けだものたちの時間~狂依存症候群~ 1~12巻(第一部総集編)~父親とのレイプが初体験だと明かした愛理に母親からDVされセックスしていたと話す宏和 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『けだものたちの時間~狂依存症候群~』1~12巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

この作品は電子書籍ストアのeBookJapanでも配信されています

すぐに読んでみたい人は書影をクリック👇

けだものたちの時間~狂依存症候群~ 1~12巻ってこんなお話

コンビニ店員の宏和に拉致監禁レイプされる愛理

愛理はモデルとして活躍していたが、コンビニ店員の宏和に殴られ監禁されてしまった

愛理のことを調べつくしていた宏和は、愛理の下着やごみなどを収集していて、生理周期やオナニー頻度まで調べ尽くしていた

そして宏和は今日が結婚記念日だというと、愛理を押し倒してそのままレイプしてしまった

宏和は愛理からどうして監禁したのかと聞かれると、レジで自分に笑ってくれてからだと答えた

ある日、拘束が緩くなったと思った愛理は、拘束を解いて窓から逃げようとしたが、窓の外にもゴミがぎっしりあって逃げられなかった

すると宏和が現れお仕置きだというと、愛理を殴りながらレイプし始めた

愛理は宏和にレイプされながら、父親にレイプされたときのことを思い出してしまった

愛理は宏和に反抗しないといいながらまたレイプされ始めたが、きっとここから逃げ出してやると思っていた

愛理が宏和に大人しく従っていると、宏和はシャワーを浴びさせてくれて、メイク道具まで用意してくれるようになった

それで愛理はネットショップで服を買いたいと言ってみたが、宏和はネットやテレビはダメだと言った

監禁されてから3ヶ月経つと、愛理は自分の気に入らないものは宏和に返品させたりできるようになっていた

それでも宏和は、愛理の生理の日にセックスすると、愛理が載っていた雑誌を買ってきて、他の子が活躍しているといいながら雑誌を見せつけた

そんなことをする宏和にとうとうキレてしまった愛理は、自分の元の生活を戻せと怒鳴ってしまった

宏和は愛理は誰にも必要とされなくなったというと、愛理には自分しかいないのだと言ったのだった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

宏和に父親にレイプされたのが初体験だと告白する愛理

宏和は母親にDVを受けたときの夢を見ると、愛理の所へやってきて愛理の首を絞めてしまった

翌日、壊した化粧品を買い直してきた宏和に、愛理はいらないから帰して欲しいと懇願したが、当然宏和は帰してくれなかった

それで愛理は宏和のことを知ろうとして歳などを聞いてみたが、宏和は愛理は中古品だったと言ってレイプし始めた

すると宏和は愛理に初体験のことを聞いてきたので、愛理は父親にレイプされたのが初体験だというと、セックスは父親としかしていないと答えた

翌日になって宏和は母親のことを話し出し、今の愛理のように母親に監禁されていたと話すと、自分も母親にレイプされたのが初体験だと告白した

すると宏和は愛理と一緒にお風呂に入ってくれたが、宏和の体には母親から受けたDVの痕がたくさん残っていた

それを見た愛理は宏和を抱きしめてあげて、辛かっただろうと言ってあげた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

愛理に母親にレイプされていたと明かす宏和

ある日、宏和は愛理のところへやってくると、母親は自殺してしまったので殺し損ねたと言って泣き始めた

すると愛理はそんな宏和に、父親が勉強を教えてやると言って自分の部屋にやってくるようになり、レイプされたと言った

それから毎日父親にレイプされていた愛理だったが、友達から自分の人生は自分のものだと言ってもらって、愛理はモデルになった

父親のレイプは続いていたが、専属モデルのオファーが来たので、愛理は東京へ行ったと話した

そして宏和に、昔のことを忘れて好きなものに囲まれていれば、それがDV親への復讐になるのだと教えてあげたが…

それから宏和はなぜか愛理に触れなくなった

愛理は東京に出る前に、母親が父親とセックスしていた愛理が気持ち悪いと言っているのを聞いてしまった

東京に出た愛理は、他のモデルの子から男を紹介してもらったが、父親のDVを思い出してしまいなかなか付き合うことができなかった

やっと出来た恋人ともラブホに行くと母親の声が聞こえてきて、挿れられる前に突き飛ばしてしまった

そんなことを話す愛理を宏和は慰めてくれたので、愛理はどうしてこんな奴にと思いつつ、宏和に抱かれながら眠ったのだった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

宏和と一緒にコンビニに行く愛理

愛理は宏和と話が通じたので、ここから出してくれるように説得してみようと思った

何度もセックスやオナニーをする宏和は、母親からずっとクンニをさせられていて、自分はやっと母親に好きになってもらったのだと思っていた

しかし学校で、母親がやっていることは全部ダメなことだと知った宏和は、次第に母親とのセックスが苦痛になってしまった

それで宏和は近親相姦はおかしいというと、母親は宏和を監禁するとDVをしながらセックスさせられていたが、ある日母親は自殺してしまった

そんな宏和に愛理は環境を変えればいいというと、宏和は母親が溜め込んでいたゴミを片付け始めた

宏和は愛理とお風呂に一緒に入っていると、普通に自分たちが知り合っていたら絶対愛理は自分を好きにならないハズだと言った

そんな言葉を聞いた愛理は、モデルに戻るためにダイエットやメイクをするようになった

すると宏和は愛理に人間をやめるようにいうと、首輪をつけようとしたので愛理は自分を支配できなくなるからなのかと言った

そんなことを言われた宏和は、悲しそうな顔をしたので愛理は宏和にキスをして励ましてあげた

愛理はコンビニに行きたいと言ってみると、宏和は手錠をして一緒に行くことを条件にOKしてくれた

コンビニに行った愛理は、助けを求めれば警察に通報してもらって助かると思ったが、宏和に抱きしめてもらったときのことを思い出し、もう少しだけ宏和と一緒にいてあげようと思ってしまった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

