ハジメテノサツジン 1~4巻~音羽の吉川殺しに巻き込まれ死体処理を手伝ってしまう繭 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『ハジメテノサツジン』1~4巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

この記事では『ハジメテノサツジン』の簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンク先の試し読みボタンをクリックして試し読みしてみて下さい♪

Yahoo!アカウントでログインすることができて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

⇒ebookjapanで『ハジメテノサツジン』を無料試し読み

 

下記の書影をクリックして無料試し読み!👇

 

ハジメテノサツジン 1~4巻ってこんなお話

吉川が死んだと音羽に深夜の学校に呼び出される繭

JKの繭はお嬢様学校に通っていた

入学したての頃に、森グループの次の社長の娘の音羽に誰も接しようとしないので、繭は音羽に声をかけた

それで音羽と友達になった繭は、外部入試で特待生の悠と3人でいつも一緒に行動していた

 

楽しい学校生活を送っていた繭だったが、生徒指導が厳しく教師の澤木と不倫している担任の吉川が音羽と言い争っているのを目撃してしまった

音羽が吉川を突き倒すと、吉川は頭を撃ってグッタリしてしまった

気絶したのだと思った繭は誰かを呼びに行こうとしたが、それを音羽は止めてしまった

 

音羽は繭に吉川へのいたずらを決めるように求めてきたので、繭は誰かに見つからないように隠そうと言った

それで吉川をロッカーに入れた3人は、授業に戻ったが吉川は戻ってこなかった

家に帰った繭は、結婚している姉から2人目の赤ちゃんのエコー写真を見せてもらった

そして眠っていた繭に、音羽から電話がかかってきた

 

音羽は繭に吉川が死んだというと、深夜にもかかわらず学校へ来るように求めた

仕方なく繭は学校へ向かったが、その様子を姉に見られてしまった

 

吉川の死体を埋める繭

学校には悠も来ていて美術室へとやってくると、本当に吉川は死んでしまっていた

音羽は吉川の死体を山に捨てると言ったが、繭は警察に知らせたほうがいいと言った

しかし音羽は警察に知らせれば、繭の家族は犯罪者の家族になると脅したので、繭は吉川の死体を捨てることを手伝うことにした

 

繭たちは吉川の死体を山へと運ぶと、穴を掘って吉川の死体を埋めた

音羽は繭や悠に、誰かがチクれば全員捕まると脅すと、誰にも言ってはダメだと念押しした

 

陸と再会してラインする約束をする繭

普通の生活に戻った繭だったが、やはり吉川の死体を埋めたことが頭から離れなかった

吉川が突然失踪してしまったので、学校も吉川の家族の同意を得て、警察に通報してしまった

学校では澤木と不倫していたので、それで自殺したのだと噂が流れ始めていた

澤木は校長に呼ばれ学校で流れている噂のことを聞かれたが、澤木は噂を全否定した

 

繭は中学時代の同級生の陸に声をかけられた

陸は繭にラインをすることを約束したが、それを見ていた音羽は陸のことが気になっていた

 

⇒『ハジメテノサツジン』を無料試し読み

 

陸と練習試合を観に行く約束をする繭

吉川のことを調べるために、刑事の堤は部下の野崎と学校へとやってきた

校長の遠藤にトラブルがなかったか聞いた堤は、状況から殺人事件を疑っていた

そして吉川の家にやってきた堤は、部屋を見せてもらうと机の引き出しから、澤木と一緒に写った写真を見つけてしまった

 

音羽は繭が一番危険だと思っていて、陸が繭に近づくことを警戒していた

音羽は繭に陸と会うときは自分にいうように求めた

そして他の生徒から、刑事が来ていたが何か知っていないか聞かれた音羽は、何も知らないフリをしていた

 

陸は友達から繭をサッカーの練習試合に誘うように頼まれたので、繭にラインで試合を観にくるように誘った

そのことを悠に話した繭だったが、繭は音羽を警戒していたので、そんなことは言う必要はないと答えた

しかし音羽がやってきて、陸から試合を観に来るように誘われたことを聞き出すと、意味深な感じで陸に会うのが楽しみだと言った

 

学校にいた全員を疑う堤

堤は生活安全課の村雨に声をかけられ、地域安全セレモニーに学校の理事長が来るのを知ると、参加することを決めた

村雨や野崎は不倫相手の澤木が怪しいと睨んでいたが、堤は吉川が消えた時間に学校にいた全員に可能性があると言った

 

音羽は繭に家族にも話してはいけないというと、陸へのラインをメッセージを見せてもらった

音羽明日は雨だというと、繭や悠は出かけないことを確認して、雨がいろんなものを洗い流してくれると意味深なことを言った

そして音羽は繭に、他の予定で遅れるけど試合の日には必ず電話すると言った

 

>>>『ハジメテノサツジン』を無料試し読み

 

ハジメテノサツジン 1~4巻の感想

音羽は吉川を突き倒して殺してしまいましたが、本当に偶然だったのかは疑問が残ります

それに強引に繭たちを引き込んでしまいましたが、もしかすると最初から巻き込むつもりだった可能性もあるでしょうね

吉川が突然失踪してしまったので、警察が動き始めましたが、今のところは自殺と他殺の両方で調べています

でも刑事の堤はどうやら殺人だと、判断しているみたいです

まだ今のところ怪しく見えるのは、澤木なのですぐに繭たちが疑われることはないでしょう

でも澤木は音羽が何かやったのだと思っているので、そこから繭たちが疑われてしまうかもしれません

繭は陸から練習試合に誘われましたが、音羽は繭が誰かにバラしてしまうことを恐れているので、陸に近づこうとしています

それに音羽は何かを企んでいる様子なので、どんなことが起こってしまうのかとても気になってしまいますね

 

⇒『ハジメテノサツジン』を無料試し読み👆

 

「ハジメテノサツジン」を実際に読むには?

この記事を読んで『ハジメテノサツジン』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「ebookjapan」で実際に読んでみましょう

下記リンク先をクリックすればebookjapanのサイトへと行くことができます

是非一度、ebookjapanのサイトで試し読みしてみてください♪

⇒ebookjapanはコチラ

 

購入して読んでもいいという方は、実際に会員登録してみましょう

会員登録自体は無料でできて、既にお持ちのYahoo!アカウントでもログインできます

PayPayで決済できてTポイントも貯まりますよ

試し読みで最後まで読みたくなったら、実際に買って読んでましょう

⇒ebookjapanで実際に読んでみよう👆

 

© 2020 まんがの杜