知りました

これで告っても障害がない状態ですが、そうたはちゃんと告ることができるでしょうか

最後に現れたいくみも、一旦はえいじのセフレになることを断っていましたが、本当にセフレになってしまうのでしょうか

えいじはだんだんかなこのことが好きになり始めているので、二人も結ばれるといいですね

 

⇒『名前も呼ばないあのひとと』を無料試し読み👆

 

「名前も呼ばないあのひとと」を実際に読むには?

この記事を読んで『名前も呼ばないあのひとと』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「ebookjapan」で実際に読んでみましょう

下記リンク先をクリックすればebookjapanのサイトへと行くことができます

是非一度、ebookjapanのサイトで試し読みしてみてください♪

⇒ebookjapanはコチラ

 

購入して読んでもいいという方は、実際に会員登録してみましょう

会員登録自体は無料でできて、既にお持ちのYahoo!アカウントでもログインできます

PayPayで決済できてTポイントも貯まりますよ

試し読みで最後まで読みたくなったら、実際に買って読んでましょう

⇒ebookjapanで実際に読んでみよう👆

 

© 2020 まんがの杜