けだものたちの時間~狂依存症候群~ 18~19巻~死んでも困らないハズだという優人に宏和は助けを求めた伯父にレイプされた可哀想な奴だと庇い始める愛理 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『けだものたちの時間~狂依存症候群~』18~19巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では『けだものたちの時間~狂依存症候群~』の簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンク先の試し読みボタンをクリックして試し読みしてみて下さい♪

Yahoo!アカウントでログインすることができて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

⇒ebookjapanで『けだものたちの時間~狂依存症候群~』を無料試し読み

 

下記の書影をクリックして無料試し読み!👇

 

けだものたちの時間~狂依存症候群~ 18~19巻ってこんなお話

献身的に宏和の世話をする愛理

宏和が撮った女の子たちの虐殺動画を途中までしか見れなかった優人は、悪夢を見るようになってしまった

 

優人は愛理が宏和のことを打ち明けた後に、宏和を今のままにしておきたいと言ったので、まだ洗脳されたままなのだと愛理に言っていた

それで愛理は優人は殴らないから好きだと言って甘えてきて、いつも夜鳴きをする宏和のことは好きじゃないと言っていた

 

しかし愛理は翌朝も早く起きて宏和にエサをあげ体調のチェックをして出かけると、仕事で疲れて帰ってきても宏和をお風呂に入れてあげていた

優人が帰ってくると愛理は宏和の髪を乾かしてあげていたので、優人は自然乾燥でいいはずだと思っていると、愛理は介護の本も読んでいることに気がついた

愛理は他に頼めないから仕方なくやっているだけだと言ったが、優人はそれが愛理の本心じゃないように感じて次は自分か代わりにお風呂に入れると言った

それで優人は愛理に代わって宏和をお風呂に入れてやると、宏和はあからさまに嫌そうな態度をとると、かっこつけと呟いたが優人はそれをハッキリとは聞き取れなかった

 

愛理はそれから毎日優人にセックスを求めてきたので、さすがに優人は疲れ果ててしまった

しかし愛理はいつものように重たい生理が来ても、口ですると言いだしたので優人は休むように言った

愛理は必死に謝りだしたので、優人は義務と思っていないか訊ねると、ここは宏和のいたゴミ屋敷じゃないと言って抱きしめてあげると、自分は絶対に愛理にDVはしないと言ってあげた

その後、愛理はようやく落ち着いて寝てくれたが、寝言で宏和の名前を呟いた

 

⇒『けだものたちの時間~狂依存症候群~』を無料試し読み

 

愛理を洗脳する宏和に愛理とのキスを見せつける優人

また愛理と優人はセックスをしていたが、また宏和が夜鳴きを始め暴れ始めた

それに気づいた愛理は、優人は跳ね飛ばして宏和の所へ駆けつけると、自分が守ってあげると宏和を抱きしめてあげていた

そこに優人もやってきたが、優人を見つけた宏和は不気味な笑みを浮かべたので、優人はまだ愛理は洗脳されたままなのだと気づいた

 

愛理は優人が来ていることに気がつくと必死に優人に謝りだしたので、そんな愛理に優人は近づきいきなりキスをして宏和に見せつけた

愛理は自分のモノだと思いながら優人は宏和を見たが、宏和はまた不気味な笑みを浮かべたので絶対に洗脳を解いてやると優人は思ったのだった

 

⇒『けだものたちの時間~狂依存症候群~』を無料試し読み

 

宏和は伯父さんにレイプされたと庇う愛理

仕事を終えた愛理が帰宅すると、優人はお土産を送ってきてくれた愛理の親と電話をしていた

優人は母親の電話に出るか愛理に訊ねたが、愛理はそれに出ようとせず、優人は愛理の父親と釣りの話でもりあがったと話したが、愛理は疲れたと言ってお風呂に入ってしまった

愛理は父親にレイプされたことを思い出しながらお風呂からあがってくると、優人は女性が輪姦されたニュースを見ていたが、優人はこんな奴らが一番嫌いだと言った

 

愛理は休日に宏和が熱を出したので、予定していた女子会もキャンセルして宏和を看病していた

そんな愛理に優人は死んで困るのかと言ったので、愛理は宏和は母親にレイプされた可哀想な奴なのだと庇い始めた

優人は誰かに助けを求めたらよかったハズだと言ったので、愛理は宏和は一度伯父さんに助けを求めたが、伯父さんにレイプされてしまったと話した

 

⇒『けだものたちの時間~狂依存症候群~』を無料試し読み

 

親のせいにしすぎだと愛理を責めてしまう優人

それでも優人は宏和は殺人鬼な上に、愛理に女の子たちを殺していたことを嘘をついて隠していて、単に同情を引こうとしてそんなことを話したのではないかと言った

すると愛理は宏和が児相の人にも助けを求めれなかったと話したと言ったので、優人はそんなのは本人の責任にすぎないと言った

その上に優人は愛理は親のせいにしすぎで、親から育ててもらった恩もあるはずだと言ったので、愛理はやっぱり自分たちが歪んでいたのだと思った

 

それで愛理は殴られた時だけが痛いわけじゃないというと、優人はそんなの気持ち悪いだけだと言ったので、愛理は一瞬愕然としたがとりあえず優人の言葉に合わせた

その後、優人は言い過ぎたと言って寝室に行ってしまうと、一人で宏和を監視するために残っていた愛理は、また落ち込んでしまったのだった

 

>>>『けだものたちの時間~狂依存症候群~』を無料試し読み

 

最初から読み直すならコチラ👇

けだものたちの時間~狂依存症候群~ 1~5巻~帰宅途中で宏和に拉致監禁レイプされてしまった愛理のネタバレ・感想・無料試し読み!

 

けだものたちの時間~狂依存症候群~ 18~19巻の感想

なんだか愛理の気持ちは、優人から離れつつあるようです

愛理は殺せないので仕方なく宏和の世話をしていると言っていますが、どう見てもやはり宏和のことが気になって仕方がないようです

優人は愛理が寝言で宏和の名前を呟いているのを聞いているので、まだ愛理が宏和を想う気持ちが残っていることに気づいています

なんとかして宏和の洗脳を解こうと優人は思っていますが、優人が宏和を責める言葉を聞いた愛理は、それが自分に向けて言っているように感じているようです

宏和はずっと犬になりきったように振る舞っていますが、あからさまに優人には嫌そうな態度を見せている上に、かっこつけと呟いていました

愛理は宏和が完全に壊れて頭がおかしくなっていると思っていますが、どうやら宏和は犬の演技をしているだけのようです

そこまでして愛理を洗脳しようとしている宏和は、とんでもない狂人だと思います

愛理は優人が気持ち悪いと言った言葉にかなり落ち込んでいる様子ですが、この後どんな行動を取ってしまうのかとても気になってしまいますね

 

⇒『けだものたちの時間~狂依存症候群~』を無料試し読み👆

 

「けだものたちの時間~狂依存症候群~」を実際に読むには?

この記事を読んで『けだものたちの時間~狂依存症候群~』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「ebookjapan」で実際に読んでみましょう

下記リンク先をクリックすればebookjapanのサイトへと行くことができます

是非一度、ebookjapanのサイトで試し読みしてみてください♪

⇒ebookjapanはコチラ

 

購入して読んでもいいという方は、実際に会員登録してみましょう

会員登録自体は無料でできて、既にお持ちのYahoo!アカウントでもログインできます

PayPayで決済できてTポイントも貯まりますよ

試し読みで最後まで読みたくなったら、実際に買って読んでましょう

⇒ebookjapanで実際に読んでみよう👆

 

© 2021 まんがの杜