ハジメテノサツジン 6~10巻~練習試合で活躍する陸を見てどうしてあんなことをしたのかと後悔して泣いてしまう繭 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『ハジメテノサツジン』6~10巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

🔻絵付きですぐに読みたい人は、書影を今すぐクリックしよう!🔻

ハジメテノサツジン 6~10巻ってこんなお話

堤と話して繭はやられてしまうと感じてしまう音羽

繭は悠に中学時代に何部だったのか訊ねたりしながら、陸のいる公立高校へと向かった

サッカー部の練習を見始めた繭だったが、陸の近くにはマネージャーの森下もいた

音羽は歯磨きをして家の外に出ると、父親が警察のセレモニーに行くために車で待っていた

音羽は警察に興味があるというと、誰か刑事を紹介して欲しいと言ったが、父親は冷たい感じで笑顔でいるようにいうだけだった

堤はセレモニー会場に来て他の刑事と話していると、そこに音羽と父親がやってきた

智のおばさんは、愛犬のペルを連れて公園の山へ散歩に出かけようとしていたので、美奈はおばさんにペルはあちこち掘ってしまうと注意した

そして散歩に出かけたおばさんだったが、ペルは繭たちが吉川を埋めた場所へとおばさんを引っ張るように向かい始めた

音羽たちに警察署長の伊坂が声をかけてきたが、音羽はコイツはたいしたことはないとホッとしていた

すると伊坂は堤に、音羽たちを席まで案内するように言ったので、音羽は澤木が堤の名前を言っていたことを思い出した

そこで音羽は堤にどんな捜査を担当しているのかと聞くと、堤は殺人とかなんでもやっていると答えた

堤は自分の嫌いなタイプだと思った音羽は、コイツの尋問にかかったら繭なんてイチコロだと思ったので、なんとか繭が尋問されないようにしないといけないと思った

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

堤に試される音羽

セレモニーが始まっても、堤はずっと音羽をじっと見ていたので、音羽は気持ち悪い奴だと思っていた

音羽はセレモニーで作文の表彰を受けていたが、堤は音羽が吉川と同じクラスなので何か知っているかもしれないと言っていた

セレモニーが終わると音羽は繭たちのいる公立高校へ向かおうとしていると、そこに堤が声をかけてきた

堤は吉川のことを聞いてきたので、音羽は何か事件なのかと聞き返すと、堤は事件と思うかと訊ねてきたので、音羽は噂はあるけど体調不良だろうと言って去っていったが、堤は自分を試していたと思っていた

陸に繭には近づかないようにいう音羽

サッカーの練習試合の前に、陸が繭たちに声をかけてきた

するとそこに森下が陸にドリンク運びを手伝って欲しいと頼んできたので、二人の様子を見ていた繭は、二人の仲はいいのだと思った

練習試合が始まると、陸はゴールを決めたりして活躍したので、それを見ていた繭はどうして自分はあんなことをしたのかと泣き出してしまった

そんな繭に悠は何かを言おうとしていたが、そこに音羽がやってきたので、繭は砂が目に入って涙が出ていたと嘘をついた

音羽は学校に刑事がきていたと繭と悠に教えた、繭は堤の尋問には耐えられないだろうと言った

音羽は繭たちに秘密は守っていこうと言っていると、そこに試合を終えた陸がタオルを返しにやってきた

陸は繭が元気がなかったと言っていると、音羽は陸とラインを交換しようと言ったが、陸は繭から聞くのでいいと断った

それでライングループを作ろうということになったが、森下も入れて欲しいと言ってきた

音羽は陸と森下はお似合いだというと、森下は繭も陸と仲がいいと言ったが、繭が付き合ってはいないと言って自分はダメなのだと思っていると、音羽は繭は今は訳ありだと意味深な感じで言った

そして音羽は陸に繭は男のことで情緒不安定なのだというと、近づかないで欲しいと頼んだ

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

陸に会わないと音羽に言ってしまう繭

音羽は繭に陸に何か誘われても断るようにいうと、勝手に会ったりしていたら陸も殺さないといけなくなると言った

そこに悠が割って入ってきて、繭が誰かと会うのは自由なハズだというと、音羽が陸に何かを言ったことをちゃんと話すように求めた

二人はケンカになりそうな雰囲気になってしまったので、繭は慌てて陸には会わないと言ったので、その場はなんとか収めることができた

繭は家に帰ってくると、あと1週間で子供が生まれる予定の姉が家にきていた

繭は赤ちゃんのためになんでもやってやろうと思っていると、そこに陸が電話してきてまたご飯に誘いたいと言った

しかし繭は音羽に言われたことを思い出し、赤ちゃんの世話があると言って断り電話を切ったが、陸が自分たちがやったことを知ってしまうことを恐れていた

見されてしまった吉川の死体

その頃、おばさんはペルを見失い公園の山の中を探していた

やっとペルを見つけたおばさんだったが、草に足を引っかけてしまいコケてしまった

そこにおばさんを心配した智と美奈がやってきたが、ペルは地面を掘り始めた

智はそれを止めようとすると、地面に手を突っ込んでしまい、何かを触ってしまった

そして上にかぶせられた土などをのかしてみると、吉川の死体を発見してしまった!!

