けだものたちの時間~狂依存症候群~ 16~17巻~宏和の洗脳が解けず心中しようとする愛理を思いとどまらせ結婚して事件を隠蔽しようとする優人 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『けだものたちの時間~狂依存症候群~』16~17巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では『けだものたちの時間~狂依存症候群~』の簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンク先の試し読みボタンをクリックして試し読みしてみて下さい♪

Yahoo!アカウントでログインすることができて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

⇒ebookjapanで『けだものたちの時間~狂依存症候群~』を無料試し読み

 

下記の書影をクリックして無料試し読み!👇

 

けだものたちの時間~狂依存症候群~ 16~17巻ってこんなお話

包丁を振り回さない優人が好きだという愛理

優人は愛理の地元の友人が部屋を訪れてきたので、優人に睡眠薬を飲ませに行った

そしてエサをもらえるのでニタついている宏和を見た優人は、思わず宏和を初めてみたときのことを思い出した

 

愛理はまた優人と付き合い始めたが、失踪していたときのことは全く話そうとはしなかった

それでも優人はそれを無理に聞きだそうとはせず、何か心に闇を抱えている愛理を自分が支えていこうと思っていた

 

誕生日を迎えた優人を、愛理は食事に連れていってくれて、部屋にいくとフェラしてくれた

優人は自分のイチモツを咥えている愛理に、自分のどこが好きか聞いてみると、愛理は包丁を振り回さないからだと答えた

優人はそれがどんな意味なのか分からなかったが、フェラの後に愛理がスマホの中の何かの番号を見て、何か隠された意味があるのかと思っていた

 

⇒『けだものたちの時間~狂依存症候群~』を無料試し読み

 

宏和と心中しようとする愛理を思いとどまらせるために愛理に結婚を申し込んだ優人

愛理は優人に生理が重いを言って会ってくれなかったので、優人は心配して差し入れを持っていってあげた

すると中から犬が騒ぐような声がしてきて、愛理が虐待している感じだったので、優人はなんとかして部屋に入らないといけないと思った

咄嗟に愛理のスマホの中にあった番号を入れるとドアの鍵が開いたが、その番号は宏和の誕生日だった

 

愛理は優人にダルマにされた宏和を見て、必死に見られないようにしていたが、その様子を見てしまった優人は動揺して部屋を出て公園へと逃げてしまった

少し落ち着きを取り戻した優人は愛理の部屋に戻ると、愛理から宏和に監禁されて、宏和にダルマにされて殺された女の子たち同様にされそうだったので、仕方なく宏和をダルマにして飼っていることを聞いた

 

優人は過剰防衛だとはいえ、愛理は悪くないと思ったが、やはり宏和をダルマにした事実はあるので、モデルの愛理の人生は終わってしまうと考えた

そして愛理はもう終わったと悲観して、宏和と心中しようとし始めたので、優人は心中を思いとどまらせるために、愛理に結婚を申し込んで事件を隠蔽してしまうことにした

 

愛理が地元の友人と話していると、宏和が鳴き始めてしまったので、優人は首を絞めて気絶させた

気づかれたかと心配しつつ部屋に戻ってきた優人は、愛理の友人が気づいていないと知ってホッとし、このまま秘密を抱えながら愛理を支えて幸せに暮らしていこうと思ったのだった

 

⇒『けだものたちの時間~狂依存症候群~』を無料試し読み

 

結婚記念日の旅行に行っても監禁生活を思い出す愛理

結婚して1年が経つので、愛理たちは1泊の旅行に出かけた

愛理は宏和がいるので1泊しかできないと愚痴ると、優人は旅行中は宏和のことは言わないようにしようと言った

それでも愛理は旅館に行って入浴中や食事中も、宏和から監禁されていたときのことを思い出していた

 

愛理は結婚しても、優人とのセックスで最後までイクところまでいけないでいた

今度も優人が愛理を抱きながら愛理を突いている最中でも、宏和の言葉を思い出してしまい、涙が出てしまったので、優人はイクだけが全てじゃないというと最後までしなかった

愛理はそんな優しい優人のためにも好きになろうと決意して、監禁生活のときの宏和との思い出は死ぬまで秘密のままにしておこうと思ったのだった

 

>>>『けだものたちの時間~狂依存症候群~』を無料試し読み

 

続きはコチラ👇

けだものたちの時間~狂依存症候群~ 18~19巻~死んでも困らないハズだという優人に宏和は助けを求めた伯父にレイプされた可哀想な奴だと庇い始める愛理 のネタバレ・感想・無料試し読み!

 

けだものたちの時間~狂依存症候群~ 16~17巻の感想

宏和は精神的に犬になってしまって喋れないので、余計に愛理は宏和と共依存関係だった監禁生活のことが心に残ってしまっているようです

それで優人とまた付き合い始め、結婚しても宏和と暮らしていたときのことを思い出しています

優人はそんな愛理が宏和の洗脳から解けていないと感じて、咄嗟に結婚を申し込んでしましました

それだけ愛理のことが好きなので、警察に通報しなかった訳ですが、やはり今の生活を続けていくのはかなり無理があるでしょう

優人にとっては宏和は邪魔な存在なので、その内宏和を殺してしまおうと考え始めるかもしれません

そうなると愛理はまだ宏和に気持ちが残っているので、さらなる悲劇を産んでしまうかもしれませんね

 

⇒『けだものたちの時間~狂依存症候群~』を無料試し読み👆

 

「けだものたちの時間~狂依存症候群~」を実際に読むには?

この記事を読んで『けだものたちの時間~狂依存症候群~』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「ebookjapan」で実際に読んでみましょう

下記リンク先をクリックすればebookjapanのサイトへと行くことができます

是非一度、ebookjapanのサイトで試し読みしてみてください♪

⇒ebookjapanはコチラ

 

購入して読んでもいいという方は、実際に会員登録してみましょう

会員登録自体は無料でできて、既にお持ちのYahoo!アカウントでもログインできます

PayPayで決済できてTポイントも貯まりますよ

試し読みで最後まで読みたくなったら、実際に買って読んでましょう

⇒ebookjapanで実際に読んでみよう👆

 

© 2021 まんがの杜