宏和の殺した女の子の体の入った瓶を見つける愛理

宏和は今月が誕生日だというので、愛理は手料理を作ってあげると言ってあげた

しかし宏和は愛理は自分を好きになるはずがないと言いだしたが、心の中では愛理はこれまでの女たちとは違うと思っていた

愛理は宏和の誕生日のために手料理を作ってあげたが、宏和はなぜかそれを食べずに台所へ行って包丁を手にすると、愛理を蹴倒しお前は簡単に股を開く汚い女だと罵った

すると愛理は宏和を臆病者だと罵り、自分は母親の代わりじゃないと叫んだ

そして自分と向き合う覚悟を決めろというと、自首するように宏和に勧めた

しかし宏和はやり直せるハズだと愛理に言われると、頭を抱えてへたり込んでしまった

宏和は突然、愛理に覚悟を決めたと言って抱きしめたので、愛理はやっと自首する気になったのだと思っていた

そして宏和がバイトの時間に監禁部屋の鍵が開いていることに気づいた愛理は、宏和の部屋に入ってみた

宏和の部屋の押し入れには母親の遺骨とともに、何かが入った瓶がたくさん並んでいた

愛理は灯りつけてその瓶を照らしてみると、中にはなんとバラバラにされた人の体が詰められていた!!

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

愛理をダルマにすると言って爪を剥がす宏和

愛理は宏和の書いたノートを見て、宏和が殺ったのだと気づくと、そこに宏和が帰ってきた

宏和はこれまで女子高生やOLなどを拉致って監禁して、母親にやられたDVをその女の子たちにしていた

そして女の子たちの手足を切ってダルマにして潰したと話す宏和は、愛理の手足も切ってあげると言いだした

愛理は目の前にゴキブリが現れたので大声をあげてしまい、慌てて2階に駆け上がり部屋の中に逃げ込んだが、宏和は絶対に愛理は自分を選ばないと言って部屋のドアを壊し始めた

宏和がドアを壊して入ってきたので、愛理は宏和をケダモノと罵っていると窓から落ちてしまった

ゴミの山がクッションになって助かった愛理だったが、後を追って飛び下りてきた宏和に首を絞められ始めた

気絶してしまった愛理が目を覚ますと、椅子に拘束されていた

宏和は自分のノートを見せながら愛理をダルマにするというと、愛理は思わずおしっこを漏らしてしまった

そして宏和は手始めに愛理の爪を剥がしてしまったので、愛理は宏和は弱くて優しい子のハズだと言ったが、宏和はまた爪を一枚剥がしてしまった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

宏和をダルマにしてしまう愛理

宏和はコーヒーを淹れに行ったので、愛理はこのままだと殺されると思い、なんとか拘束を解いて逃げ出した

宏和はノコギリを持って追いかけてきたので、逃げられないと思った愛理は自分の力で人生を取り戻してやると決意した

愛理は宏和に捕まると、レイプシテ欲しいと懇願した

それで興奮した宏和は、自分のモノを触らせようとしたので、愛理は宏和の股間を蹴り上げ殴り倒して拘束してしまった

宏和は愛理に殴り殺されたいと言いだし、愛理も自分と同じように人殺しになるように言った

愛理はここで宏和を殺さないと自分の人生を取り戻せないと思い、宏和の首を絞め始めたが、やはりできなかった

愛理は宏和は自分で幸せになることを捨ててしまったのだと言って泣き始め、自分と一緒にこの家を出ようと言った

すると宏和は自分を殺すか人間をやめるかのどちらかだというと、拘束を解いていた手で愛理の首を絞め始めた

ヤバいと思った愛理は、近くにあったノコギリで宏和を殴り気絶させると、宏和をお風呂場へ引きずっていって…

それから3年後、愛理はモデルとして復帰していた

帰宅した愛理は隠し扉になっていた本棚を開けると、そこにはダルマにされて犬となっていた宏和がいた!!

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

けだものたちの時間~狂依存症候群~ 1~12巻の感想

宏和に拉致監禁されてレイプされていた愛理は、自分も父親からレイプされていた過去があったので、母親からDVされレイプされていた宏和に親近感を持ってしまいました

コンビニに一緒に行っても逃げなかった愛理でしたが、宏和は殺人はやっていないと思っていましたが宏和は何人もの女の子を拉致監禁して、ダルマにして殺していました

いくら母親にDVやレイプされていたとは言え、愛理のように活躍している子もいるので、やはり宏和はクソ野郎だと言えるでしょうね

愛理も父親から受けたレイプが心の傷となっていて、やはり忘れられないようです

それだけ子供の頃に受けた心の傷はずっと残って、子供の人生に悪影響を与えてしまうので、家庭環境というのは子供の成長にとってはとても大事なのだと感じました

愛理はなんとか宏和の監禁状態からは逃げ出せましたが、まだ宏和を犬として飼っているので、宏和の呪縛からは逃れられていないようです

このまま宏和を犬として飼っていくのは大変なことなので、いつか見つけられて愛理は逮捕されてしまう可能性が高いでしょうね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

「けだものたちの時間~狂依存症候群~」を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

© 2021 まんがの杜