すぐに智は警察に電話するというと、スマホのGPSの位置はすぐに刑事たちに伝えられ、堤はすぐに現場へと急行した

現場にやってきた堤が吉川の死体に手を合わせると、部下の野崎はこんなことをする奴は許せないと憤った

鑑識の人は堤に頭には打撲痕があるというと、堤は野崎に恐らく死体は吉川で状況からして事件だと言った

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

吉川の死を知って動揺する澤木

繭は学校へと登校してくると、音羽の機嫌は直っていた

音羽は繭にまだライングループを作っていないのかと言ってきたので、繭は姉が来ていて赤ちゃんが生まれるからだと答えた

すると音羽は赤ちゃんの幸せは繭にかかっていると脅していると、そこに教師の石井がやってきて吉川はまだしばらく休むだろうと生徒たちに伝えた

繭たちは情報処理に授業を受けるためにパソコン室へと向かったが、そこは吉川の死んだ場所だったので、繭はついそのときのことを思い出してしまった

すると生徒たちは公園の山に警察が来ていたと噂していたが、その頃警察署では死体が吉川だと判明していた

繭はお昼休みにライングループを作ったが、悠は入らないと断った

音羽は陸には絶対ライングループだけで連絡を取るように繭にいうと、悠はパトカーのサイレンの音が聞こえていたことを話すと、音羽は笑顔で吉川の死体が見つかったのかもしれないと言った

とうとう警察から吉川の死体が見つかったことが校長に連絡が入ると、校長はすぐに緊急職員会議を開いた

警察署では吉川の事件の捜査本部が設置され、堤はそこで事件の概要を他の刑事たちに説明していたが、堤は吉川の死因は頭を打ったことではなく、首を閉められたことが原因だと言った

職員室では教師たちに吉川の死が伝えられ、吉川と不倫していた澤木は動揺して物を落としてしまった

そんな澤木を見ていた石井は、何かを思いながら紙をグシャグシャにしていた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

テレビ取材でも平気で嘘をつく音羽

捜査本部では不倫していた澤木が犯人の可能性が高いと判断され、澤木を中心に人間関係を調べることに決まった

石井は繭たちのいる教室へとやってくると、いきなり吉川の死を伝えてしまったので生徒たちは動揺したが、繭が一番ショックを受けていた

音羽は見つかるのは想定内だと言っていると、石井は犯人を知っていると言ったが、音羽はそんなことはないと否定した

堤は学校へとやってくると、校長にお悔やみの言葉を言って、澤木と話をさせて欲しいと言った

校長は澤木は優しい性格だと言っていると、堤は生徒からも話が聞きたいと言った

校長は生徒を疑っているのかと聞くと、堤は校長の動揺を抑えるかのように、単に形式的に聞くだけだと答えた

音羽は学校に刑事が来ていると聞いて、繭と悠に翌日にシミュレーションをしようと言った

繭はやはり隠し通せないかもしれないと動揺しながら校舎を出ると、マスコミが生徒たちに取材をしていた

音羽はインタビューを受けると、吉川が死んでみんなショックを受けていると答えると、ウソ涙を流しながら吉川はいい先生だったと答えた

そんな音羽を見ていた繭は、どうして音羽はこんなに平気にウソをつけるのかと思ってしまった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

音羽が吉川の首を絞めたと疑う繭たち

音羽の家にやってくると、音羽はこのままだと繭は堤にヤラレてしまうので、ちゃんと練習しようと言った

事件当時はおしゃべりをしていたと口裏合わせをした音羽は、吉川殺しを澤木になすりつけてしまおうと言った

しかし悠はそれに反対すると、もう自分たちがやったことを全部話してしまおうと言い出した

すると音羽は自分の家の力で自分だけは助かるだろうと言って、貧乏人の家庭に生まれた悠には分からないだろうとバカにした

そこに吉川の事件のニュースを見た繭の母親が電話をかけてきて、事件のニュースが流れているので大丈夫なのかと言った

澤木は堤から事情を聞かれていたが、澤木には生徒の面談をしていたアリバイがあった

そこで堤は澤木に、吉川は生徒とトラブっていなかったかと訊ねたので、澤木は厳しい生徒指導をしていた吉川は、生徒たちにあまり好かれていなかったと答えた

繭たちは吉川の事件のニュースを見ていると、吉川の死因が頭を打ったことではなく、首を絞められたことが原因だと知った

すると音羽は繭にいつ吉川の首を絞めたのかと責めだしたので、繭は必死に音羽とずっといたハズだと答えた

音羽はハサミを繭に向けて犯人扱いをやめなかったので、悠は音羽が犯人じゃないのかと言った

音羽は突然、悠に金のために自分に近づいたんじゃないかと言ったので、悠はハサミの刃を音羽に向けて繭に何かしたら許さないと凄んだ

繭が他に誰かが関わっているかもしれないと言ってその場を収めていると、そこに繭の母親から迎えに来ると電話がかかってきた

翌日、尋問の練習をする約束をして音羽の家を出た繭たちだったが、やはり音羽がやったのかもしれないので、音羽が暴走したら止めようといっていた

繭の母親の運転する車に乗ると、繭の母親は涙を流して吉川にも楽しい未来があったハズだと言ったので、繭はそんな母親の言葉を聞きたくなかった

涙を浮かべていた繭の手を悠は握ってくれたが、悠は音羽には何もかも秘密にして、自分たちだけで身を守っていこうというと家に帰っていった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

堤の事情聴取を受けることになった繭

繭は音羽に自分はハメられたのかもしれないと思うと寝付けず、頭が重いまま翌日登校した

石井を見つけた繭は何か知っているのかと聞くと、石井は繭に何か知っているのかと聞き返した

知らないと答えると石井も自分も知らないと答えたが、そこに登校していた音羽が何を話していたのかと聞いてきた

悠と秘密にすることにしていたので、繭は親のことを相談していたとウソをついた

繭たちは他の生徒と吉川の葬具のことを話しながら廊下を歩いていると、堤が校長と話していた

音羽は堤に声をかけると、堤は捜査は順調だと言いながら、動揺している繭を見つめた

その堤の視線に気づいた繭は、さらに動揺してしまった

音羽は堤を想定して尋問の練習をしようと言っていると、そこに警察の事情聴取があると言って石井が教室へとやってきた

まずは悠など5人の生徒が呼ばれたので、音羽は繭をトイレに連れていった

動揺して全部話そうと言い出した繭を、音羽は引っ叩くと家族を犠牲にして助かるつもりかと黙らせ、自分のようにやればいいのだと繭に言い聞かせた

教室へと戻ってくると、悠が戻ってきていて単なる雑談だったと言った

繭の目が赤くなっていて頬も少し腫れていたので、悠は音羽が何かやったのだと気づいて音羽にキレ始めた

しかしそこに繭が事情聴取に呼ばれてしまったので、音羽は繭を連れて事情聴取が行われている教室へと向かった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

ハジメテノサツジン 6~10巻の感想

吉川の殺人事件に巻き込まれてしまった繭ですが、吉川の死は頭を打ったことではなく首を絞められていたからでした

すると繭たちが吉川をロッカーに隠した後に、誰かが殺してしまったことになります

やはり怪しいのは音羽ですが、石井も何か知っている感じでもあるので、他の誰かの可能性も捨てきれません

悠もなぜか音羽から繭を必死に切り離そうとしているので、何かまだ判明していないことを知っているのかもしれませんね

音羽は陸と繭を引き離そうとしていますが、やはり陸は繭と会いたがっています

繭の好きな食べ物もよく知っていたので、ずっと前から繭のことが好きだったのでしょうね

でも音羽はやはり陸を繭に近づけさせたくないので、その内陸の命を狙ってしまうかもしれないので心配です

サッカー部のマネージャーの森下は陸のことが好きな感じなので、恐らく繭を敵視しているはずです

今のところはまだ何も起きてはいませんが、その内森下は繭を攻撃し始めそうな気がします

堤は学校で事情聴取をし始めましたが、恐らく繭の様子を見て何か知っていると感じているようです

他の生徒には雑談だけしたようですが、繭には事件の核心的なことを聞いてくる可能性が高いでしょう

それを繭が上手くかわせればいいですが、恐らくつい事件に関わることを話してしまいそうですね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

「ハジメテノサツジン」を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

© 2021 まんがの杜